Top > Search of Japanese Patents > PLANT GROWTH REGULATOR AND METHOD FOR REGULATING PLANT GROWTH

PLANT GROWTH REGULATOR AND METHOD FOR REGULATING PLANT GROWTH

Patent code P09P006968
File No. ShIP-8023NPKG17
Posted date Dec 4, 2009
Application number P2008-133506
Publication number P2009-001558A
Patent number P4565018
Date of filing May 21, 2008
Date of publication of application Jan 8, 2009
Date of registration Aug 6, 2010
Priority data
  • P2007-135356 (May 22, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)河岸 洋和
  • (In Japanese)森田 明雄
  • (In Japanese)小林 文男
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人静岡大学
Title PLANT GROWTH REGULATOR AND METHOD FOR REGULATING PLANT GROWTH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a plant growth regulator showing the growth-promoting effect or growth-inhibiting effect to the plant.
SOLUTION: A plant growth regulator containing 2-azahypoxanthine is provided, which is used for the plants, e.g. Gramineae family, Solanaceae family, Theaceae family and Compositae family at contact concentration, corresponding to the object of growth promotion or growth inhibition and subject organs.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


植物の生長を調節する化学物質としては、いわゆる植物ホルモンが知られている。一般に植物ホルモンは植物自体に由来する化学物質であり、微量で植物の生長、分化等を調節する物質である。また、植物自体に由来する化学物質ではないが、植物の生長を調節する化学物質も種々知られている。



一方、2-アザヒポキサンチンはプリン骨格を有するヒポキサンチンの2-アザ置換体であり、抗癌剤であるダカルバジン(DTIC)の分解産物として知られている。2-アザヒポキサンチンは核酸塩基に類似することから、これを含むヌクレオシド誘導体には、抗ウイルス活性等が期待されている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開平05-111389号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、植物生長調節剤及び植物生長調節方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2-アザヒポキサンチンを含む植物生長調節剤。

【請求項2】
 
イネ科、ナス科、ツバキ科及びキク科の植物の少なくとも1種に対して用いられることを特徴とする請求項1に記載の植物生長調節剤。

【請求項3】
 
イネ科植物種子の発芽抑制用の2-アザヒポキサンチン濃度が、5mM以上の接触濃度となる濃度である請求項1に記載の植物生長調節剤。

【請求項4】
 
イネ科植物種子の発芽促進用の2-アザヒポキサンチン濃度が、5μM以上100μM以下の接触濃度となる濃度である請求項1に記載の植物生長調節剤。

【請求項5】
 
イネ科植物の根の生長促進用の2-アザヒポキサンチン濃度が、5μM以上100μM以下の接触濃度となる濃度である請求項1に記載の植物生長調節剤。

【請求項6】
 
イネ科植物のシュートの生長促進用の2-アザヒポキサンチン濃度が、0.5mM以上50mM以下の接触濃度となる濃度である請求項1に記載の植物生長調節剤。

【請求項7】
 
植物と、2-アザヒポキサンチンを含む植物生長調節剤とを接触させる接触工程を含む植物生長調節方法。

【請求項8】
 
前記植物が、イネ科、ナス科、ツバキ科及びキク科の植物の少なくとも1種である請求項7に記載の植物生長調節方法。

【請求項9】
 
前記植物が、イネ科植物であって、前記植物生長調節剤が、請求項3~請求項6のいずれか1項に記載の植物生長調節剤である請求項7に記載の植物生長調節方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

24474_01SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close