Top > Search of Japanese Patents > AIR FILTER

AIR FILTER meetings achieved

Patent code P09A014553
File No. P06-007
Posted date Jun 26, 2009
Application number P2006-345317
Publication number P2008-154705A
Patent number P4967126
Date of filing Dec 22, 2006
Date of publication of application Jul 10, 2008
Date of registration Apr 13, 2012
Inventor
  • (In Japanese)長澤 武
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人宇都宮大学
Title AIR FILTER meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an air filter capable of surely sterilizing with a simple constitution.
SOLUTION: The air filter has a first electrode constituted by forming a metal into a grid, a plate which keeps one side face in contact with the first electrode and has a predetermined thickness and through holes penetrating through in a thickness direction, a second electrode which contacts the face of the plate different from the first electrode and which is constituted by forming a metal into a grid, and a power source section applying a predetermined voltage across the first electrode and the second electrode.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、空気中の不要物を除去するためエアフィルタが用いられている。たとえば特許文献1には、濾材を配置し、この濾材によって空気中の不要物の通過を阻止する構成が開示されている。



【特許文献1】
特開2006-281097号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はエアフィルタに関し、特に殺菌を行うことができるエアフィルタに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属を格子状に形成した第1の電極と、
片側の面が前記第1の電極に接し、所定の厚さを有し、該厚さ方向に貫通する貫通孔を有するプレートと、
前記プレートの、前記第1の電極とは違う面に接する、金属を格子状に形成した第2の電極と、
前記第1の電極と前記第2の電極との間に所定電圧を印加する電源部と、
を備えたエアフィルタに対し、
前記貫通孔内の電界強度が、前記第1の電極と前記第2の電極との間で放電を生じる電界強度未満で、且つ殺菌に必要な電界強度以上となる電圧を、前記第1の電極と前記第2の電極との間に印加する
ことを特徴とする殺菌方法。

【請求項2】
 
前記第1の電極および前記第2の電極が銅、金及び銀から選ばれるものであることを特徴とする請求項1に記載の殺菌方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006345317thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close