Top > Search of Japanese Patents > SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD

SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD achieved

Patent code P09A014768
Posted date Oct 30, 2009
Application number P2005-360789
Publication number P2007-166315A
Patent number P5103606
Date of filing Dec 14, 2005
Date of publication of application Jun 28, 2007
Date of registration Oct 12, 2012
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 寧
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title SIGNAL PROCESSOR AND SIGNAL PROCESSING METHOD achieved
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To extend the number of bits of an information signal and to prevent information from deteriorating.

SOLUTION: A signal from an input terminal 1 is supplied to a variable filter 3 through a prescribed delaying means 2 and is supplied to an operating means 5 through an optional lowpass filter 4, and a difference from an output of the variable filter 3 is calculated and supplied to a coefficient modifying means 6. A coefficient calculated by the coefficient modifying means 6 is supplied to the variable filter 3. In addition, the signal from the input terminal 1 is supplied to an operating means 9 through a prescribed delaying means 7 and a lower-order bit attaching circuit 8, and a difference from the output of the variable filter 3 is calculated. Then, the difference value is added to the output of the variable filter 3 by an addition circuit 11 through a weighting circuit 10 and taken out to an output terminal 12. Furthermore, the difference value from the operating means 9 is supplied to a limiter circuit 15 through a peak detection circuit 13 and a lowpass filter 14, a signal corresponding to a lower-order is eliminated and weighting is performed in the weighting circuit 10.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来の信号処理装置では、帰還形のフィルタを用いてノイズ低減等の処理を行うことが知られている(例えば、特許文献1、2参照。)。



また、量子化された信号に対して、帰還形のフィルタを用いてバンド幅を変換する装置も提案されているものである(例えば、特許文献3参照。)。



すなわち、従来から量子化された信号に対して、帰還形のフィルタを用いて処理を行う装置は知られているものである。

【特許文献1】米国特許6055318号公報

【特許文献2】米国特許6154547号公報

【特許文献3】米国特許3889108号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば量子化された音響信号のビット数を拡張する際に使用して好適な信号処理装置に関する。詳しくは、拡張されたビットによる高調波成分を遮断しつつ、良好なビット数の拡張が行われるようにしたものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
量子化された原信号のビット数を拡張する信号処理装置であって、
量子化された原信号のビット数を拡張すると共に、拡張されたビットによる高調波成分を遮断するフィルタ手段と、
前記フィルタ手段の出力を、前記原信号に対して拡張分の任意の下位ビットを追加した信号から減算する第1の演算手段と、
前記第1の演算手段の出力に対して前記量子化のサンプリングより長い時定数でピークの移動修正平均値を計算し、前記計算された移動修正平均値により前記第1の演算手段の出力の振幅を制限して、前記第1の演算手段の出力に乗算する第2の演算手段と
前記第2の演算手段の出力を前記フィルタ手段の出力に加算する第3の演算手段と、を備えることを特徴とする信号処理装置。

【請求項2】
 
前記フィルタ手段は、遅延手段を含む可変フィルタとその係数を制御する修正部から形成されており、
前記修正部は、前記量子化された原信号と前記原信号の傾向によって決定される外部信号が入力され、前記外部信号に応じて遮断周波数制御されるローパスフィルタの出力と、前記可変フィルタの出力との誤差εを計算する第4の演算手段を含み、前記第4の演算手段の出力である前記誤差εを最小とする修正アルゴリズムを用いて前記可変フィルタの係数の制御を行う
ことを特徴とする請求項1に記載の信号処理装置。

【請求項3】
 
前記原信号は音響信号を量子化した信号である、請求項1または2に記載の信号処理装置。

【請求項4】
 
前記原信号の傾向によって決定される外部信号とは、前記音響信号の会話と音楽の別、及び/または音楽のジャンルを示す信号である、請求項2または3に記載の信号処理装置。
Industrial division
  • Transmission circuit, antenna
  • Electric application devices
  • Electric application devices
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005360789thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close