Top > Search of Japanese Patents > FAULT CURRENT LIMITER AND POWER SYSTEM USING IT

FAULT CURRENT LIMITER AND POWER SYSTEM USING IT

Patent code P09A014421
File No. 815
Posted date May 8, 2009
Application number P2005-108877
Publication number P2006-295994A
Patent number P4328860
Date of filing Apr 5, 2005
Date of publication of application Oct 26, 2006
Date of registration Jun 26, 2009
Inventor
  • (In Japanese)白井 康之
  • (In Japanese)仁田 旦三
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title FAULT CURRENT LIMITER AND POWER SYSTEM USING IT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fault current limiter which is excellent in current limiting and resetting properties and is small in overvoltage and where energy treatment becomes possible at fault and favorable stability can be obtained.
SOLUTION: The current limiter (10) is equipped with a conductive limiter (11) utilizing the impedance change by the phase transition of superconductive material and a series circuit comprising a nonlinear resistor element (13), which has such a property that it shows relatively high resistance when the voltage under specified voltage is applied to it and the resistance value drops suddenly when it gets over the above specified voltage, and a resistor (R), and the inductive current limiter (11) and the series circuit are connected in parallel.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年のわが国における電力の自由化に伴い、電力系統は複雑化してきており、事故規模の増大や、遮断器への負担が増加してきている。このため、系統信頼性向上のために、限流器の研究が様々な方面で行われている。



限流器とは、短絡故障等の事故発生時に事故電流(故障電流)を素早く抑制することができる装置である。電力配電線に雷などにより短絡事故が発生した場合、通常時の10倍以上の過電流が流れる。このような場合に、限流器は、事故電流を素早く抑制することで、他の健全な配電線系での電圧低下や、事故点での大電流による被害や、その波及事故の発生を防止する。



限流器として、超電導材料の超電導/常電導相転移を利用した超電導限流器が開発されている(例えば、特許文献1~5参照)。超電導限流器は、故障電流の検出機構を必要とせず、限流動作が速く、かつ、常時の損失が小さいという特徴を持つ。



超電導限流器には、大きく分けてインダクタンスで限流する誘導型と、レジスタンスで限流する抵抗型がある。誘導型のものは、限流および復帰特性は良好であるというメリットを有するが、動作時の過電圧が大きく、処理エネルギが小さいというデメリットを有する。一方、抵抗型のものでは、発熱による事故時の消費エネルギが大きく、この消費エネルギが系統安定度に寄与するというメリットを有するが、復帰特性が悪い、発熱による破損が生じるというデメリットを有する。



【特許文献1】
特開2004-304879号公報
【特許文献2】
特開2002-281661号公報
【特許文献3】
特開2001-333529号公報
【特許文献4】
特開平11-113167号公報
【特許文献5】
特開平11-111542号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、電力系統において短絡等の故障が発生した場合に故障電流を迅速に抑制する限流器であって特に超電導限流器を備えた限流器、及びそれを用いた電力システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
超電導材料の相転移によるインピーダンス変化を利用した誘導型の限流器と、
所定電圧以下の電圧が印加されたときは比較的高抵抗を示し、前記所定電圧を超えると急激に抵抗値が低下する特性を持つ非線形抵抗素子と、抵抗との直列回路とを備え、
前記誘導型の限流器と前記直列回路とが並列接続されてなる
ことを特徴とする故障電流限流器。

【請求項2】
 
前記誘導型の限流器は超電導コイルを備えることを特徴とする請求項1記載の故障電流限流器。

【請求項3】
 
前記非線形抵抗素子は酸化亜鉛材料で形成されることを特徴とする請求項1記載の故障電流限流器。

【請求項4】
 
交流電源と、該交流電源に接続された請求項1ないし3のいずれか1つに記載の故障電流限流器とを備えたことを特徴とする電力システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005108877thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close