Top > Search of Japanese Patents > MOTION CAPTURING METHOD

MOTION CAPTURING METHOD meetings

Patent code P09A014829
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2006-355681
Publication number P2008-165580A
Patent number P4934810
Date of filing Dec 28, 2006
Date of publication of application Jul 17, 2008
Date of registration Mar 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)石川 聖二
  • (In Japanese)タン ジュークイ
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title MOTION CAPTURING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a motion capturing method for automatically and quickly reproducing the three-dimensional motion from the two-dimensional motion image of a target moving object acquired by an image input means regardless of an observing direction.
SOLUTION: This motion capturing method for reproducing the three-dimensional motion of the target moving object from the two-dimensional motion image of the moving object acquired by an image input means comprises: an inherent space data preparation process for preparing inherent space data A in which each frame image data A of the basic motion of the moving object are displayed with dots, and for integrating the data into a database for every basic motion of the moving object in advance; a tree structure preparation step for decomposing and structuring the inherent space data A into the tree structure group for every information stored by the basic motion of the moving object; and a discrimination process for comparing inherent space data B of the motion of the object moving object to be discriminated with the inherent space data A structured by the tree structure preparation means, and for selecting the inherent space data A whose distance from the inherent space data B is the shortest, and for specifying the three-dimensional motion of the object moving object.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、人の動作を測定し、その立体モデルを造る技術として、モーションキャプチャ方法がある。
このモーションキャプチャ方法としては、例えば、機械式方法、磁気式方法、および光学式方法が主要な方法として挙げられる(例えば、特許文献1~4参照)。
中でも、光学式方法は、例えば、対象動体である人をカメラにより撮影するだけであるため、動作の制限を最も受けにくい方法であり、広く利用されている。例えば、映画、ビデオゲーム、スポーツ、またはダンスのように、運動または動作を表現する3次元メディアに関連する分野で、それらの立体コンテンツの製作に利用されてきた。これらの分野では、たくさんのカメラがセットされたスタジオを所有しているため、このスタジオでシナリオ通りの動作を行うことにより、その動作データが得られ、立体モデル化ができるからである。



【特許文献1】
特開2005-345161号公報
【特許文献2】
特開2004-101273号公報
【特許文献3】
特開2000-321044号公報
【特許文献4】
特開平10-74249号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、ビデオカメラのような画像入力手段によって取得した対象動体の2次元的な動作画像、特に人の2次元的な動作画像から、アニメーション、三次元アバター、またはロボットの3次元的な動作を再現するためのモーションキャプチャ方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
画像入力手段によって取得した対象動体の2次元的な動作画像から、該対象動体の3次元的な動作を再現するためのモーションキャプチャ方法であって、
固有空間データ作成手段により、予め動体の基本動作ごとに、該動体の基本動作の各フレーム画像データAが点で表示される固有空間データAを作成し記憶手段に格納してデータベース化する固有空間データ作成工程と、
木構造作成手段により、前記固有空間データ作成手段でデータベース化された前記固有空間データAを、前記動体の基本動作が保有している情報ごとに木構造群に分解し前記記憶手段に格納して構造化する木構造作成工程と、
判別手段により、判別しようとする前記対象動体の動作のフレーム画像データBが点で表示された固有空間データBと、前記木構造作成手段で構造化された前記動体の基本動作ごとの固有空間データAとを比較して、前記固有空間データBからの距離が最も近い固有空間データAを選び、前記対象動体の3次元的な動作を特定する判別工程とを有し、
前記木構造群では、大小比較が可能な境界を表す値であるキーによって根および節が構築され、しかも、前記固有空間データAは葉のみに格納され、更に、前記判別工程での前記固有空間データBと前記固有空間データAとの比較は前記キーを用いて行うことを特徴とするモーションキャプチャ方法。

【請求項2】
 
請求項1記載のモーションキャプチャ方法において、前記基本動作ごとの前記各フレーム画像データAは、連続するまたは間隔を有する2つずつのフレーム画像を重ね合わせ、変化のない部分を削除して得られる複数の差分画像を、それぞれ重ね合わせることで得られることを特徴とするモーションキャプチャ方法。

【請求項3】
 
請求項1および2のいずれか1項に記載のモーションキャプチャ方法において、前記固有空間データ作成工程での前記動体は疑似人モデルまたは人であり、しかも前記画像入力手段は、前記動体が擬似人モデルの場合は仮想カメラ群、前記動体が人の場合はカメラ群であり、前記動体の基本動作を前記画像入力手段を用いて多方向から撮影し、前記基本動作ごとの複数のフレーム画像データAを得ることを特徴とするモーションキャプチャ方法。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のモーションキャプチャ方法において、前記固有空間データAは、前記フレーム画像データAに微分処理を行って作成されることを特徴とするモーションキャプチャ方法。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1項に記載のモーションキャプチャ方法において、前記固有空間データAは、前記フレーム画像データAをカルーネン・レーベ変換して求められた固有値および固有ベクトルから作成される固有空間に投影して得られ、前記固有空間データBは、前記フレーム画像データBを前記固有空間に投影して得られることを特徴とするモーションキャプチャ方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006355681thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close