Top > Search of Japanese Patents > APPARATUS AND METHOD FOR ANALYZING HEART SOUND FREQUENCY

APPARATUS AND METHOD FOR ANALYZING HEART SOUND FREQUENCY meetings

Patent code P09P006372
File No. H18-263
Posted date Oct 23, 2009
Application number P2008-090594
Publication number P2009-240527A
Patent number P5207174
Date of filing Mar 31, 2008
Date of publication of application Oct 22, 2009
Date of registration Mar 1, 2013
Inventor
  • (In Japanese)江 鐘偉
  • (In Japanese)崔 三晋
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人山口大学
Title APPARATUS AND METHOD FOR ANALYZING HEART SOUND FREQUENCY meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an apparatus and method for analyzing heart sound frequency capable of analyzing heart sound data and automatically analyzing abnormal heart sound and heart disease.
SOLUTION: The heart sound frequency analyzer for analyzing heart sound auscultation data collected from human bodies to analyze heart diseases includes: means 31 for cutting out sounds in one heart sound cycle including a first sound and a second sound from the heart sound auscultation data as one cycle heart sound data; means 32 for converting one cycle heart sound data into spectrum power density data; means 33 for obtaining a frequency Fmax where signal intensity is maximized in the spectrum power density data; means 33 for setting a plurality of signal intensity thresholds THVi (i=1 to n) to obtain frequency width Fwidthi with respect to respective THVi in the spectrum power density data; and analysis means 34 for analyzing the heart diseases on the basis of the plurality of Fmax of sound cycles, THVi, and Fwidthi.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


心音データには多くの情報が含まれており、これらの情報を解析すれば、多くの心臓疾患が識別可能であることが知られている。通常は、医者が聴診器を用いて患者の心音を聞き、経験に基づいて心臓疾患などの識別を行っている。ただ、従来の方法は医者の経験に基づくものであるので、汎用性が無い。心音データをコンピュータ等により解析する方法もいくつか知られているが、心音はノイズが多く、解析するのは容易ではない。もし、心音データをコンピュータ等により解析して心臓疾患の識別ができれば、在宅医療・介護・在宅ヘルスケアなどへ応用に貢献することができる。



従来技術としては、特許文献1乃至3がある。
特許文献1には、心音データを周波数解析して、大動脈弁の開放時期を決定する技術が記載されている。しかしながら、特許文献1では、心音データを周波数解析しているものの、信号強度が最大になる周波数Fmax、複数個の信号強度閾値THVi(i=1~n)、及び、それぞれのTHViに対する周波数幅Fwidthiに基づいて、心臓疾患の解析をすることは記載も示唆もされていない。
特許文献2には、心音データを周波数解析することにより周波数帯域幅を求めて、この周波数帯域幅に基づいて心音成分を決定する技術が記載されている。しかしながら、特許文献2では、閾値は1つであり、その閾値に基づいて1つの周波数帯域幅を求めているだけである。また、信号強度が最大になる周波数Fmaxを心臓疾患の解析に用いていない。
特許文献3には、心音データを周波数解析して心臓疾患を解析することが記載されている。また、各区間ごとの代表周波数を求めることも記載されている(段落0016)。しかしながら、心臓疾患の解析に、複数個の信号強度閾値THVi(i=1~n)、及び、それぞれのTHViに対する周波数幅Fwidthiを用いることは記載も示唆もされていない。
【特許文献1】
特開2001-224563号公報
【特許文献2】
特開2003-558号公報
【特許文献3】
特開2002-153434号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、人体から収集した心音聴診データを周波数解析して、異常心音を識別する、心音周波数解析装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体から収集した心音聴診データを解析して、心臓疾患を解析する心音解析装置であって、
前記心音聴診データから第1音及び第2音を含む1心音周期分を1周期心音データとして切り出す手段と、
前記1周期心音データをスペクトルパワー密度データに変換する手段と、
前記スペクトルパワー密度データにおいて信号強度が最大になる周波数Fmaxを求める手段と、
前記スペクトルパワー密度データにおいて、複数個の信号強度閾値THVi(i=1~n)を設定して、それぞれのTHViに対する周波数幅Fwidthiを求める手段と、
複数の心音周期の前記Fmax、THVi及びFwidthiに基づいて、心臓疾患の解析をする解析手段と、を有する
ことを特徴とする心音解析装置。

【請求項2】
 
前記解析手段は、サポートベクトルマシン識別学習方法を用いて心臓疾患の解析をする、
ことを特徴とする請求項1記載の心音解析装置。

【請求項3】
 
さらに、心音収集手段を有し、
前記心音収集手段は、人体に密着させる複数のチェストピースと、前記複数のチェストピースを固定するバンドまたはジャケットとからなり、
前記チェストピースは、前記バンドまたはジャケットを人体に装着したときに前記チェストピースが大動脈弁、肺動脈弁、三尖弁、僧帽弁のいずれかの近傍に配置されるように、前記バンドまたはジャケットに固定されている、
ことを特徴とする請求項1または2記載の心音解析装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008090594thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close