Top > Search of Japanese Patents > ENCODING SYSTEM FOR REVERSIBLE COMPRESSION AND INFORMATION MEDIUM

ENCODING SYSTEM FOR REVERSIBLE COMPRESSION AND INFORMATION MEDIUM UPDATE_EN meetings

Patent code P09A014556
File No. 19‐19
Posted date Jul 3, 2009
Application number P2007-313105
Publication number P2009-141457A
Patent number P4893892
Date of filing Dec 4, 2007
Date of publication of application Jun 25, 2009
Date of registration Jan 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)六井 淳
Applicant
  • (In Japanese)静岡県公立大学法人
Title ENCODING SYSTEM FOR REVERSIBLE COMPRESSION AND INFORMATION MEDIUM UPDATE_EN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an encoding system for reversible compression, capable of executing high-speed processing and expecting a high compression rate.
SOLUTION: The encoding system for reversible compression is provided with a difference data generating means 28 for generating differential data of two paired data to be processed and storing the generated data into a memory; an encoding means 22 for encoding the data in entropy and storing the encoded data into the memory; and a data selecting means 23 for selecting the data having a high compression rate. The encoding system is further provided with a tree structure data generating means 21 for generating binary tree structure data in which data forming a parent node is differential data of the two data forming paired child data. Entropy encoding is executed for all the data, and the data selecting means 23 selects the data having the high compression rate by entropy encoding from all the data forming the nodes in the binary tree structure data so that all the data to be processed can be calculated using link information of the binary tree structure data.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

複数のチャンネルにより構成される入力信号に基づいてチャンネル毎に生成された被処理データが格納されたメモリと、メモリにアクセス可能で各種演算処理を行う制御部と、該メモリから読み込まれる前記被処理データから可能な限り多くの対を生成する対生成手段と、対生成手段によって対にされた各2つの被処理データの差分データを生成して前記メモリに格納する差分データ生成手段と、全ての被処理データ及び差分データをエントロピー符号化してメモリに格納する符号化手段と、被処理データ及び差分データからもとの全ての被処理データが算出可能なように圧縮率の高いデータを選択するデータ選択手段とを備え、データ選択手段により選択されたデータに基づいて圧縮データを生成する可逆圧縮用符号化システム(可逆圧縮用符号化装置)が従来公知である(特許文献1、第11頁、図8a)。

上記文献の可逆圧縮用符号化システムは、被処理データ及び差分データから圧縮率の高いデータを選択するデータ選択手段を備えているため、被処理データを単純にエントロピー符号化するよりも、高い圧縮率を得ることが可能である。
【特許文献1】
特表2007-531012号公報

Field of industrial application (In Japanese)

可逆圧縮用符号化システム及び情報媒体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数のチャンネルにより構成される入力信号に基づいてチャネル毎に生成された被処理データが格納されるメモリ(3)と、該メモリ(3)から読み込まれる前記被処理データから可能な限り多くの対を生成する対生成手段(27)と、対生成手段(27)によって対にされた各2つの被処理データの差分データを生成して前記メモリ(3)に格納する差分データ生成手段(28)と、全ての被処理データ及び差分データをエントロピー符号化してメモリに格納する符号化手段(22)と、被処理データ及び差分データからもとの全ての被処理データが算出可能なように圧縮率の高いデータを選択するデータ選択手段(23)とを備え、データ選択手段(23)により選択されたデータに基づいて圧縮データを生成する可逆圧縮用符号化システムにおいて、入力信号が3以上のチャンネルにより構成され、親ノードが対の子ノードを有し且つ親ノードを構成するデータが対の子ノードを構成する2つのデータの差分データであるとともに子ノードを有さない最下層ノードを構成するデータが上記被処理データであるバイナリーツリー構造データを生成して前記メモリ(3)に格納する木構造データ生成手段(21)を設け、符号化手段(22)がバイナリーツリー構造データのノードを構成する全てのデータに対してエントロピー符号化を行い、データ選択手段(23)が、バイナリーツリー構造データのリンク情報を用いて全ての被処理データが算出可能なように、バイナリーツリー構造データのノードを構成する全てのデータからエントロピー符号化による圧縮率の高いデータを選択する可逆圧縮用符号化システム。

【請求項2】
 
入力信号が8以上のチャンネルにより構成される請求項1の可逆圧縮用符号化システム。

【請求項3】
 
入力信号が16以下のチャンネルにより構成される請求項2の可逆圧縮用符号化システム。

【請求項4】
 
被処理データ及び差分データがベクトルデータ生成手段(18)により生成されたベクトルデータであり、ベクトル類似度を算出する類似度算出手段(26)を設け、対生成手段(27)がベクトル類似度の高いベクトルデータ同士により対を生成する請求項1,2又は3の可逆圧縮用符号化システム。

【請求項5】
 
請求項1,2,3又は4の可逆圧縮用符号化システムによって符号化された圧縮データ記憶されてなる情報記録媒体

【請求項6】
 
請求項1,2,3又は4の可逆圧縮用符号化システムによって符号化された圧縮データに基づいて生成される画像が印刷されてなる印刷媒体
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007313105thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close