Top > Search of Japanese Patents > IMAGE ANALYZER, IMAGE ANALYTICAL METHOD, AND PROGRAM

IMAGE ANALYZER, IMAGE ANALYTICAL METHOD, AND PROGRAM

Patent code P09A014765
Posted date Oct 30, 2009
Application number P2006-106999
Publication number P2007-280151A
Patent number P4696245
Date of filing Apr 7, 2006
Date of publication of application Oct 25, 2007
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)山川 烈
  • (In Japanese)堀尾 恵一
  • (In Japanese)中島 英信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title IMAGE ANALYZER, IMAGE ANALYTICAL METHOD, AND PROGRAM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To analyze an image to monitor or to do likewise a proper portion in the picked-up image, while taking, in overall, knowledges in the present and in the past into consideration.
SOLUTION: This image analyzer/image analytical method includes: a frame image acquiring part 14 for acquiring a frame image sequentially; an image analytical part 16 for judging a marked position vector in the frame image acquired sequentially; and an analytical area judging part 18 for generating an analytical area for specifying an area in the frame image serving as an analytical object by the image analytical part 16, based on the marked position vector. The analytical area judging part 18 makes a coupling weight vector of a self-organization map for short period storage get near to a coupling weight vector of a self-organization map for long period storage, according to the lapse of time, while making at least one part of the coupling weight vector of the self-organization map for the short period storage get near to the marked position vector, based on the marked position vector.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


車両前方の歩行者を素早く確実に検知して、車両運転者に報知する各種システムが提案されている。例えば、下記特許文献1には、ステレオカメラからの画像に基づいて歩行者を検出して、それにより各種警報を行う歩行者検出装置が開示されている。
【特許文献1】
特開2005-228127号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は画像解析装置、画像解析方法及びプログラムに関し、特に画像中の解析対象箇所を判断する情報処理に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
画像を順次取得する画像取得手段と、
順次取得される前記画像中の注目位置ベクトルを判断する注目位置ベクトル判断手段と、
第1の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルを記憶する第1結合重みベクトル記憶手段と、
第2の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルを記憶する第2結合重みベクトル記憶手段と、
前記注目位置ベクトル判断手段により判断される前記画像中の注目位置ベクトルに基づき、前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該注目位置ベクトルに応じた少なくとも一部を該注目位置ベクトルに近づけつつ、時間経過に従って前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルを前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに近づける第1結合重みベクトル更新手段と、
前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに基づき、前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルを生成する第1出力ベクトル生成手段と、
前記第1出力ベクトル生成手段により生成される前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルに基づき、前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該出力ベクトルに応じた少なくとも一部を該出力ベクトルに近づける第2結合重みベクトル更新手段と、を含み、
前記画像のうち前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに応じた部分に対して所定の画像解析処理を行う、
ことを特徴とする画像解析装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の画像解析装置において、
第3の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルを記憶する第3結合重みベクトル記憶手段と、
前記第1出力ベクトル生成手段により生成される前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルに基づき、前記第3結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該出力ベクトルに応じた少なくとも一部を該出力ベクトルに近づける第3結合重みベクトル更新手段と、
前記第3結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに基づき、前記第3の自己組織化マップの出力ベクトルを生成する第3出力ベクトル生成手段と、をさらに含み、
前記第2結合重みベクトル更新手段は、前記第3出力ベクトル生成手段により生成される前記第3の自己組織化マップの出力ベクトルに基づき、前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該出力ベクトルに応じた少なくとも一部を該出力ベクトルに近づける、
ことを特徴とする画像解析装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2に記載の画像解析装置において、
前記所定の画像解析処理は、前記注目位置ベクトル判断手段による前記画像中の注目位置ベクトルを判断する処理である、
ことを特徴とする画像解析装置。

【請求項4】
 
請求項1乃至3のいずれかに記載の画像解析装置において、
前記注目位置ベクトル判断手段は、前記画像中の注目位置ベクトルとともに該注目位置ベクトルに関する重要度を判断し、
前記第1結合重みベクトル更新手段は、前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該注目位置ベクトルに応じた少なくとも一部を該注目位置とともに判断される重要度に応じて該注目位置ベクトルに近づける、
ことを特徴とする画像解析装置。

【請求項5】
 
請求項1乃至4のいずれかに記載の画像解析装置において、
前記第1出力ベクトル生成手段は、前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのそれぞれについて、周囲のユニットに対応する前記結合重みベクトルとの密集度を算出し、該密集度に応じて選択される前記結合重みベクトルを前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルとして生成する、
ことを特徴とする画像解析装置。

【請求項6】
 
画像を順次取得する画像取得ステップと、
順次取得される前記画像中の注目位置ベクトルを判断する注目位置ベクトル判断ステップと、
前記注目位置ベクトル判断ステップにより判断される前記画像中の注目位置ベクトルに基づき、第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される、第1の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルのうち、該注目位置ベクトルに応じた少なくとも一部を該注目位置ベクトルに近づけつつ、時間経過に従って前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルを、第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される、第2の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルに近づける第1結合重みベクトル更新ステップと、
前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに基づき、前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルを生成する第1出力ベクトル生成ステップと、
前記第1出力ベクトル生成ステップで生成される前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルに基づき、前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該出力ベクトルに応じた少なくとも一部を該出力ベクトルに近づける第2結合重みベクトル更新ステップと、を含み、
前記画像のうち前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに応じた部分に対して所定の画像解析処理を行う、
ことを特徴とする画像解析方法。

【請求項7】
 
画像を順次取得する画像取得手段、
順次取得される前記画像中の注目位置ベクトルを判断する注目位置ベクトル判断手段、
第1の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルを記憶する第1結合重みベクトル記憶手段、
第2の自己組織化マップの競合層に配置されたユニットにそれぞれ対応する複数の結合重みベクトルを記憶する第2結合重みベクトル記憶手段、
前記注目位置ベクトル判断手段により判断される前記画像中の注目位置ベクトルに基づき、前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該注目位置ベクトルに応じた少なくとも一部を該注目位置ベクトルに近づけつつ、時間経過に従って前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルを前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに近づける第1結合重みベクトル更新手段、
前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに基づき、前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルを生成する第1出力ベクトル生成手段、及び
前記第1出力ベクトル生成手段により生成される前記第1の自己組織化マップの出力ベクトルに基づき、前記第2結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルのうち該出力ベクトルに応じた少なくとも一部を該出力ベクトルに近づける第2結合重みベクトル更新手段としてコンピュータを機能させるとともに、
該コンピュータに、前記画像のうち前記第1結合重みベクトル記憶手段に記憶される前記複数の結合重みベクトルに応じた部分に対して所定の画像解析処理を行わせる、
ことを特徴とするプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006106999thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close