Top > Search of Japanese Patents > LIVING BODY COMPONENT ANALYSIS INSTRUMENT

LIVING BODY COMPONENT ANALYSIS INSTRUMENT

Patent code P09A014545
File No. 620
Posted date Jun 12, 2009
Application number P2007-065504
Publication number P2008-220768A
Patent number P5109125
Date of filing Mar 14, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Oct 19, 2012
Inventor
  • (In Japanese)寺川 進
  • (In Japanese)山本 清二
  • (In Japanese)宮川 厚夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学
Title LIVING BODY COMPONENT ANALYSIS INSTRUMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce restrictions when being installed in a living body and to facilitate the miniaturization of an instrument whole body.
SOLUTION: This living body component analysis instrument 1 which is disposed in a living body and analyzes the components in the living body, is provided with: a detection container 25 having molecule permeable films 30a and 30b, which allow the permeation of molecules contained in the components, to constitute a part of an outer wall; a light path A constituted to include mirrors 33a and 33b inside the detection container 25 and guiding a light from a window part 31 to a window part 32; a light source 26 for entering a light from the window part 31 in the direction along the light path A; a light detector 27 for detecting the light emitted from the window 32 toward the outside of the detection container 25; a polarizer 28 provided between the light source 26 and the window part 31 and transmitting the light having a first polarization face; and an analyzer 29 provided between the window part 32 and the light detector 27 and transmitting the light having a second polarization face.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、血糖値等の生体内の成分量を測定することによって生体の健康状態を調べることが行われている。例えば、生体から血液を採取して、その血液中のグルコースの濃度を酵素反応を利用することで定量することができる。また、最近では、指などから針を用いて微量の血液を採取して、その血液を対象に試験紙型のセンサを使って電気化学的に血糖値を測定する装置が知られている。



一方では、生体内の成分量を測定するときの煩わしさを低減するために、グルコース濃度を人又は動物の生体内で測定可能なグルコースセンサが開示されている(下記特許文献1参照)。このグルコースセンサは、中空繊維を含む円柱状の作用電極を含む複数の電極と、それらの電極に接続された電気回路とを含み、作用電極から発生した電流を電気回路を用いて測定し、A/D変換器を用いて変換された測定結果データをメモリに保存する。
【特許文献1】
特開平6-7324号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、生体内に配置されて生体内の成分を分析するための生体内成分分析装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
生体内に配置されて生体内の成分を分析する生体内成分分析装置であって、
前記成分に含有される分子を透過させる分子透過膜が、外壁の一部を構成するように設けられた容器と、
前記容器の内部において反射鏡を含んで構成され、光入力端から光出力端に向けて光を導く光路と、
前記光入力端から前記光路に沿った方向に光を入射する光源と、
前記光出力端から前記容器の外部に向けて出射した光を検出する検出部と、
前記光源と前記光入力端との間に設けられ、所定の偏波面を有する光を透過させる偏光子と、
前記光出力端と前記検出部との間に設けられ、前記所定の偏波面と異なる偏波面を有する光を透過させる検光子と、
を備えることを特徴とする生体内成分分析装置。

【請求項2】
 
前記光路は、光入力端から光出力端を経由してループ状に光を導く光路であり、
前記光入力端に設けられ、前記光源から入射した光を前記光路に向けて透過させるとともに、該光のうち前記光入力端に戻された光を前記光路に沿って反射させる第1のハーフミラーと、
前記光出力端に設けられ、前記入力端から前記光路上に入射した光の一部を、前記光路に沿って反射させるとともに、該光の一部を前記検出部に向けて透過させる第2のハーフミラーと、
を更に備えることを特徴とする請求項1記載の生体内成分分析装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007065504thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mai if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close