Top > Search of Japanese Patents > COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME

COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons

Patent code P09P006876
File No. AF11P006
Posted date Nov 5, 2009
Application number P2009-055166
Publication number P2009-242386A
Patent number P4870182
Date of filing Mar 9, 2009
Date of publication of application Oct 22, 2009
Date of registration Nov 25, 2011
Priority data
  • P2008-061677 (Mar 11, 2008) JP
Inventor
  • (In Japanese)山田 鉄兵
  • (In Japanese)北川 宏
  • (In Japanese)重松 明仁
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title COORDINATION POLYMER USING PENTAERYTHRITOL DERIVATIVE AND METHOD FOR PRODUCING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new industrially usable coordination polymer and a method for producing the same.
SOLUTION: The coordination polymer comprises one metal element selected from copper, silver and cadmium and a ligand represented by formula (1) (wherein X is any one selected from a hydrogen atom, a halogen atom and an alkyl group) in which the ligand is bonded through the metal element.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


典型的な配位高分子は、金属イオンと配位子が交互に結合し、規則的に配置された細孔を有する化合物である。このような配位高分子は、細孔内に取り込んだゲスト分子とフレームワークとの相互作用により、ゲスト分子を特異的に吸着したり、ゲスト分子の変換の触媒として機能することが期待されている(たとえば特許文献1)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ペンタエリトリトール誘導体を用いた配位高分子およびその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
銅、銀およびカドミウムから選ばれるいずれか1つの金属元素と、以下の式(1)で表される配位子とを含み、
前記配位子が前記金属元素を介して連結されている配位高分子。
【化1】
 


[式(1)中、Xは、水素原子、ハロゲン原子およびアルキル基から選ばれるいずれか1つを示す。]

【請求項2】
 
前記Xが水素原子である、請求項1に記載の配位高分子。

【請求項3】
 
前記配位子の4つの含窒素芳香環は、窒素原子に対する前記Xの置換位置および窒素原子に対する炭素-酸素結合の位置がすべて同じである、請求項1または2に記載の配位高分子。

【請求項4】
 
前記配位子が、テトラキス(3-ピリジルオキシメチレン)メタンまたはテトラキス(4-ピリジルオキシメチレン)メタンである、請求項1に記載の配位高分子。

【請求項5】
 
銅、銀およびカドミウムから選ばれるいずれか1つの金属元素と、以下の式(1)で表される化合物とを、液体中で反応させる工程を含む、配位高分子の製造方法。
【化2】
 


[式(1)中、Xは、水素原子、ハロゲン原子およびアルキル基から選ばれるいずれか1つを示す。]

【請求項6】
 
前記Xが水素原子である、請求項5に記載の製造方法。

【請求項7】
 
前記配位子の4つの含窒素芳香環は、窒素原子に対する前記Xの置換位置および窒素原子に対する炭素-酸素結合の位置がすべて同じである、請求項5または6に記載の製造方法。

【請求項8】
 
前記配位子が、テトラキス(3-ピリジルオキシメチレン)メタンまたはテトラキス(4-ピリジルオキシメチレン)メタンである、請求項5に記載の製造方法。

【請求項9】
 
前記工程は、
(i)前記金属元素が溶解している第1の溶液と、前記化合物が溶解している第2の溶液とを調製する工程と、
(ii)前記第1および第2の溶液を、前記金属元素および前記化合物が溶解可能な溶媒に接触させる工程とを含む、請求項5~8のいずれか1項に記載の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

24278_19SUM.gif
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) CREST Development of the Foundation for Nano-Interface Technology AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close