Top > Search of Japanese Patents > PROCESS FOR PREPARING OPTICALLY ACTIVE PIPERIDINE DERIVATIVE

PROCESS FOR PREPARING OPTICALLY ACTIVE PIPERIDINE DERIVATIVE commons

Patent code P09P006315
File No. E076P96
Posted date Aug 28, 2009
Application number P2008-034250
Publication number P2009-191026A
Patent number P5089423
Date of filing Feb 15, 2008
Date of publication of application Aug 27, 2009
Date of registration Sep 21, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小林 修
  • (In Japanese)ヴァーツラフ ユルチーク
  • (In Japanese)山下 恭弘
  • (In Japanese)新井 謙三
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title PROCESS FOR PREPARING OPTICALLY ACTIVE PIPERIDINE DERIVATIVE commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a process for preparing an optically active piperidine derivative which is highly enantio-selective by the asymmetric aza-Diels-Alder reaction using an aliphatic imine as a reaction substrate and an optically active niobium catalyst.
SOLUTION: The optically active piperidine derivative is obtained by reacting a corresponding Danishefsky's diene as a reaction substrate with an imine represented by formula (II) (wherein R5 is a saturated hydrocarbon group which may have a substituent, an aromatic hydrocarbon group which may have a substituent or a heterocyclic group which may have a substituent; and R6 to R9 are each hydrogen, a hydrocarbon group or an alkoxyl group) as a reaction substrate in the presence of an optically active niobium catalyst, an imidazole derivative, and molecular sieves.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来から、光学活性なピペリジン類やテトラヒドロキノリン類などの複素環化合物の合成方法として、不斉アザ ディールス-アルダー反応が有用な手法であると考えられている。なかでも、一般に高価な不斉源の必要量が少なく、かつ適用範囲の広い、触媒量の不斉源を用いたエナンチオ選択的な不斉アザ ディールス-アルダー反応の実用的な手法の開発が急がれている。
このようなことから、本発明者らは、触媒量の不斉源で光学活性ピペリジン類をエナンチオ選択的に得られる技術を提案した(特許文献1参照)。この技術は、ジルコニウム、ハフニウムまたはチタンを中心金属とする光学活性なルイス酸触媒の存在下、出発原料であるアルジミン化合物とダニシエフスキージエンとを反応させるものである。
一方、本発明者らは、イミンやヒドラゾンにケイ素エノラートを不斉求核付加反応させる際の触媒として、5価のニオブ化合物と光学活性なビナフトール誘導体を含むトリオールとを混合したものを提案した(特許文献2参照)。



【特許文献1】
特許第3691235号公報
【特許文献2】
国際公開WO2005/84803号パンフレット

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、例えば光学活性医薬品等の中間体として好適に使用できる光学活性ピペリジン誘導体の製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
Nbアルコキシドで表される5価のニオブ化合物と(R)-体又は(S)-体からなり光学活性なビナフトール誘導体を含むトリオールとを混合してなる光学活性ニオブ触媒と、N-メチルイミダゾールと、モレキュラーシーブスとの存在下、
反応基質として次式(I)
【化1】
 


(R1,R3はそれぞれ炭化水素基であり、R3は互いに同一でも異なっていてもよく;R2,R4はそれぞれ水素原子または炭化水素基)で表わされるダニシエフスキージエンと、
反応基質として次式(II)
【化2】
 


(R5は置換基を有していてもよい飽和炭化水素基、置換基を有していてもよい芳香族炭化水素基、又は置換基を有していてもよい複素環基;R6~R9は水素原子、炭化水素基、又はアルコキシ基)で表わされるイミンとを反応させ、
次式(III)
【化3】
 


で表わされる光学活性ピペリジン誘導体を得る光学活性ピペリジン誘導体の製造方法であって、
前記トリオールは式V
【化5】
 


(式中、R10はH、Et、i-Pr(イソプロピル)、t-Bu(tert-ブチル)、シクロヘキシルの群から選ばれる1種、nは0または1を表す)で表される光学活性ピペリジン誘導体の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

23877_27SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOBAYASHI Highly Functionalized Reaction Environments AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close