Top > Search of Japanese Patents > ONE-ACTION FASTENING IMPLEMENT

ONE-ACTION FASTENING IMPLEMENT

Patent code P09A014589
File No. 36-2002-02-P
Posted date Jul 31, 2009
Application number P2003-149415
Publication number P2004-049892A
Patent number P3997302
Date of filing May 27, 2003
Date of publication of application Feb 19, 2004
Date of registration Aug 17, 2007
Priority data
  • P2002-154049 (May 28, 2002) JP
Inventor
  • (In Japanese)岩本 英久
  • (In Japanese)大東 由喜夫
  • (In Japanese)宮武 洋成
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
Title ONE-ACTION FASTENING IMPLEMENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a one-action fastening implement which is useful in the medical field including nursing activities and emergency services requiring quick responses, where it can reduce the burden and time in fastening medical equipment to a stand pole, or the like, and in the welfare field as well, where it can help even the aged or physically challenging people having inconvenience in the hand fasten the equipment, or the like, with ease.
SOLUTION: This one-action fastening implement includes a fastening implement body 1 which is provided with a base part 1a, a contact part 1b integrally bonded with and opposed to the base part, a support hole 1c formed on the base part in opposition to the contact part, and a female screw 1d made concentric with the support hole on the base part; a handle stem 2 which runs through the support hole 1c in a way that it can make a back-and-forth or rotational movement within the hole 1c; a split male screw member 3 which can be engaged with the female screw 1d; a handle 4 which is rotatably connected with the handle stem 2; and a cam mechanism 5 which fastens the handle 4 toward the handle stem 2 in a way that, after allowing the split male screw member 3 to screw down to expand its diameter, the cam mechanism makes the split male screw member 3 rotate in the reverse direction to reduce its diameter.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


医療の現場で点滴用機器などの医療機器をスタンドのポールに固定する際等に用いられる従来の固定具には、ねじを利用しているものと、ばねを利用しているものとがあり、ねじを利用している固定具は、固定具本体の当接部と向き合わせてその固定具本体に螺合させたねじを回転させて、ポール等の軸をその固定具本体の当接部とねじとで挟み、締め付けて固定している。また、ばねを利用している固定具は、ばねの力でポール等の軸を挟んで固定している。

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、迅速な作業が要求される救急部門や看護師の仕事等の医療分野および、手先が不自由な高齢者や身体障害者等に対する福祉分野等で用いられる固定具に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
基部と、その基部に一体的に結合されると共にその基部に対向する当接部と、前記当接部に向けて前記基部に形成された支持孔と、前記基部にその支持孔と同心にかつその支持孔に対し前記当接部と反対の側に位置するように形成された雌ねじとを有する固定具本体と、
前記支持孔内に進退移動可能および回動可能に貫通する把持軸と、
前記把持軸にその半径方向に摺動可能に支持された、前記雌ねじに螺合可能な割り雄ねじ部材と、
前記把持軸に回動可能に結合されたハンドルと、
前記割り雄ねじ部材を、前記把持軸に対する前記ハンドルの、その割り雄ねじ部材の雄ねじのねじ込み方向の回動により拡径させ、その割り雄ねじ部材の雄ねじの戻り方向の回動により縮径させるカム機構と、を具え
前記ハンドルは、
筒状のハンドルカバーと、
前記ハンドルカバー内にそのハンドルカバーに対し回動規制されつつ進退移動可能に挿入されたハンドル本体と、
前記ハンドル本体に一体的に突設され、前記ハンドルカバーに対する前記ハンドル本体の進退移動により、拡径位置に有る前記割り雄ねじ部材の半径方向内方端部の内方の縮径防止位置と、前記割り雄ねじ部材の半径方向内方端部から軸線方向に外れた縮径許容位置との間で進退移動するストッパーピンと、を有することを特徴とする、
ワンアクション固定具。

【請求項2】
 
前記割り雄ねじ部材は二分割されていることを特徴とする、請求項1記載のワンアクション固定具。

【請求項3】
 
前記カム機構は、
前記ハンドルに基部を固定されるとともに前記把持軸の軸線の周囲で旋回可能にその把持軸に挿入されたピンと、
前記ピンに嵌合するとともに前記割り雄ねじ部材の摺動方向と直交する方向に延在する長孔を形成されたカムとしての前記割り雄ねじ部材と、
を有する逆カム機構であることを特徴とする、請求項1または請求項2記載のワンアクション固定具。

【請求項4】
 
前記カム機構は、
前記把持軸の軸線と直交する平面内でその把持軸の半径方向に対し傾斜する方向に延在して前記各割り雄ねじ部材に対応する長孔を形成され、前記ハンドルに固定されるとともに、前記軸線の周囲で旋回可能にその把持軸に連結された蓋部と、
前記割り雄ねじ部材に一体的に突設され、前記蓋部の前記長孔に摺動可能に嵌合したピンと、
を有するものであることを特徴とする、請求項1または請求項2記載のワンアクション固定具。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003149415thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は,下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close