Top > Search of Japanese Patents > PLANTER BOX AND METHOD FOR RAISING PLANT USING THE SAME

PLANTER BOX AND METHOD FOR RAISING PLANT USING THE SAME achieved

Patent code P09A014759
Posted date Oct 30, 2009
Application number P2005-227460
Publication number P2006-075153A
Patent number P4706020
Date of filing Aug 5, 2005
Date of publication of application Mar 23, 2006
Date of registration Mar 25, 2011
Priority data
  • P2004-234027 (Aug 11, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)伊東 啓太郎
  • (In Japanese)原田 進
  • (In Japanese)高木 正三郎
  • (In Japanese)谷山 暁進
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title PLANTER BOX AND METHOD FOR RAISING PLANT USING THE SAME achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an inexpensive planter box easy to make and having water permeability and water-holding ability, and to provide a method for raising plants using the same.
SOLUTION: The planter box constructed using plaster 1 is provided. The plaster 1 is obtained by adding a glue plant, bittern, etc. to slaked lime followed by compounding the mixture with waste yarn, straw, clay, etc. and kneading the resultant mixture with water to effect fluidity and then pouring the fluid into a mold where the fluid is left to stand and solidified. When soil is put into the inside 2 of the planter box to raise a plant, the plaster 1 has water permeability and water-holding ability, being effective on the plant. Slaked lime as the essential component of the plaster 1 has the effect of a calcareous fertilizer. Further, various fertilizers and/or plant oil may be mixed into the plaster 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植栽枡とは、植物を育成するために土壌を入れる容器である。従来の植栽枡としては、陶器製の容器植栽枡、素焼き製の植栽枡、コンクリート製の植栽枡、プラスチック製の植栽枡、木製の植栽枡等がある。そして、植物育成法の一つに植栽枡を用いて育成する方法がある。



従来の植栽枡には、次のような問題点がある。陶器性の植栽枡には透水性、保水性が無く、破損した場合の修復が殆ど不可能で、かつ製造時に高温の火力を要し、加熱炉の関係で大型のものの製造が困難である。素焼き製の植栽枡は、陶器と同様に、破損した場合の修復が殆ど不可能で、かつ製造時に高温の火力を要し、加熱炉の関係で大型のものの製造が困難である。コンクリート製の植栽枡は、透水性、保水性がほとんどないという問題点がある。プラスチック製の植栽枡は、透水性、保水性がなく、破損した場合補修がほとんど不可能で、かつ耐候性に乏しい。また、木製の植栽枡には、耐久性に乏しいという問題点がある。そして、それぞれの植栽枡を用いた植物の育成においても、それぞれの植栽桝の持つ欠点が問題となる。



それぞれの欠点を改良するための工夫もなされており、例えば、通気性を有し軽量で土中での分解性にも優れた、コルク材を用いた植木鉢も提案されている。
【特許文献1】
特開2000-342073号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は植栽枡及びそれを用いた、草花、樹木、野菜等の植物の育成法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
漆喰を構成要素とすることを特徴とする植栽枡。

【請求項2】
 
漆喰が、土と消石灰を含有しており、土/消石灰の重量比が10/1~3/7であることを特徴とする請求項1記載の植栽枡。

【請求項3】
 
漆喰が、苦汁を含有することを特徴とする請求項1又は2記載の植栽枡。

【請求項4】
 
漆喰が、わらを含有することを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の植栽枡。

【請求項5】
 
漆喰が、肥料成分及び/または植物油を含有することを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の植栽枡。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の植栽枡を用いて、植物を育成することを特徴とする植物の育成法。

【請求項7】
 
土、消石灰、わらを別々に収納したパッケージを、必須として組合わせてなる植栽枡作成用キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005227460thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close