Top > Search of Japanese Patents > POSITIONING DEVICE AND POSITIONING METHOD

POSITIONING DEVICE AND POSITIONING METHOD commons meetings

Patent code P09P006964
File No. ShIP-6040N-OO02
Posted date Jun 12, 2009
Application number P2006-274378
Publication number P2008-095707A
Patent number P5162750
Date of filing Oct 5, 2006
Date of publication of application Apr 24, 2008
Date of registration Dec 28, 2012
Inventor
  • (In Japanese)大岩 孝彰
Applicant
  • Shizuoka University
Title POSITIONING DEVICE AND POSITIONING METHOD commons meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a positioning device and a positioning method, capable of improving positioning accuracy of a guided body relative to a guide body.
SOLUTION: The positioning device 10 comprises a linear guide 14 supported through a rolling element so that a guide block 28 is movable in a predetermined track to a guide rail 26; a servo mechanism 18 assigning a moving force to the guide block 28; an excitation device 22 for adding ultrasonic vibration to the guide rail 26 and the guide block 28; and a control device 24 controlling the excitation device 22 and the servo mechanism 18. The control device 24 operates the excitation device 22, before positioning of the guide block 28 to the guide rail 26 is completed, to add ultrasonic vibration to the guide rail 26 and the guide block 28, and stops the addition of ultrasonic vibration to the guide rail 26 and the guide block 28 just before completion of the positioning of the guide block 28 to the guide rail 26.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


転動体を介してガイドレールに支持されたガイドブロックを有する直動案内において、ガイドレール及びガイドブロックに超音波振動を付加することで摩擦抵抗を低減する技術が知られている(例えば、特許文献1、非特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開2005-256954号公報
【非特許文献1】
大岩、「超音波振動によるリニアボールガイドの摩擦力制御に関する研究」、2006年度精密工学会春季大会学術講演界講演論文集」、平成18年3月

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、被案内体を案内体に対する所定位置に位置決めするための位置決め装置、及び位置決め方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被案内体が案内体に対し所定軌道を運動可能となるように、前記被案内体が潤滑膜及び転動体を介して前記案内体に支持されて構成された案内機構と、
前記被案内体に前記案内体に対する所定の位置へ移動させるための移動力を付与する駆動機構と、
前記案内体及び被案内体の少なくとも一方に高周波振動を付加するための高周波振動付加装置と、
前記駆動機構による前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決めが完了する前に、前記高周波振動付加装置を作動させ又は前記高周波振動付加装置が発生する高周波振動の強度が強くなるように該高周波振動付加装置を制御し、かつ、前記駆動機構による前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決め駆動の開始後であって前記転動体が転がり状態から非転がり状態に移行したと判断した場合に、前記高周波振動付加装置の作動を停止させ又は前記高周波振動付加装置が発生する高周波振動の強度が弱くなるように該高周波振動付加装置を制御する制御手段と、
を備えた位置決め装置。

【請求項2】
 
前記制御手段は、前記駆動機構による前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決めが完了する前に、前記高周波振動付加装置を作動させ、かつ、前記被案内体の前記案内体に対する移動速度が所定速度以下になった場合に、前記高周波振動付加装置の作動を停止させるようになっている請求項1記載の位置決め装置。

【請求項3】
 
前記制御手段は、前記被案内体を前記案内体に対する所定の位置に移動させる際には、前記駆動機構が作動する前又は作動するのと同時に、前記高周波振動付加装置を作動させるようになっている請求項2記載の位置決め装置。

【請求項4】
 
前記制御手段は、前記被案内体の前記案内体に対する移動速度が所定速度以下になるまで、前記高周波振動付加装置の作動状態を維持する請求項3記載の位置決め装置。

【請求項5】
 
被案内体が案内体に対し所定軌道を運動可能となるように、前記被案内体が潤滑膜及び転動体を介して前記案内体に支持されて構成された案内機構と、
前記被案内体に前記案内体に対し運動するための駆動力を付与する駆動機構と、
前記案内体及び被案内体の少なくとも一方に高周波振動を付加するための高周波振動付加装置と、
前記被案内体が前記案内体に対し停止している状態で、作動している前記高周波振動付加装置を停止し、又は該高周波振動付加装置が発生する高周波振動の強度が弱くなるように該高周波振動付加装置を制御する制御手段と、
を備えた位置決め装置。

【請求項6】
 
前記制御手段は、前記被案内体を前記案内体に対する所定の位置に移動する際には、前記駆動機構が作動する前又は作動するのと同時に、前記高周波振動付加装置を作動させ、又は該高周波振動付加装置が発生する高周波振動の強度が強くなるように該高周波振動付加装置を制御するようになっている請求項5記載の位置決め装置。

【請求項7】
 
潤滑膜及び転動体を介して案内体に所定軌道を案内可能に支持された被案内体を、前記案内体に対する所定位置に位置決めするための位置決め方法であって、
前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決めが完了する前に、前記転動体に高周波振動を付加し、又は該転動体に付加する高周波振動を強くする第1過程と、
前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決め動作の開始後であって前記転動体が転がり状態から非転がり状態に移行した場合に、前記転動体への高周波振動の付加を停止し、又は該転動体に付加する高周波振動を弱くする第2過程と、
を含む位置決め方法。

【請求項8】
 
前記第1過程では、前記被案内体の前記案内体に対する所定の位置への位置決めが完了する前に、前記転動体に高周波振動を付加し、
前記第2過程では、前記被案内体の前記案内体に対する移動速度が所定速度以下になった場合に、前記転動体への高周波振動の付加を停止する請求項7記載の位置決め方法。

【請求項9】
 
前記第1過程では、前記被案内体が前記案内体に対する所定位置に移動を開始する前又は移動開始と同時に前記転動体に高周波振動を付加する請求項8記載の位置決め方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006274378thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close