Top > Search of Japanese Patents > MULTI-CHANNEL ELECTRODE

MULTI-CHANNEL ELECTRODE meetings

Patent code P09P006725
Posted date Aug 7, 2009
Application number P2008-015866
Publication number P2009-172265A
Patent number P5158696
Date of filing Jan 28, 2008
Date of publication of application Aug 6, 2009
Date of registration Dec 21, 2012
Inventor
  • (In Japanese)廣田 秋彦
  • (In Japanese)伊藤 眞一
  • (In Japanese)藤田 恭久
Applicant
  • Shimane University
Title MULTI-CHANNEL ELECTRODE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a multi-channel electrode capable of electrically stimulating or electrically measuring an arbitrary point of a site such as the brain and the heart while optically measuring or observing a function of the three-dimensional site such as the brain and the heart.
SOLUTION: This in-situ multi-channel electrode 1 for living bodies is provided with a transparent conductor layer 3 and a transparent insulator layer 4 at a concave curve side of the transparent board 2 which has a plane at one plane face and the concave curve at the other face, and is characterized in that the conductor layer 3 is divided into a plurality of zones as mutually separate and independent regions on the concave curve, and a part of each region is extended toward the concave curve-side circumference part to be served as a leading line, and an insulator layer 4 is formed by covering a part other than pinhole portions 10 functioned as the electrodes.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


生命科学分野の研究においては、近年、生体機能を光学的手法により、多点から同時測定する方法が普及しつつある。たとえば、脳や心臓などの測定領域の中の何百ヶ所、何千ヶ所という非常に多くの点から、細胞の膜電位や細胞内カルシウム濃度などを蛍光色素などのプローブを用いたり、生体内に内在する物質の蛍光や吸光を測定したりして、これを指標に生体機能を調べる研究が広く行われている。



【非特許文献1】
[online]アルファメドサイエンス株式会社[平成20年1月9日検索]、インターネット<URL:http://www.amedsci.com/med64jp/ver1/1prod/prod_medprobe.html>

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、多点電極に関し、特に、脳や心臓などの曲面形状の表面からin situの状態で、光学的手法により測定あるいは観察しつつ、当該部位の電気的刺激または電気的測定を可能とする多点電極に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一方の面が平面であり他方の面が凹曲面である透明基板の凹曲面側に透明導電体層と透明絶縁体層とを設けた、in situ用の多点電極であって、
導電体層は、凹曲面上で互いに分離独立した領域として複数区画しつつそれぞれの領域の一部を凹曲面周縁部ないし基板側周部まで延伸して形成し、
絶縁体層は、導電体層の領域間部分および領域表面を被膜して形成し、
電極部を、各領域表面上の絶縁体層にピンホールを設けて導電体を露出させることにより形成したことを特徴とする多点電極。

【請求項2】
 
凹曲面が、生体の観測部位に沿った形状であることを特徴とする請求項1に記載の多点電極。

【請求項3】
 
基板の凹曲面周縁部の角を丸めたことを特徴とする請求項1または2に記載の多点電極。

【請求項4】
 
導電体層の素材を、GZO、AZO、IZO、ITO、In2O3、ZnO、FZO、SnO2、FTO、または、TiO2としたことを特徴とする請求項1、2または3に記載の多点電極。

【請求項5】
 
請求項1から4のいずれか一つに記載の多点電極により、生体を電気的に刺激しつつまたは生体電気活動を測定しつつ、当該刺激部位または測定部位を含み、凹曲面による被覆領域の結像面を平面化して光学的にも観測することを特徴とするin situ状態における生体観測方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008015866thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close