Top > Search of Japanese Patents > DATA PROCESSING DEVICE AND METHOD

DATA PROCESSING DEVICE AND METHOD meetings

Patent code P09A014791
Posted date Nov 13, 2009
Application number P2006-240739
Publication number P2008-065477A
Patent number P5130516
Date of filing Sep 5, 2006
Date of publication of application Mar 21, 2008
Date of registration Nov 16, 2012
Inventor
  • (In Japanese)山川 烈
  • (In Japanese)堀尾 恵一
  • (In Japanese)田中 隆博
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title DATA PROCESSING DEVICE AND METHOD meetings
Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a data processing device and a method obtaining data group for predetermined evaluation and correlation between those data from learning data and its evaluation.

SOLUTION: A data processing device 20 includes a reference data storage part 23 for storing a plurality of reference data, a coupling strength storage part 24 for storing the coupling strength for each of the combinations of the reference data, a reference data update part 21 for approximating or isolating at least a part of a plurality of the reference data to/from the given learning data according to evaluation of the learning data, and a coupling strength update part 22 for selecting at least one of the combinations for the reference data, according to similarity to the learning data, and also updating the coupling strength of the combination of the reference data according to an evaluation to the learning data.

Outline of related art and contending technology (In Japanese)


下記特許文献1には、入力データ及び出力データのペアからなる学習データを、その学習データに対する評価とともに自己組織化関係(Self-Organizing Relationship: SOR)ネットワークに入力することにより、望ましい入出力データ対の集合を構築する手法が開示されている。



また、下記非特許文献1には、ネットワークの位相構造を学習により自己組織的に構築し、入力データ集合の位相構造をグラフで表現する手法、いわゆる位相表現回路網(Topology Representing Network: TRN)が開示されている。

【特許文献1】特開2000-122991号公報

【非特許文献1】「位相表現回路網(Topology RepresentingNetwork)」,T.マルチネス(Martinetz)及びK.シュルテン(Schulten),ニューラルネットワークス,Vol.7,No.3,507-522頁,1994年

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はデータ処理装置及び方法に関し、特に学習データを用いて所期のデータ集合を構築するデータ処理装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
それぞれ入力データ及び出力データを含んで構成される複数の参照データを記憶する参照データ記憶手段と、
前記参照データの各組み合わせの結合強度を記憶する結合強度記憶手段と、
前記複数の参照データの少なくとも一部を、入力データ及び出力データを含んで構成される所与の学習データに対し、該学習データに対する評価に応じて接近させ又は離間させる参照データ更新手段と、
前記学習データとの類似度に応じて、少なくとも一つの前記参照データの組み合わせを選出する組み合わせ選出手段と、
前記組み合わせ選出手段により選出される前記参照データの組み合わせの結合強度を、前記学習データに対する評価に応じて更新する結合強度更新手段と、
前記参照データの各組み合わせの結合強度に基づいて、前記複数の参照データを分類する参照データ分類手段と、
前記参照データ分類手段による分類ごとに、該分類に属する前記各参照データに含まれる入力データと所与の入力データとの類似度と、該分類に属する前記各参照データに含まれる出力データと、に基づいて、出力データを生成・出力するデータ出力手段と、
を含むことを特徴とするデータ処理装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載のデータ処理装置において、
前記組み合わせ選出手段は、前記参照データの各組み合わせの補間データと前記学習データとに基づいて前記類似度を算出する、
ことを特徴とするデータ処理装置。

【請求項3】
 
請求項1又は2のいずれかに記載のデータ処理装置において、
前記結合強度更新手段は、前記組み合わせ選出手段により選出される前記参照データの組み合わせの結合強度を、該組み合わせと前記学習データとの類似度に応じた量だけ更新する、
ことを特徴とするデータ処理装置。

【請求項4】
 
入力データ及び出力データを含んで構成される学習データ及び該学習データに対する評価の入力を受け付けるステップと、
それぞれ入力データ及び出力データを含んで構成される複数の参照データの少なくとも一部を、入力される前記学習データに対し、該学習データに対する評価に応じて接近させ又は離間させるステップと、
入力される前記学習データとの類似度に応じて、少なくとも一つの前記参照データの組み合わせを選出するステップと、
選出される前記参照データの組み合わせの結合強度を、入力される学習データに対する評価に応じて更新するステップと、
前記参照データの各組み合わせの結合強度に基づいて、前記複数の参照データを分類するステップと、
前記分類するステップによる分類ごとに、該分類に属する前記各参照データに含まれる入力データと所与の入力データとの類似度と、該分類に属する前記各参照データに含まれる出力データと、に基づいて、出力データを生成・出力するステップと、
を含むことを特徴とするデータ処理方法。
Industrial division
  • Computation controlling device
  • Industrial robot
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006240739thum.jpg
State of application right Right is in force
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close