Top > Search of Japanese Patents > NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION METHOD USING MAGNETIC BODY AND NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION DEVICE USING IT

NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION METHOD USING MAGNETIC BODY AND NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION DEVICE USING IT meetings

Patent code P09A014778
Posted date Nov 5, 2009
Application number P2006-211230
Publication number P2008-042995A
Patent number P4940428
Date of filing Aug 2, 2006
Date of publication of application Feb 21, 2008
Date of registration Mar 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)小森 望充
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION METHOD USING MAGNETIC BODY AND NON-CONTACT MAGNETIC LEVITATION DEVICE USING IT meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a non-contact magnetic levitation method using a magnetic body which controls mutual reaction force and attenuation force against vibration by singly using magnetism generation elements arranged in a fixed body and a levitation body each having magnetism, or by combining the elements, and to provide a non-contact magnetic levitation device using it.

SOLUTION: In the non-contact magnetic levitation method and the device 10 using it for levitating the levitation body 12a by oppositely arranging the fixed body 11 and the levitation body 12a each having magnetism, and by using mutually-acting magnetic force, the fixed body 11 and the levitation body 12a are constituted by singly arranging the magnetism generation element having one or two magnetic poles or more, or by arranging the elements by combining them, and a magnetic spring constant K against the displacement of the levitation body 12a with respect to the fixed body 11 and an attenuation coefficient C against vibration are controlled so as to be in prescribed ranges.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


磁性体を用いた非接触磁気浮上方法は、機械軸受の代替、電力の貯蔵フライホールの浮上、搬送物体の浮上、リニアモータ等の分野で使用されている。これらの従来技術については、例えば、特許文献1(超電導体磁石装置)、特許文献2(超電導磁気浮上装置並びにその超電導体の磁化方法)等がある。




【特許文献1】特開平11-74114号公報

【特許文献2】特開平8-288124号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、永久磁石又は超電導磁石を用い、物体が平面上を浮上、又は物体(軸)が軸受内で隙間を有して回転する磁性体を用いた非接触磁気浮上方法及びこれを用いた非接触磁気浮上装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
それぞれ磁性を有する固定体と浮上体を対向配置し相互に働く磁気力によって前記浮上体を浮上させる非接触磁気浮上方法において、
前記固定体及び前記浮上体は、それぞれ1又は2以上の磁極を有する磁気発生要素を単独で又は組み合わせて配置し、前記固定体の前記磁気発生要素によって発生する磁束と同一磁場方向又は逆向き磁場方向になるように、前記浮上体の磁気発生要素の磁化状態を静磁場着磁法若しくはパルス磁場着磁法により変えて、又は、前記固定体の磁気発生要素の磁化状態を静磁場着磁法若しくはパルス磁場着磁法により変えて、前記固定体に対する前記浮上体の磁気ばね定数Kと、振動に対する減衰係数Cを調整し、しかも、前記磁気発生要素は、それぞれ対向する面に磁極を有する複数の永久磁石、永久磁石と超電導磁石の組み合わせ、又は複数の超電導磁石からなることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の非接触磁気浮上方法において、前記磁気発生要素は、一つの磁極面にNS2つの極性を有することを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体及び前記浮上体のいずれか一方又は双方は一つの分離不可分の剛体からなることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項4】
 
請求項1又は2記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体及び前記浮上体の磁気発生要素は、それぞれ独立に着磁されていることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記浮上体は回転体であり、前記固定体及び前記浮上体の磁気発生要素は、前記回転体の回転中心を基準に軸対称に配置されていることを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項6】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記浮上体は、前記固定体の上を横移動することを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか1項に記載の非接触磁気浮上方法において、前記固定体と前記浮上体の間に良導体を配置したことを特徴とする磁性体を用いた非接触磁気浮上方法。

【請求項8】
 
請求項1~7のいずれか1項に記載の磁性体を用いた非接触磁気浮上方法を使用した磁性体を用いた非接触磁気浮上装置。
Industrial division
  • (In Japanese)発電、電動
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006211230thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close