Top > Search of Japanese Patents > ELECTROSTATIC ACTUATOR

ELECTROSTATIC ACTUATOR meetings

Patent code P09A014559
Posted date Jul 10, 2009
Application number P2005-099686
Publication number P2006-280180A
Patent number P4660758
Date of filing Mar 30, 2005
Date of publication of application Oct 12, 2006
Date of registration Jan 14, 2011
Inventor
  • (In Japanese)南 和幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title ELECTROSTATIC ACTUATOR meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To perform positional control accurately by making electrostatic attraction and elastic force cooperate efficiently with each other thereby enabling specified high output to be taken out even from its initial state where electrostatic attraction is weak, and besides by varying the generation power of the sum of the electrostatic attraction and the elastic force thereby enabling the gap interval to balance external force to be set optionally.

SOLUTION: This electrostatic actuator is equipped with a fixed electrode 14 which is set at a specified interval to a mobile electrode 12. Electrostatic attraction arises between the mobile electrode and the fixed electrode. It accumulates the work by the change of the interval between the mobile electrode and the fixed electrode as elastic force. An output part 18 is driven by the force of the elastic attraction and the elastic force.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一対の対向電極に電圧を印加したときに生じる静電引力により対向電極間のギャップ間隔が変位する現象を利用する静電アクチュエータが知られている。静電アクチュエータにおいて、静電引力は、ギャップ間隔の2乗に反比例するため、大きな静電引力を達成するためには、ギャップ間隔を出来る限り微小な値に設定する必要がある。一方、大きな変位量を得るためにはギャップ間隔を広くする必要があり、トレードオフの関係がある。すなわち、アクチュエータとして十分な変位量を得ようとすると、初期状態で静電引力は小さく、大きな出力を得ることができない。また、外力と釣合うギャップ間隔を任意に設定することができない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、静電引力を弾性エネルギーにより補完して常に大きな発生力を出力することができる静電アクチュエータに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
第1の固定電極と、該電極に対向し、出力部を一体に構成し、出力部の外部負荷によって第1の電極に接近することを妨げる力を受ける第2の可動電極と、第1の電極と第2の電極との間隔を広げることによって歪を生じ、そのエネルギーを弾性力として蓄積し、第2の電極を第1の電極に向けて押し付ける力となるばねと、両電極間に静電引力を生成するために電圧を印加する手段とを備え、電圧印加時に静電引力とばねの弾性力の合力によって第2の電極と、これと一体となった出力部を第1の電極方向に移動させる機構を有する静電アクチュエータ。

【請求項2】
 
前記ばねは、非線形ばねであることを特徴とする請求項1記載の静電アクチュエータ。

【請求項3】
 
第1の固定電極を対向する第2の可動電極に対して任意の位置に固定するための電極間距離を調節する手段を備えた請求項1又は請求項2記載の静電アクチュエータ。
Industrial division
  • (In Japanese)発電、電動
  • Energy conservation
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005099686thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close