Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF DETECTING GENERATION OF BUR

METHOD OF DETECTING GENERATION OF BUR meetings

Patent code P09A014850
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2007-093691
Publication number P2008-249612A
Patent number P5176100
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Jan 18, 2013
Inventor
  • (In Japanese)是澤 宏之
  • (In Japanese)鈴木 裕
  • (In Japanese)楢原 弘之
  • (In Japanese)清水 康弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title METHOD OF DETECTING GENERATION OF BUR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of detecting the generation of a bur, capable of detecting easily and inexpensively the generation of the bur, without being affected by structure of a molding die.
SOLUTION: This method of detecting the generation of the bur generated when supplying a material into the molding die 10 held by a prescribed mold clamping force, after a movable molding die 16 is brought into close contact with a fixed molding die 12, to be pressure-molded, measures a displacement of an outer face of the molding die 10 when pressure-molding the material supplied into the molding die 10, and judges the generation of the bur at the time point when the displacement exceeds a preset reference value. The displacement is preferably a displacement along a mold clamping direction on the outer face of the movable molding die 16 in the molding die 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


例えば、射出成形時に生じるバリは、金型の加工精度が低いために金型の分割面に形成された隙間により発生する場合を除いて、成形時の金型変形により金型分割面に発生する隙間に物質が侵入することにより、あるいは成形圧力が型締め圧力より大きいために成形時の金型分割面の開口により発生する隙間に物質が侵入することにより発生する。従って、バリの発生を検知するには、非特許文献1に記載されているように、1)金型分割面の先端付近の隙間の幅を直接計測する方法、2)金型内部の成形圧力を計測する方法、3)金型下面内での歪み量を計測する方法がある。更に、4)成形中の成形機からの情報(例えば、射出圧力、スクリュー位置)を収集する方法がある。



【非特許文献1】
村田泰彦、外2名、「プラスチック射出成形品におけるバリ発生検知方法」、型技術、2006年7月、第21巻、第8号、p.128-129

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、溶融金属、溶融樹脂等の流動物質を金型内に射出成形する場合、あるいは粉末のように加圧下で流動物と類似した挙動を示す物質を金型内に供給して加圧成形する場合のバリ発生の検知方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
固定型に可動型を密着させ所定の型締め力で保持した成形金型内に材料を供給して加圧成形する際に発生するバリを検出するバリ発生の検知方法において、
前記成形金型内に供給した材料の加圧成形時に前記可動型の下側面の前記成形金型の型締め方向の変位を測定し、該側面の変位が予め設定した基準値を超えた時点でバリが発生したと判断することを特徴とするバリ発生の検知方法。

【請求項2】
 
請求項1記載のバリ発生の検知方法において、前記側面の変位は、前記可動型の下側面の基準位置に対する位置変化量を測定することにより求めることを特徴とするバリ発生の検知方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007093691thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close