Top > Search of Japanese Patents > HEADPHONE DEVICE

HEADPHONE DEVICE achieved

Patent code P09A014837
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2007-047650
Publication number P2008-211642A
Patent number P4910146
Date of filing Feb 27, 2007
Date of publication of application Sep 11, 2008
Date of registration Jan 27, 2012
Inventor
  • (In Japanese)佐藤 寧
  • (In Japanese)龍 敦子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title HEADPHONE DEVICE achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To avoid the occurrence of sound leaking from a headphone device to the outside.
SOLUTION: An inner type headphone device has a cylindrical casing 1 inserted into human ear and a small speaker 2 in a shape that is substantially along an internal diameter of the casing 1 is provided toward an open end on the side of the inserting direction of the cylindrical casing 1. Then, a ring-like piezoelectric element (for example, a piezo-element) 3 in a shape substantially along the internal diameter of the casing 1 on the rear side of the small speaker, namely, the side opposite to the inserting direction of the casing 1 into the ear and a diaphragm member 4 is adhered to the piezoelectric element 3. By driving the diaphragm member 4 in a phase reverse to that of the small speaker 2, sound waves emitted from the small speaker 2 are offset, and leakage of sound to the rear side (outside) of the small speaker 2 which is the outside is prevented.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


例えば携帯音響装置と共に使用されるヘッドホン装置においては、従来から内蔵スピーカで放出される音響が外部に漏れることが問題とされている。



これに対して、ヘッドホンを装着した状態における外部への音漏れを少なくする装置として、音漏れする周波数帯域を予め予想し、当該音漏れ周波数帯域を減衰する減衰フィルタを設けることが提案されている(例えば、特許文献1参照。)。この特許文献1に記載された発明は、音漏れする音響そのものがスピーカから放出されないようにするものであるが、これでは放出される音響自体の品質の劣化を招くなどの問題が生じる。



一方、ヘッドホン装置において、周囲の音響を内臓スピーカの近傍に設けたマイクロホンで収音し、その収音された音響と逆相の信号を内蔵スピーカに供給することによって、周囲の音響を相殺しているものがある(例えば、特許文献2参照。)。この特許文献2の発明では、周囲の音響を相殺しているので、スピーカから放出される音響を明瞭に聴取することができるが、外部への音漏れに対しては何ら考慮してはいない。



【特許文献1】
特許第2745753号公報
【特許文献2】
特開平5-145985号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば携帯音響装置と共に使用して好適なヘッドホン装置に関する。詳しくは、内蔵スピーカと外部との間に振動板を設け、この振動板を内蔵スピーカと逆相で駆動することによって、内蔵スピーカから放出される音響が外部に漏れないようにするものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人の耳に挿入される円筒状の匣体を有し、
前記円筒状の匣体の一方の開放端に向けて設けられた前記円筒状の内径にほぼ沿う形状のスピーカと、
前記スピーカの背面側に設けられ前記円筒状の内径にほぼ沿う形状のリング状の圧電素子及び該圧電素子に貼着され、音波を通過させる透孔が設けられた膜材からなる振動発生手段とからなり、
前記振動発生手段の前記圧電素子に貼着された膜材を前記スピーカと逆相で駆動する
ことを特徴とするヘッドホン装置。

【請求項2】
 
前記振動発生手段の前記圧電素子に貼着された膜材の駆動は、前記スピーカに供給される駆動信号を前記圧電素子に供給して行う
ことを特徴とする請求項1記載のヘッドホン装置。

【請求項3】
 
前記圧電素子への前記駆動信号の供給路にオンオフスイッチを設ける
ことを特徴とする請求項2記載のヘッドホン装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007047650thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close