Top > Search of Japanese Patents > UPPER ARM SUPPORTING APPARATUS AND UPPER ARM ASSIST DEVICE

UPPER ARM SUPPORTING APPARATUS AND UPPER ARM ASSIST DEVICE

Patent code P09P007185
Posted date Dec 4, 2009
Application number P2008-128617
Publication number P2009-273711A
Patent number P5169469
Date of filing May 15, 2008
Date of publication of application Nov 26, 2009
Date of registration Jan 11, 2013
Inventor
  • (In Japanese)小林 宏
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title UPPER ARM SUPPORTING APPARATUS AND UPPER ARM ASSIST DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an upper arm supporting apparatus and an upper arm assist device capable of realizing the smooth movement of an upper arm of a user.
SOLUTION: The upper face of a shoulder frame 12 is provided with guide rails 14. One guide rail 14R is disposed along a direction extending to slightly ahead the right side of the central side of the shoulder width direction S of the shoulder frame 12 and the right tip portion is projected outward the right end portion of the shoulder frame 12. On the guide rail 14R, a moving plate 16 is engaged with the guide rail 14R. The moving plate 16 is movable along the guide rail 14R.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


利用者の体幹に保持しつつ、利用者の肩関節を駆動させる着用形関節駆動装置が知られている(例えば、特許文献1、2参照)。従来の着用形関節駆動装置では、肩関節に対応して回転する回転体が、利用者の体幹に対して固定位置に配置されており、利用者のスムーズな上腕の動きが実現されていなかった。
【特許文献1】
特開2006-340854号公報
【特許文献2】
WO2004/087033A1

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、利用者の上腕を保持する上腕保持装置、及び、利用者の上腕の動作を補助する上腕補助装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
利用者の体幹に支持される支持体と、
利用者の体側に沿って回転可能な第1回転部材と、前記第1回転部材の回転方向と交差する方向に回転可能な第2回転部材と、前記第1回転部材及び前記第2回転部材と交差する方向に回転可能な第3回転部材と、を有する関節部と、
利用者の体幹に近い側の近接位置と近接位置よりも利用者の体幹から遠い離間位置との間を移動可能に、前記関節部を前記支持体に保持する関節移動部と、
前記関節部に取り付けられ、利用者の上腕部に装着される上腕装着部と、
を備えた上腕保持装置。

【請求項2】
 
前記第1回転部材の回転軸と前記第2回転部材の回転軸とが直交関係にあることを特徴とする請求項1に記載の上腕保持装置。

【請求項3】
 
前記第3回転部材、前記第2回転部材、前記第1回転部材の順で前記支持体から近い位置に配置されていることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の上腕保持装置。

【請求項4】
 
前記上腕装着部は、前記第1回転部材に固定されていることを特徴とする請求項1~請求項3のいずれか1項に記載の上腕保持装置。

【請求項5】
 
前記関節移動部がガイドレールを含んで構成されていること、を特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の上腕保持装置。

【請求項6】
 
前記上腕装着部と前記第1回転部材の回転方向と同方向に回転可能に連結され、利用者の肘下椀に装着される肘下椀部を備えた請求項1~請求項5のいずれか1項に記載の上腕保持装置。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれか1項に記載の上腕保持装置と、
前記第1回転部材を回転させる第1アクチュエータと、
前記第2回転部材を回転させる第2アクチュエータと、
を備えた上腕補助装置。

【請求項8】
 
前記第1アクチュエータ及び第2アクチュエータは、一端側が前記第1回転部材、前記第2回転部材に各々支持され、他端側が前記支持体に支持され内部に空気を供給されることにより短縮する空気圧式アクチュエータとされていること、を特徴とする請求項7に記載の上腕補助装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008128617thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close