Top > Search of Japanese Patents > TOLERANCE TO MOTION SICKNESS TRAINING DEVICE

TOLERANCE TO MOTION SICKNESS TRAINING DEVICE

Patent code P09A014546
File No. 617
Posted date Jun 12, 2009
Application number P2007-065713
Publication number P2008-225245A
Patent number P4815606
Date of filing Mar 14, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Sep 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)寺川 進
  • (In Japanese)山本 清二
  • (In Japanese)高矢 昌紀
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人浜松医科大学
Title TOLERANCE TO MOTION SICKNESS TRAINING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To enhance testee's tolerance to motion sickness surely and in a short period of time.
SOLUTION: A tolerance to motion sickness training device 1 comprises: a base 10 on which a testee 2 can be placed and which can rock; a frame body 20 having a driving means creating rocking similar to that of a vehicle to the base 10; a moving image creating section 32 creating moving images wherein images move from a prescribed point of emission to the front direction of a screen; a moving image control section 33 which controls, in accordance with the direction and magnitude of the rocking created to the base 10 by the driving means, the point of emission of the moving image created by the moving image creating section 32; and a display 40 enabling the testee 2 to view the created moving images.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


車酔い等の乗り物酔いの酔いやすさには個人差があり、病気というより、むしろ正常な生理反応と考えられている。乗り物酔いに対して悩みを持つ人が数多くいるが、年齢と共に乗り物酔いしなくなることも多い。下記の特許文献1では、乗り物酔いに対する耐性を高めるため、乗り物に乗ったときの揺れを擬似的に発生させて被験者に揺れを体験させるトレーニング装置が提案されている。
【特許文献1】
特願2002-205889号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、被験者の乗り物酔いに対する耐性を高める乗り物酔い訓練装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
被験者を乗せることができると共に揺れることが可能な基台と、
前記基台に対して、擬似的な乗り物の揺れを発生させる駆動手段と、
所定の放射点から画面の手前方向に画像が移動する動画像を生成する動画像生成手段と、
前記駆動手段により前記基台に発生させられる揺れの方向及び大きさに応じて、前記動画像生成手段により生成される動画像の放射点を制御する動画像制御手段と、
前記動画像生成手段により生成された動画像を前記被験者が見ることが可能なように表示する表示手段と、
を備える乗り物酔い訓練装置。

【請求項2】
 
前記動画像制御手段は、前記動画像の放射点の制御量を、前記表示手段による表示の時間に応じて小さくすることを特徴とする請求項1に記載の乗り物酔い訓練装置。

【請求項3】
 
前記動画像制御手段は、前記動画像生成手段により生成される動画像に、前記駆動手段により前記基台に発生させられる揺れの方向及び大きさに応じて視点を誘導するマーカを表示させることを特徴とする請求項1又は2に記載の乗り物酔い訓練装置。

【請求項4】
 
前記基台に前記被験者の頭部を固定して、前記基台に発生する揺れを打ち消す方向に動作させる頭部制御手段を更に備える請求項1~3の何れか一項に記載の乗り物酔い訓練装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007065713thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mai if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close