Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料

(In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料 achieved foreign

Patent code P09A014799
Posted date Nov 13, 2009
Application number P2006-531335
Patent number P3975278
Date of filing Jul 7, 2005
Date of registration Jun 29, 2007
International application number JP2005012541
International publication number WO2006016455
Date of international filing Jul 7, 2005
Date of international publication Feb 16, 2006
Priority data
  • P2004-233137 (Aug 10, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)森口 哲次
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title (In Japanese)ユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料 achieved foreign
Abstract (In Japanese)紫外線照射で安定に赤色発光を示す新規なユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料を提供する。
ユーロピウムジケトンキレート化合物は、下記式(1)で示される。蛍光材料は、ユーロピウムジケトンキレート化合物を含有する。
【化1】
 



式(1)
式中、Xはヘテロ環カチオン性ポリマー、カチオン性オリゴマー又は置換基を有するカチオン性ヘテロ芳香族化合物であり、R1は芳香族化合物基又は二重結合を複数含む複素環化合物基であり、Zは水素原子又は肪族若しくは脂環式化合物の置換基である。
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


現在、有機EL、エネルギー変換素子或いは表示素子等に様々な発光物質が用いられている。これらの発光物質は、有価証券偽造防止手段、接着表面検査手段、更には微量物質検知手段等にも用いられている。



上記発光物質は、有価証券偽造防止手段等の用途においては、見た目は目立たず或いは無色であって、検査時等に光を当てることで発色して容易に目視できるものであることが望まれる。



このような発光物質として、従来、赤色を呈する有機材料が知られている。しかしながら、従来の赤色発光有機材料は、見た目に色を有するものがほとんどである。



この課題に鑑み、赤色発光有機材料としてユーロビウム(Eu)錯体を含む化合物を用いる方法が開示されている。
例えば、テトラ-n-ブチルアンモニウム塩を対イオンに有するテトラ4,4,4-トリフルオロ-1-(2-チエニル)-1,3ブタンチオナートユーロビウム錯体からなる蛍光材料を用いたインクジェット用記録液が提案されている(特許文献1参照。)。
この記録液は、可視光のもとでは無色であり254~365nmの波長の紫外線のもとで600~650nm波長の赤色を呈し、発光強度が大きく、耐光性に優れるとされている。



また、トリフルオロ-フェニルブタンジオンを配位子とするユーロビウム錯体を含有する紫外線発光糊が提案されている(特許文献2参照。)。
この紫外線発光糊は、見た目は無色のまま、紫外線照射により発光することで糊の有無の視認性に優れるとされている。



また、ユーロピウムジケトンキレート化合物の合成とそれら化合物の物性値についての報告もあり、その中でこれら化合物が強い赤色発光を呈することが開示されている(非特許文献1参照。)。
【特許文献1】
特開平8-239609号公報
【特許文献2】
特開2004-115559号公報
【非特許文献1】
論文:Susumu Sato etal,Some Properties of Europium β-diketone Chelates I(Synthesis and Fluorescent Properties),Japanese Journal of AppliedPhysics,Vol.7,No.1,pp.7-13,January(1968).

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はユーロピウムジケトンキレート化合物及びそれを用いた蛍光材料に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物を含有することを特徴とする蛍光材料。
【化1】
 


式(1)
(式中、Xはヘテロ環カチオン性ポリマー、カチオン性オリゴマーであり、R1は芳香族化合物基又は二重結合を複数含む複素環化合物基であり、Zは水素原子又は脂肪族若しくは脂環式化合物の置換基である)

【請求項2】
 
前記式(1)中、Xがポリビニルピリジニウム又はポリピロールカチオンであることを特徴とする請求項1記載の蛍光材料。

【請求項3】
 
下記式(3)又は記式(4)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物を含有することを特徴とする蛍光材料。
【化3】
 


式(3)
【化4】
 


式(4)
(式中、Xはヘテロ環カチオン性ポリマー、カチオン性オリゴマー又は置換基を有するカチオン性ヘテロ芳香族化合物であり、R1は芳香族化合物基、架橋芳香族基、又は二重結合を複数含む複素環化合物基であり、Zは水素原子又は脂肪族若しくは脂環式化合物の置換基であり、アニオンがリンカーRによって結合したユーロピウムジケトンキレートの2核体である)

【請求項4】
 
前記式(3)又は式(4)中、R1が芳香族化合物基、架橋芳香族基、又は二重結合を複数含む複素環化合物基に代えて、アルキル基又はアルコキシ基であることを特徴とする請求項3記載の蛍光材料。

【請求項5】
 
前記リンカーRが下記式(5)、式(6)又は式(7)で示されることを特徴とする請求項3記載の蛍光材料。
【化5】
 


式(5)
【化6】
 


式(6)
【化7】
 


式(7)

【請求項6】
 
下記式(8)で示されるユーロピウムジケトンキレート化合物を含有することを特徴とする蛍光材料。
【化8】
 


式(8)
(式中、Xn+はn価のカチオン性ポリマーであり、Arは任意の置換芳香族基、縮環芳香族基又はヘテロ環芳香族基であり、Zは水素原子又は脂肪族若しくは脂環式化合物の置換基である)

【請求項7】
 
Xn+がポリビニルピリジニウム又はポリピロールカチオンであることを特徴とする請求項6記載の蛍光材料。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

24313_27SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close