Top > Search of Japanese Patents > OPTICAL FIBER CORD BENT PART AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME

OPTICAL FIBER CORD BENT PART AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME commons

Patent code P09P006335
File No. BE064P03
Posted date Nov 13, 2009
Application number P2008-106701
Publication number P2009-258350A
Patent number P4831780
Date of filing Apr 16, 2008
Date of publication of application Nov 5, 2009
Date of registration Sep 30, 2011
Inventor
  • (In Japanese)小池 康博
  • (In Japanese)高橋 聡
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title OPTICAL FIBER CORD BENT PART AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To easily bend a dual-core POF cord with a constant radius of curvature in the arrayed plane of POF fibers.
SOLUTION: Cutting line indication marks 25 and 26 are provided to the POF cord 10 which is constituted by arraying two POF fibers 11 and 12 in parallel and coating them with a second coating layer 21. A cutting line 33 is formed on the second coating layer 21 with a cutter by using the cutting line indication mark 25 as a reference. The dual-core POF cord 10 is partially made into separated POF cords 10a and 10b of single-core POF cord state by the cutting line 33. The dual-core POF cord 10 is bent at the cut part in the arrayed plane of the POF fibers 11 and 12. The outside cut POF cord 10b, which becomes the outer side when bent, is superposed on the inside cut POF cord 10a which becomes the inner side when bent in the direction crossing the arrayed plane, and the fixed radius of curvature is formed. The radius of curvature does not become small due to the bending of the inner side POF fiber 12; and the transmission loss due to the bending is suppressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


大容量の情報を伝送する伝送媒体として光ファイバが知られている。光ファイバは、屋内や構内などの短距離の光通信から、国間や都市間を結ぶ長距離の光通信まで広く用いられている。



屋内や構内などの短距離の光通信に用いられる場合には、光ファイバは、光ファイバ素線に被覆を施して機械的強度を増加させた光ファイバコードの形態で配線される。この光ファイバコードの端部には光コネクタが取り付けられ、この光コネクタを介して他の光ファイバコードや他の機器に光ファイバコードが着脱自在に取り付けられる。光コネクタには、光ファイバコードの終端に取り付けられる光プラグ、送信回路または受信回路との接続を行うリセプタクル、光プラグ同士を接続するアダプタなどがある。



屋内や構内などの短距離の光通信に用いられる場合には、例えば特許文献1に開示されているように、光ファイバ素線にはプラスチック光ファイバ(以下、単にPOFと称する)が多く用いられる。POF素線は、コアとクラッドが共にプラスチックで形成されている。POF素線は、石英系光ファイバと比較して、伝送損失がやや大きいものの、端末加工容易性、周辺機器との接続容易性、低価格等のメリットを有している。
【特許文献1】
特開2006-139209号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、複数の光ファイバ素線を並列に並べて被覆部で被覆した光ファイバコードを用いて並列面内で折り曲げた光ファイバコード折曲部及びその製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の光ファイバ素線を並列に並べて被覆部により被覆してなる光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面内で折り曲げてなる光ファイバコード折曲部の製造方法において、
前記光ファイバコードの折曲対象位置に、前記複数の光ファイバ素線を並列方向に分断する分断線を前記光ファイバ素線の間の被覆部に前記光ファイバ素線に平行に入れる分断線形成工程と、
前記分断線形成工程で分断された部位で前記光ファイバ素線の並列面内で前記光ファイバコードを折り曲げて、各分断線で分断された分断光ファイバコードの内、折り曲げ時に内側となる内側光ファイバコードに対して、折り曲げ時に外側となる外側光ファイバコードを前記並列面内に交差する方向で重ねる重ね折り曲げ工程とを有し、
前記光ファイバコードの外表面に、前記分断線を形成するために、分断線の長さを表示するための分断線表示マークが形成されていることを特徴とする光ファイバコード折曲部の製造方法。

【請求項2】
 
前記折り曲げ工程における折曲部の最小曲率半径に対応させて前記分断線表示マークの分断線長さが決定されていることを特徴とする請求項1記載の光ファイバコード折曲部の製造方法。

【請求項3】
 
前記折曲部の曲率半径を複数としたときに、前記複数分の曲率半径に対応させて各分断線表示マークの分断線長さが形成されていることを特徴とする請求項2記載の光ファイバコード折曲部の製造方法。

【請求項4】
 
前記折曲部の曲率半径からなる円周の四分の一の長さに、前記光ファイバ素線の並列方向における前記光ファイバコードの長さを加えた長さを、前記分断線長さとすることを特徴とする請求項1から3いずれか1項記載の光ファイバコード折曲部の製造方法。

【請求項5】
 
複数の光ファイバ素線を並列に並べて被覆部により被覆してなる光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面内で折り曲げてなる光ファイバコード折曲部の製造方法において、
前記光ファイバコードの折曲対象位置に、前記複数の光ファイバ素線を並列方向に分断する分断線を前記光ファイバ素線の間の被覆部に前記光ファイバ素線に平行に入れる分断線形成工程と、
前記分断線形成工程で分断された部位で前記光ファイバ素線の並列面内で前記光ファイバコードを折り曲げて、各分断線で分断された分断光ファイバコードの内、折り曲げ時に内側となる内側光ファイバコードに対して、折り曲げ時に外側となる外側光ファイバコードを前記並列面内に交差する方向で重ねる重ね折り曲げ工程とを有し、
前記折曲部の曲率半径からなる円周の四分の一の長さに、前記光ファイバ素線の並列方向における前記光ファイバコードの長さを加えた長さを、前記分断線長さとすることを特徴とする光ファイバコード折曲部の製造方法。

【請求項6】
 
複数の光ファイバ素線を並列に並べて被覆部により被覆してなる光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面内で折り曲げてなる光ファイバコード折曲部において、
前記光ファイバコードの前記複数の光ファイバ素線の間で、各光ファイバ素線を並列方向で分離するために、前記各光ファイバ素線の間で前記被覆部に入れられる分断線と、
前記分断線で分断された各分断光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面に交差する方向で重ねて、前記光ファイバコードを前記並列面内で折り曲げ可能にする重ね折曲部と、
前記光ファイバコードの外表面に形成され、前記分断線の形成長さを表示するための分断線表示マークとを備えることを特徴とする光ファイバコード折曲部。

【請求項7】
 
前記分断線表示マークの分断線長さは、前記折曲部の最小曲率半径に対応して決定されていることを特徴とする請求項6記載の光ファイバコード折曲部。

【請求項8】
 
前記重ね折曲部の曲率半径を複数としたときに、前記複数分の曲率半径に対応させて前記分断線表示マークの分断線長さが形成されていることを特徴とする請求項6または7記載の光ファイバコード折曲部。

【請求項9】
 
前記折曲部の曲率半径からなる円周の四分の一の長さに、前記光ファイバ素線の並列方向における前記光ファイバコードの長さを加えた長さを、前記分断線長さとすることを特徴とする請求項6から8いずれか1項記載の光ファイバコード折曲部。

【請求項10】
 
複数の光ファイバ素線を並列に並べて被覆部により被覆してなる光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面内で折り曲げてなる光ファイバコード折曲部において、
前記光ファイバコードの前記複数の光ファイバ素線の間で、各光ファイバ素線を並列方向で分離するために、前記各光ファイバ素線の間で前記被覆部に入れられる分断線と、
前記分断線で分断された各分断光ファイバコードを前記光ファイバ素線の並列面に交差する方向で重ねて、前記光ファイバコードを前記並列面内で折り曲げ可能にする重ね折曲部とを備え、
前記折曲部の曲率半径からなる円周の四分の一の長さに、前記光ファイバ素線の並列方向における前記光ファイバコードの長さを加えた長さを、前記分断線長さとすることを特徴とする光ファイバコード折曲部。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008106701thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO/SORST Photonics polymer for "Fiber To The Display" AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close