Top > Search of Japanese Patents > CASTING MOLD FOR MAGNESIUM ALLOY AND METHOD OF CASTING MAGNESIUM ALLOY

CASTING MOLD FOR MAGNESIUM ALLOY AND METHOD OF CASTING MAGNESIUM ALLOY commons meetings foreign

Patent code P09P006191
File No. RX02P36
Posted date Oct 23, 2009
Application number P2008-080509
Publication number P2009-233690A
Patent number P4748426
Date of filing Mar 26, 2008
Date of publication of application Oct 15, 2009
Date of registration May 27, 2011
Inventor
  • (In Japanese)高島 正之
  • (In Japanese)米沢 晋
  • (In Japanese)阿良田 吉昭
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
  • (In Japanese)国立大学法人福井大学
Title CASTING MOLD FOR MAGNESIUM ALLOY AND METHOD OF CASTING MAGNESIUM ALLOY commons meetings foreign
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a casting mold for magnesium alloys with which the flowability of a magnesium alloy melt can be ensured while reducing the cost of casting apparatus production and the energy cost caused by heating, and also to provide a method of casting magnesium alloy using the casting mold.
SOLUTION: The casting mold 1 for magnesium alloys includes a mold 11 including a gas-permeable material, the gas-permeable material being constituted of any of a net structure, a plate having holes, and a fabric or a combination thereof. Since the mold 11 of the casting mold 1 for magnesium alloys includes the gas-permeable material, apparent thermal conductivity between a melt 3 and the casting mold 1 for magnesium alloys is low. Due to the low apparent thermal conductivity, the melt 3 does not solidify instantly even upon contact with the casting mold 1 for magnesium alloys, and the flowability of the melt 3 is ensured.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


マグネシウムは実用金属としては最も軽い材料であり、比強度及び比剛性が鋼やアルミニウムより優れていることや、電磁波シールド性、切削性、振動吸収性、耐くぼみ性及びリサイクル性も優れていることにより、マグネシウムの適用範囲が拡大している。
特に、マグネシウム合金は自動車や携帯用端末の部品の材料として使用され急激に需要が伸びている。
従来、このような部品を製造する際には、マグネシウム合金を鋳造によって成形する方法が採用されている。



しかしながら、マグネシウム合金を金属製の鋳型を用いて鋳造する際には、マグネシウム合金の単位体積あたりの潜熱が小さく、溶湯と金属製の鋳型との間の熱伝導率が大きいため、マグネシウム合金の溶湯が金属製の鋳型に接触すると瞬時に凝固し流動性を失い、鋳型全体に溶湯が行き渡らせることが困難であるという問題があった。
特に小さな部品や薄肉の部品の鋳造する場合には、凝固したマグネシウム合金が溶湯が流れる空間を塞いでしまい、鋳型全体に溶湯が行き渡らせることが困難であった。
そのため、金属の鋳型を加熱することによって、マグネシウム合金の溶湯の流動性を確保する方法で鋳造が行われてきた。



このように金属の鋳型を加熱して行われる鋳造は、特開2002-129272に開示されている。
特開2002-129272では、金属製の鋳型を200℃に加熱して溶湯の流動性を確保して鋳造を行っている。
【特許文献1】
特開2002-129272

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、マグネシウム合金用鋳型及びマグネシウム合金鋳造方法に関し、詳しくはマグネシウム合金の溶湯の流動性を確保することができるマグネシウム合金用鋳型及びマグネシウム合金鋳造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
型及び/又は中子は、通気性のある素材で形成されており、この通気性のある素材は、網体、複数の孔を有する板若しくは布のいずれか又はその組み合わせから構成されていることを特徴とするマグネシウム合金用鋳型。

【請求項2】
 
網体、板又は布は、金属、化学繊維若しくはセラミックスのいずれか又はその組み合わせからなることを特徴とする請求項1に記載のマグネシウム合金用鋳型。

【請求項3】
 
網体、板及び布は可撓性を有することを特徴とする請求項2に記載のマグネシウム合金用鋳型。

【請求項4】
 
型及び/又は中子が通気性のある素材で形成されており、この通気性ある素材は、網体、複数の孔を有する板若しくは布のいずれか又はその組み合わせから構成されている鋳型を使用することを特徴とするマグネシウム合金鋳造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008080509thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close