Top > Search of Japanese Patents > MOTION EXPRESSION METHOD AND MOTION RECOGNITION METHOD FOR MOVING OBJECT

MOTION EXPRESSION METHOD AND MOTION RECOGNITION METHOD FOR MOVING OBJECT achieved

Patent code P09A014828
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2006-355662
Publication number P2008-165578A
Patent number P4929460
Date of filing Dec 28, 2006
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Feb 24, 2012
Inventor
  • (In Japanese)石川 聖二
  • (In Japanese)タン ジュークイ
  • (In Japanese)緒方 健人
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title MOTION EXPRESSION METHOD AND MOTION RECOGNITION METHOD FOR MOVING OBJECT achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for expressing the motion of a person or the like in a video used to be difficult in a conventional method and a method for recognizing the motion using this method.
SOLUTION: This motion expression method recognition method includes calculating (generating) the moving vector of a moving object from two continuous images (video input) of input time-sequential images, and decomposing the moving vector components (moving vector) into a plurality of types of images expressing only movements in a plurality of different directions, and forming (generating) overlapped images by independently weighting the plurality of types of images in time-axial directions, and extracting featured vectors (featured values) from the overlapped images, and recognizing the operation of a moving object by carrying out the pattern matching of the featured vectors and the featured vectors of a template image prepared in advance before recognition.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、人物などの動作認識のための動作表現方法の一つとして、例えば、特許文献1または非特許文献1には、一定期間の動き情報を重ねて表現するモーションヒストリーイメージ法(以下、単に「MHI」いう)が提案されている。これは、対象となる動体の複数の画像から動体動作を認識する場合に、新しい画像ほど明るく、過去の画像ほど暗く表示し、時系列画像として表現される人物(動体)の動きを二次元画像に圧縮する表現方法である。即ち、一定期間の時系列画像から動いている部分を抽出し、重みを付け重ね合わせた画像で表現する方法であり、この重ね合わせ画像は、得られた時系列画像の連続する2枚の画像を差分し、画素値の変化があった部分を閾値処理によって抽出し、抽出した部分にある値を持たせ、それ以外の部分は現在の重みが0以上であれば1減らすことを繰り返すことによって得られる。
そして、これらの画像の動作認識にあっては、認識したい動作を行う人物などを含む画像から以上の方法によって求められた画像と、予め取得していた動作のテンプレート画像(即ち、学習画像)とのパターンマッチングを行って、該当人物の動作認識を行っている。



【特許文献1】
米国特許第6654483号公報
【非特許文献1】
エー・エフ・ボビック(A.F. Bobick)とジェイ・ダブル・ダビス(J.W. Davis)著、「テンポラルテンプレートを用いた人の動作認識(The Recognition of Human Movement Using Temporal Templates)」、IEEE Transactions on Pattern Analysis and Machine Intelligence(PAMI)、Vol.23、No.3、2001年、p.257-267

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、カメラによって撮像された映像、動画像に映る人物などの動きの画像をコンピュータによって自動で認識する動体の動作認識方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
入力された時系列画像の連続する2枚の画像から動体の動きベクトルを計算し、この動きベクトル成分を異なる複数方向にそれぞれ動きのみを表現する複数種類の画像に分解し、該複数種類の画像をそれぞれ独立して時間軸方向に重みを付けて重ね合わせ画像を形成する工程1と、
前記工程1によって得られた前記重ね合わせ画像から特徴量を抽出し、認識を行う前に予め用意していたテンプレート画像の特徴量とのユークリッド距離を計算することによって行うパターンマッチングによって、前記動体の動作を認識する工程2とを有し、
しかも、前記テンプレート画像は、既知の動作を行う動体を含む映像から前記工程1の方法によって得られる重ね合わせ画像からなり、前記異なる複数方向は、前記動きベクトルの画像に対して上下左右の4方向であることを特徴とする動体の動作認識方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006355662thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close