Top > Search of Japanese Patents > CAPACITOR TYPE STORAGE

CAPACITOR TYPE STORAGE meetings

Patent code P09P006573
Posted date Oct 9, 2009
Application number P2008-075678
Publication number P2009-231573A
Patent number P5323373
Date of filing Mar 24, 2008
Date of publication of application Oct 8, 2009
Date of registration Jul 26, 2013
Inventor
  • (In Japanese)大塚 寛治
  • (In Japanese)秋山 豊
  • (In Japanese)橋本 薫
  • (In Japanese)石渡 伸一
  • (In Japanese)服部 聡
  • (In Japanese)宮内 秀幸
  • (In Japanese)齋藤 昇
Applicant
  • (In Japanese)タマティーエルオー株式会社
Title CAPACITOR TYPE STORAGE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a capacitor type storage with a large capacitance per unit volume.
SOLUTION: The capacitor type storage includes: a first conductive passage 21 and a second conductive passage 22 which are in parallel to each other; and a mixed layer 30 which is provided on the upper surface of the first conductive passage 21 and the upper surface of the second conductive passage 22 while having an insulating first substrate, a first conductive powder or first semiconductor powder dispersed in the first substrate. In this case, a mixed layer 10 provided on the lower surface of the first conductive passage 21 and the lower surface of the second conductive passage 22 while having an insulating second substrate and second conductive powder or second semiconductor powder dispersed in the second substrate can be available. A plurality of the first conductive passages 21 and the second conductive passages 22 can be provided respectively alternately.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の蓄電池は、例えば特許文献1に記載するように、電解質を用いるものが大半である。
【特許文献1】
特開2008-059955号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、キャパシタ型の蓄電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
互いに平行であり、互いに交互に配置された複数の第1導電路及び複数の第2導電路と、
前記第1導電路の上面及び前記第2導電路の上面それぞれに設けられ、絶縁性の第1基材と、前記第1基材中に分散された第1導電粉体または第1半導体粉体とを有する第1混合層と、
前記複数の第1導電路に接続する第1端子と、
前記複数の第2導電路に接続する第2端子と、
を備え
前記第1端子及び前記第2端子は、前記第1導電路及び前記第2導電路から離れるに従って幅が狭くなる部分を有しており、この部分において、前記第1導電路と同一方向に延伸する2辺は、互いになす角度が30°以下であるキャパシタ型蓄電池。

【請求項2】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、
前記第1導電路および前記第2導電路は、高さtの幅wに対する比t/wが1以下であるキャパシタ型蓄電池。

【請求項3】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、
前記第1導電路の上面に設けられた前記第1混合層と、前記第2導電路の上面に設けられ前記第1混合層は互いに連続しているキャパシタ型蓄電池。

【請求項4】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、
前記第1導電路の下面及び前記第2導電路の下面に設けられ、絶縁性の第2基材と、前記第2基材中に分散された第2導電粉体または第2半導体粉体とを有する第2混合層を備えるキャパシタ型蓄電池。

【請求項5】
 
請求項4に記載のキャパシタ型蓄電池において、
前記第2混合層の下面に設けられた絶縁層をさらに備えるキャパシタ型蓄電池。

【請求項6】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、
前記第1導電路および前記第2導電路は、前記第1混合層と接する面に絶縁層を有するキャパシタ型蓄電池。

【請求項7】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、前記第1導電粉体または第1半導体粉体の平均粒径が20~10000nmであるキャパシタ型蓄電池。

【請求項8】
 
請求項1に記載のキャパシタ型蓄電池において、前記第1導電粉体または第1半導体粉体は、Fe、Al、Ni、Ag、Mg、Cu、Si、Cからなる群から選ばれた少なくとも一つ、または前記群から選ばれた少なくとも2つからなる合金または共析物を含むキャパシタ型蓄電池。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008075678thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close