Top > Search of Japanese Patents > LIP FORCE MEASURING INSTRUMENT

LIP FORCE MEASURING INSTRUMENT meetings achieved

Patent code P09A014813
Posted date Nov 13, 2009
Application number P2007-057876
Publication number P2008-212576A
Patent number P4554630
Date of filing Mar 7, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Jul 23, 2010
Inventor
  • (In Japanese)増田 裕次
Applicant
  • (In Japanese)学校法人松本歯科大学
Title LIP FORCE MEASURING INSTRUMENT meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lip force measuring instrument having a simple constitution and capable of accurately and finely measuring a lip force in the lip force measuring instrument for measuring the lip force multidirectionally.
SOLUTION: This lip force measuring instrument for measuring the lip force is provided with a plurality of displacement parts being held in the mouth and displacing according to the displacement of the lip, and detection parts provided in the respective displacement parts and detecting the displacement of the displacement parts, and is characterized in detecting the lip force multidirectionally.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

口の中の食べ物をこぼさず、上手に噛むためには、口唇の閉鎖が機能的に行なわれる必要がある。また、食べ物を飲み込む時には口唇が閉鎖されていないと、食べ物をうまく飲み込むことができない。

さらに、最近では口の開いた子供が増えており、口呼吸することなどが問題と言われている。また、口唇の力が弱いといわゆる出歯になるともいわれている。

このように、口唇力は咀嚼や発音時に重要な役割を担っている。

さらに近年、口唇力が正常に営まれることは顎顔面頭蓋、歯列および舌などの口腔器官の成長発達と深い関係があることが報告されている。しかし、口唇力は上下の口唇に存在する口輸筋とこれに協働して働く口裂周囲の筋肉の収縮により起こる多様な運動のため、科学的に裏付けされた評価法が確立していなかった。

口唇力測定装置としては、上口唇に当接する上唇当接部と、下口唇に当接する下唇当接部との間に弾性体と感圧記録紙とを配置し、口唇力を弾性体を介して感圧記録紙に印加し、感圧記録紙に弾性体の変形量を記録することにより口唇力を測定する装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開平2003-116823号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は口唇力測定装置に係り、特に、口唇力を多方向から測定する口唇力測定装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
口唇力を測定する口唇力測定装置であって、
ホルダと、
前記ホルダに一端が固定され、他端が前記口唇に咥えられて、前記口唇から受ける力に応じて各々撓むことにより、前記他端が前記ホルダを中心として放射状又は求心状に弾性変形する、複数の弾性を有する板材と、
前記板材の前記一端を前記ホルダに固定する固定部の近傍で前記板材の各々と前記ホルダとの間に設けられ、前記板材撓みに応じて前記口唇から受ける力を測定する測定手段とを有し、
前記口唇から受ける力を複数部位で検出する口唇力測定装置。

【請求項2】
 
前記板材は8本あり、前記ホルダに固定される前記板材の各々の前記他端は、正八角形の頂点に位置するように配列される、請求項1に記載の口唇力測定装置。

【請求項3】
 
前記測定手段は、前記板材の歪みを検出する歪み計から構成されている請求項1記載の口唇力測定装置。

【請求項4】
 
前記測定手段は、前記板材にかかる圧力を検出する感圧センサから構成されている請求項1記載の口唇力測定装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007057876thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close