Top > Search of Japanese Patents > DEVICE AND KIT FOR DELIVERING MEDICINE IN LIVING BODY

DEVICE AND KIT FOR DELIVERING MEDICINE IN LIVING BODY

Patent code P09A014544
File No. 619
Posted date Jun 12, 2009
Application number P2007-065466
Publication number P2008-220766A
Patent number P5017651
Date of filing Mar 14, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Jun 22, 2012
Inventor
  • (In Japanese)寺川 進
  • (In Japanese)山本 清二
  • (In Japanese)宮川 厚夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学
Title DEVICE AND KIT FOR DELIVERING MEDICINE IN LIVING BODY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce time and labor in replenishing a medicine, and to efficiently keep concentration and quality of the medicine to be administered.
SOLUTION: An internal medicine delivery device 1 comprises: a storage container 2 which stores the medicine, in which movable valves 3, 4 are formed at prescribed positions, and has a flow passage 6 for making the medicine flow through between the movable valves 3, 4; a pump 5 which is arranged inside the storage container and transfers the medicine from the movable valve 3 to the movable valve 4 in the flow passage 6; and a replenishing mechanism 7 which is arranged inside the storage container 2 and replenishes the medicine. The replenishing mechanism 7 includes: a hole 34 for supply which is connected to the flow passage 6 at the side of the movable valve 4; a hole 36 for discharge connected to the flow passage 6 at the side of the movable valve 3; and an insertion hole 32 which interacts both the hole 34 for supply and the hole 36 for discharge, and extends from the inner part to the outer part of the storage container 2.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、薬剤を注射等により外部から投与する場合の煩わしさを軽減するために、人体等の生体の内部に配置させて、各種測定や薬剤の投与を行うための装置が知られている。例えば、下記特許文献1には、ガラス管からなるカプセル内にグルコース濃度を測定するための電気回路と、測定結果に基づいて制御されるインシュリンポンプとが内蔵されたセンサ装置が記載されている。
【特許文献1】
特開平6-7324号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、生体内に配置されて生体に薬剤を投与するための生体内薬剤放出装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体内の液体中に配置されて前記生体に薬剤を投与する生体内薬剤放出装置であって、
前記薬剤を収容するとともに所定位置に液体吸引口及び液体吐出口が形成され、且つ、
前記液体吸引口と前記液体吐出口の間に前記薬剤を流通させるための流通路を有する収容容器と、
前記収容容器内に設けられ、前記流通路内の前記液体吸引口から前記液体吐出口に向けて前記薬剤を移送するポンプ機構と、
前記収容容器内に設けられ、前記薬剤を補充するための補充機構と、
前記収容容器の外面上に設けられ、前記ポンプ機構に電力を供給するための太陽電池セルを備え、
前記流通路は、前記収容容器内に設けられると共に、前記補充機構に接続された一の開口端及び他の開口端を有し、
前記液体吐出口は、一の可動弁を介して前記流通路における前記一の開口端の近傍に接続され、
前記液体吸引口は、他の可動弁を介して前記流通路における前記他の開口端の近傍に接続され、
前記補充機構は、前記収容容器の外部から内部に向けて延びる挿入孔と、一端が前記一の開口端に接続されると共に他端が前記挿入孔に接続された供給用孔部と、一端が前記他の開口端に接続されると共に他端が前記挿入孔に接続された排出用孔部を、を有し、
前記挿入孔に前記供給用孔部が接続された部分は、前記挿入孔に前記排出用孔部が接続された部分から、前記挿入孔の延在方向に沿って離間し、
前記薬剤は、前記流通路の前記一の開口端と、前記一の開口端と前記他の開口端との間の界面と、の間において前記流通路に充填されて、前記ポンプ機構の駆動により前記一の可動弁の前記液体吐出口を経由して前記生体内に放出される、
ことを特徴とする生体内薬剤放出装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の生体内薬剤放出装置と、
前記生体内薬剤放出装置の前記挿入孔に挿入された状態で、先端部における前記供給用孔部及び前記排出用孔部のそれぞれに対向する位置から基端部にかけて2つの貫通孔が形成された薬剤補充用針と、
を備えることを特徴とする生体内薬剤放出キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007065466thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mai if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close