Top > Search of Japanese Patents > IMAGE SIGNAL PROCESSING METHOD

IMAGE SIGNAL PROCESSING METHOD

Patent code P09A014825
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2006-327570
Publication number P2007-116731A
Patent number P3955910
Date of filing Dec 4, 2006
Date of publication of application May 10, 2007
Date of registration May 18, 2007
Inventor
  • (In Japanese)近藤 浩
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title IMAGE SIGNAL PROCESSING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image signal processing method for significantly increasing the compression rate, without causing a defect to the image quality, when producing a compressed image.
SOLUTION: The image signal processing method includes a first step of extracting the pixels at the same position of each block in original image signals, comprising consecutive blocks each comprising N×N pixels to be divided into a plurality of images, comprising a first image, a second image, ..., an n-th image; a second step of detecting an edge position from the first image among the divided images in the first step of acquiring its edge positional information; and a third step of acquiring the pixel values of the pixels of the other respective images than the first image, corresponding to the edge positional information acquired in the second step among the divided images in the first step.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、デジタル画像の普及は、目を見張るものがあり、携帯電話、インターネット等で1日に送信される画像は膨大な情報量となる。この送受信をストレスなく行うため種々の画像圧縮符号化法が開発された。



これらをまとめて世界標準としたのが、静止画ではJPEG(特許文献1)、動画ではMPEGである。これらは安定性、効率の観点から選ばれたもので複数の手法を組み合わせたものである。このうち最も多用されている手法がDCT・サブブロック符号化法である。



これは殆どのデジタルカメラに内蔵されており、圧縮効率も高く安定性に優れた手法である。



しかしこれは圧縮率を上げると不自然なノイズブロックが現れる。このデジタル特有の劣化は視覚的に大きな画質障害となる。
【特許文献1】
米国特許第4698672号

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、画像信号処理方法に関し、詳しくは画像障害を起こすことなく画像圧縮率を上げる画像信号処理方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2以上の自然数であるNに対してN×N画素の引き続くブロックからなる入力された原画像信号を各ブロックの同一画素を取り出して第1の画像、第2の画像・・・第nの画像(n=N2からなる複数の画像に分解し、複数の分解画像を取得する第1の工程と、
前記第1の工程で取得した複数の分解画像のうち、第1の画像からエッジ位置を検出し、そのエッジ位置情報を取得する第2の工程と、
前記第1の工程で取得した複数の分解画像のうち、第1の画像以外の複数の分解画像から前記第2の工程取得したエッジ位置情報と同一位置の画素値である前記N×N画素のブロックから抽出した画素値をそれぞれ得て、エッジ位置に対応する画素値を取得する第3の工程とを有することを特徴とする画像信号処理方法。

【請求項2】
 
2以上の自然数であるNに対してN×N画素の引き続くブロックからなる入力された原画像信号を各ブロックの同一画素を取り出して第1の画像、第2の画像・・・第nの画像(n=N2からなる複数の画像に分解し、複数の分解画像を取得する第1の工程と、
前記第1の工程で取得した複数の分解画像のうち、第1の画像からエッジ位置を検出し、そのエッジ位置情報を取得する第2の工程と、
前記第1の工程で取得した複数の分解画像のうち、第1の画像以外の複数の分解画像から前記第2の工程で取得したエッジ位置情報と同一位置の画素値である前記N×N画素のブロックから抽出した画素値をそれぞれ得て、エッジ位置に対応する画素値を取得する第3の工程と、
前記第1の工程で取得した複数の分解画像のうち、第1の画像から前記第1の画像以外の複数の分解画像のエッジ位置情報に対応する画素の推定画素値をそれぞれ推定算出し、エッジ位置に対応する推定画素値を取得する第4の工程と、
前記第4の工程で取得したエッジ位置に対応する推定画素値と、前記第3の工程で取得したエッジ位置に対応する画素値との差分を算出し、エッジ位置に対応する差分値を取得する第5の工程とを有することを特徴とする画像信号処理方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close