Top > Search of Japanese Patents > SURFACE-MODIFIED MICROFIBRILLATED CELLULOSE AND COMPOSITE RESIN INCLUDING THE SAME

SURFACE-MODIFIED MICROFIBRILLATED CELLULOSE AND COMPOSITE RESIN INCLUDING THE SAME

Patent code P09A014488
File No. 1681
Posted date May 8, 2009
Application number P2008-082027
Publication number P2008-266630A
Patent number P5322470
Date of filing Mar 26, 2008
Date of publication of application Nov 6, 2008
Date of registration Jul 26, 2013
Priority data
  • P2007-078924 (Mar 26, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)矢野 浩之
  • (In Japanese)伊福 伸介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title SURFACE-MODIFIED MICROFIBRILLATED CELLULOSE AND COMPOSITE RESIN INCLUDING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for increasing the mechanical strength of the fiber-compounded resin.
SOLUTION: This invention relate to a microfibrillated cellulose that contributes to the increase of the mechanical strength of the resin, when it is blended with the resin and a composite resin containing the same. More particularly, the microfibrillated cellulose is modified on the surface with a silane coupling agent. Further, the resin of the invention is a resin including the surface modified microfibrillated cellulose. Moreover, the method for this invention relates to a method for producing the surface-modified microfibrillated cellulose.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ミクロフィブリル化セルロースはパルプなどの植物繊維を解繊して得られる、伸びきり鎖結晶からなるナノファイバーである。また、バクテリア(主として酢酸菌)由来のミクロフィブリル化セルロースも知られており、これを利用した食品としてナタデココがよく知られている。ミクロフィブリル化セルロースは軽くて強い特性を有することが知られており、これを樹脂に配合することによって、配合された樹脂の重量の増加を抑えつつ樹脂の強度等の物性を向上させることが試みられている(例えば、特許文献1参照)。この特許文献では、ミクロフィブリル化セルロースと樹脂成分を溶融混練することにより成形体を製造している。
【特許文献1】
特開2005-42283号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、樹脂に配合された際に、樹脂の機械的強度増強に寄与するミクロフィブリル化セルロース及びこれを含有してなる複合化樹脂に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シランカップリング剤で表面処理してなるミクロフィブリル化セルロースからなる樹脂の機械的強度増強材であって、
0.1~20質量%の濃度のシランカップリング剤含有液にミクロフィブリル化セルロースを浸漬する方法によって、ミクロフィブリル化セルロースの表面がシランカップリング剤で固定化された樹脂の機械的強度増強材

【請求項2】
 
シランカップリング剤がアミノ基を有するものである請求項1に記載の樹脂の機械的強度増強材

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の樹脂の機械的強度増強材を含有する複合化樹脂。

【請求項4】
 
請求項1又は2に記載の樹脂の機械的強度増強材と樹脂を複合化することによって得られる複合化樹脂。

【請求項5】
 
ランカップリング剤のみで表面が処理されたミクロフィブリル化セルロースからなる樹脂の機械的強度増強材の製造方法であって、
シランカップリング剤含有液にミクロフィブリル化セルロースを浸漬し、又はシランカップリング剤含有液をミクロフィブリル化セルロースに塗布することを特徴とする製造方法

【請求項6】
 
シランカップリング剤がアミノ基を有するものである請求項5に記載の製造方法。

【請求項7】
 
請求項5又は6に記載の製造方法によって得られる樹脂の機械的強度増強材と樹脂を複合化することを特徴とする複合化樹脂の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close