Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND SYSTEM FOR MOUSE ALTERNATVE OPERATION FOR PROJECTOR IMAGE

METHOD AND SYSTEM FOR MOUSE ALTERNATVE OPERATION FOR PROJECTOR IMAGE

Patent code P09A014847
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2007-088827
Publication number P2008-250482A
Patent number P4848521
Date of filing Mar 29, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Oct 28, 2011
Inventor
  • (In Japanese)宮本 弘之
  • (In Japanese)佐藤 佑介
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title METHOD AND SYSTEM FOR MOUSE ALTERNATVE OPERATION FOR PROJECTOR IMAGE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method and system of a mouse alternative operation for a projector image for detecting the pointed position of an image projected from a projector onto a plane when the image is directly pointed by a finger, while using no special input means, and using a simple device configuration.
SOLUTION: The mouse alternative operation system 10 for a projector image comprises a projector 13 for projecting an image 12 onto a plane 11, an image pickup device 16 imaging a finger 15 of a hand 14 pointing a portion of the image 12 projected by the projector 13, and an arithmetic processing unit connected to the projector 13 and the image pickup device 16 for controlling the output of the projector 13 based on a video signal from the image pickup device 16. The arithmetic processing unit is provided with an opaque mask processing means which, when the image 12 is projected from the projector 13 onto the plane 11, sets a predetermined area to appropriate brightness, including the portion of the hand 14 imaged by the image pickup device 16.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、プロジェクタは、低価格化により急速に普及しており、プレゼンテーションに留まらず、例えば、イベント会場または店舗における宣伝映像の投影のように、様々な場面で使用されている。
また、入力手段も、従来のように、ボタン、マウス、またはキーボードによるものだけでなく、投影映像(以下、単に映像ともいう)に対する直感的な入力操作を可能とする技術が、多数提案されている。代表的な例としては、映像に書き込んだ文字が、そのままコンピュータ側にも反映されるシステム、指示者が映像の特定部分を指し棒で指したときにその位置を検出するシステム、または映像の特定部分を赤外光を用いた走査基で指したときにその位置を検出するシステムがある(例えば、特許文献1、2参照)。



【特許文献1】
特開平5-281933号公報
【特許文献2】
特開2001-125736号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば、プレゼンテーション、案内、または掲示に使用可能なプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法およびそのマウス代替操作システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
プロジェクタから投影面に投影された映像の一部を、手の指によって指差す際に、前記プロジェクタから照射された前記手の部分を含む所定領域を適切な明るさに設定し、該手を撮像装置により撮像して前記指が指差した位置を検出するプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法であって、前記所定領域の照度を他の部分よりも暗く設定することを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法

【請求項2】
 
請求項1記載のプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法において、前記撮像装置による前記手の検出は、該手の肌の色を判別することにより行うことを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法。

【請求項3】
 
請求項2記載のプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法において、前記手の肌の色は、色相、彩度、および明度の閾値処理により検出することを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作方法。

【請求項4】
 
投影面に映像を投影するプロジェクタと、該プロジェクタにより投影された前記映像の一部を指差す手の指を撮像可能な撮像装置と、該プロジェクタおよび該撮像装置に接続され、該撮像装置からの映像信号を基に前記プロジェクタの出力を制御する演算処理装置とを有するプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システムであって、
前記演算処理装置には、前記プロジェクタから前記投影面に前記映像を投影する際に、前記撮像装置により撮像した前記手の部分を含む所定領域を適切な明るさに設定する半透明マスク処理手段が設けられ、しかも、前記所定領域の照度を他の部分よりも暗く設定することを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システム。

【請求項5】
 
請求項4記載のプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システムにおいて、前記演算処理装置には、更に、前記半透明マスク処理手段で調整された前記映像の前記手の部分を、該手の肌の色で判別する指先検出手段が設けられていることを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システム。

【請求項6】
 
請求項5記載のプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システムにおいて、前記指先検出手段は、色相、彩度、および明度の閾値処理を行うことを特徴とするプロジェクタ投影映像のマウス代替操作システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007088827thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close