Top > Search of Japanese Patents > CONCENTRATE EXTRACTION METHOD

CONCENTRATE EXTRACTION METHOD meetings achieved

Patent code P09A014858
Posted date Nov 20, 2009
Application number P2007-022664
Publication number P2008-188486A
Patent number P4081514
Date of filing Feb 1, 2007
Date of publication of application Aug 21, 2008
Date of registration Feb 22, 2008
Inventor
  • (In Japanese)小谷 幸敏
Applicant
  • (In Japanese)日本海冷凍魚株式会社
  • (In Japanese)地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
Title CONCENTRATE EXTRACTION METHOD meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technique for easily and efficiently performing freeze concentration of an aqueous solution.
SOLUTION: In the freeze concentration method, the aqueous solution is put in a container in a truncated conical shape composed of an open upper surface part, a bottom surface part smaller than the upper surface part and a side peripheral surface part, the upper surface part of the container is covered with a cover body and it is left at rest in a freezer. By exposing the bottom surface part to cold air similarly to the side peripheral surface part and making heat conduction of the cover body or an air layer at the upper part of a liquid surface smaller than that of the container, a solution concentration is increased from the center part of the aqueous solution to the upper part and freezing is performed. In addition, the deformation of the container is not brought by pressure release by the freeze delay of the area.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


水溶液を濃縮する方法として、蒸発法や凍結濃縮法などが知られている。蒸発法のように加熱をする方法では、高濃度濃縮が可能となるが、成分が変質し風味が異なってしまう場合がある。一方、凍結濃縮法は、このような変質を招来せず、濃縮液が高品質であるという利点がある。



【特許文献1】
特開2004―351383
【特許文献2】
再公表2003-072216

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、凍結濃縮法に関し、特に、冷凍庫と冷蔵庫さえあれば効率的に濃縮液の氷ないし濃縮液を得ることができる濃縮液抽出方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上面部分が開口し、上面部分より小さな底面部と側周面部とからなる切頭錐形状の容器に水溶液を入れ、容器の上面部分を被覆体で覆って底面部が側周面部と同様に冷気に曝されるようにし、被覆体ないし液面上部の空気層の熱伝導を容器より小さくすることにより、水溶液の中央部分から上部にかけて溶液濃度を高めて凍結させ、かつ、当該中央部分から上部にかけての領域の凍結遅延による圧力開放によって容器の変形を招来しないようにし、
この方法により凍結させた水溶液の入った容器をひっくり返し、雰囲気温度を6℃以下として解凍し、濃縮液を得ることを特徴とする濃縮液抽出方法。

【請求項2】
 
5倍濃縮液を当初水溶液重量の10%以上得ることを特徴とする請求項1に記載の濃縮液抽出方法。

【請求項3】
 
水溶液がBrix2%~3%のカニのゆで汁であることを特徴とする請求項1または2に記載の濃縮液抽出方法。

【請求項4】
 
上面部分が開口し、上面部分より小さな底面部と側周面部とからなる切頭錐形状の容器に水溶液を入れ、容器の上面部分を被覆体で覆って底面部が側周面部と同様に冷気に曝されるようにし、被覆体ないし液面上部の空気層の熱伝導を容器より小さくすることにより、水溶液の中央部分から上部にかけて溶液濃度を高めて凍結させ、かつ、当該中央部分から上部にかけての領域の凍結遅延による圧力開放によって容器の変形を招来しないようにし、
この方法により水溶液を凍結させるにあたり、水溶液の中央部分から上部の領域の凍結が完全でない状態で凍結濃縮を終了し、次いで、水溶液の入った容器をひっくり返して解凍し、凍結時間および融解時間を短縮して濃縮液を得ることを特徴とする濃縮液抽出方法。

【請求項5】
 
上面部分が開口し、上面部分より小さな底面部と側周面部とからなる切頭錐形状の容器に水溶液を入れ、容器の上面部分を被覆体で覆って底面部が側周面部と同様に冷気に曝されるようにし、被覆体ないし液面上部の空気層の熱伝導を容器より小さくすることにより、水溶液の中央部分から上部にかけて溶液濃度を高めて凍結させ、かつ、当該中央部分から上部にかけての領域の凍結遅延による圧力開放によって容器の変形を招来しないようにし、
この方法により水溶液を凍結させるにあたり、水溶液の中央部分から上部の領域の温度が、得ようとする目標濃度の濃縮液の凝固点よりも所定温度低い状態で凍結工程を終了し、次いで、水溶液の入った容器をひっくり返し、雰囲気温度を6℃以下として解凍し、凍結時間および融解時間を短縮して濃縮液を得ることを特徴とする濃縮液抽出方法。

【請求項6】
 
凍結させるにあたり、底面部の径の長さより、底面から液面までの高さが長くなるように容器に水溶液を入れることを特徴とする請求項1~5のいずれか一つに記載の濃縮液抽出方法。

【請求項7】
 
容器の容量を15リットル以下にしたことを特徴とする請求項1~6のいずれか一つに記載の濃縮液抽出方法。

【請求項8】
 
容器をバケツとしたことを特徴とする請求項1~7のいずれか一つに記載の濃縮液抽出方法。

IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007022664thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close