Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING SIALIC ACID DERIVATIVE AND ITS USE AS INFLUENZA VIRUS INHIBITOR

METHOD FOR PRODUCING SIALIC ACID DERIVATIVE AND ITS USE AS INFLUENZA VIRUS INHIBITOR meetings

Patent code P09P006842
File No. 0804-02
Posted date Dec 18, 2009
Application number P2008-150046
Publication number P2009-292789A
Patent number P5327839
Date of filing Jun 9, 2008
Date of publication of application Dec 17, 2009
Date of registration Aug 2, 2013
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 香織
  • (In Japanese)坂本 純一
  • (In Japanese)松岡 浩司
  • (In Japanese)照沼 大陽
  • (In Japanese)幡野 健
  • (In Japanese)鈴木 康夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人埼玉大学
  • (In Japanese)学校法人中部大学
Title METHOD FOR PRODUCING SIALIC ACID DERIVATIVE AND ITS USE AS INFLUENZA VIRUS INHIBITOR meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compound effectively inhibiting intrusion of an influenza virus (especially type A virus) into a cell and/or release of the virus from an infected cell.
SOLUTION: Provided are a sialic acid derivative compound expressed by general formula (I) (in the formula, R1 is a 2-12C alkyl group, alkenyl group containing a double bond or alkynyl group containing a triple bond wherein all groups may contain 1-2 amide bonds; R2 is a carboxy group, a hydroxy group or a 1-15C alkyl group, alkenyl group or alkynyl group bonded through a sulfide group; and R3 is a case exchanged with R2 and is a hydroxy group, or a 1-15C alkyl group, alkenyl group, alkynyl group or a carboxy group bonded through a sulfide group), its pharmacologically permissible salt or hydrate; and an antiviral agent containing the compound or its pharmacologically permissible salt or hydrate as an active component.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


インフルエンザウィルスは、その内部に存在する8本の一本鎖RNAに変異が導入されやすく、その結果、従来効果を示していたワクチン等に対する耐性ウィルスが生じやすい。このようなインフルエンザウィルスの性質から、毎年のようにインフルエンザウィルスによる感染症が流行し、これによる死者も少なからず生じている。インフルエンザウィルスによる感染には、宿主細胞に対する接着と脱離が重要であり、それには異なる2種類の糖タンパク(ヘマグルチニンとシアリダーゼ(ノイラミニダーゼ))が作用している。



インフルエンザウィルスの表面に存在する糖タンパク質のヘマグルチニンは、感染対象である細胞表面に存在する糖タンパク質のシアル酸残基を結合する性質を持っており、この性質を利用して、インフルエンザウィルスが細胞へ感染することが知られている。従って、インフルエンザウィルス表面上のヘマグルチニンと感染対象細胞表面上のシアル酸残基との結合を阻害することができれば、インフルエンザウィルスの感染初期段階を阻止することが可能となるため、そのような阻害活性を持つ化合物はインフルエンザによる感染症の予防的手段において有効である。
一方、ノイラミニダーゼはインフルエンザウィルスが、感染した細胞から脱離する上で必須の酵素である。従って、ノイラミニダーゼの活性を有効に阻害することができれば、インフルエンザウィルスによる他の細胞への感染を抑えることができるため、インフルエンザウィルスによる感染後の治療的手段に応用することができる。



現在市販されている抗インフルエンザ治療薬の多くは、ノイラミニダーゼ阻害物を有効成分としたものであり、例えば、タミフルR(リン酸オセルタミビル)やリレンザR(ザナミビル)などを挙げることができる。しかしながら、これらの特効薬の有効成分は何れも天然物ではないため、その耐性ウィルスの出現が危惧されており、近年、シンメトレルRやタミフルRに対する耐性ウィルスが出現したとの報告もある(非特許文献1)。そのため、変異性の高いインフルエンザウィルスによる感染症に対して、効果を持続し得る医薬の開発が望まれている。



これまでに、発明者らは、チオグリコシド型シアル酸誘導体を種々のカルボシランデンドリマー骨格に導入(特許文献1)、あるいは、ポリマー化(特許文献2)し、インフルエンザウィルスA型由来のシアリダーゼ活性を有効に阻害する化合物の合成を行っており、有効な抗インフルエンザ治療剤の開発に努めてきた。



【非特許文献1】
N.Engl.J.Med.,353:2667-2672 2005
【特許文献1】
特開2008-50283
【特許文献2】
特開2008-81411

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、シアル酸誘導体化合物、該化合物の製造方法、及び該化合物を有効成分として含む医薬及び治療方法に関する。より詳細には、シアル酸誘導体化合物を有効成分して含む抗インフルエンザウィルス剤、並びに、これらの化合物を含むインフルエンザの予防及び/又は治療方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
一般式(I)
【化1】
 


[但し、式中、R1が以下の置換基
【化2】
 


又は、以下の置換基
【化3】
 


(ただし、nは1~8の整数)であり、R2又はR3の一方がカルボキシル基で、他方が以下の置換基
【化4】
 


(ただし、mは1~15の整数)を示す]で表されるシアル酸誘導体化合物、及びその薬理学上許容される塩又は水和物。

【請求項2】
 
mが11である請求項1に記載のシアル酸誘導体化合物、及びその薬理学上許容される塩又は水和物。

【請求項3】
 
nが5である請求項1に記載のシアル酸誘導体化合物、及びその薬理学上許容される塩又は水和物。

【請求項4】
 
一般式(I)
【化5】
 


(但し、式中、R1が以下の置換基
【化6】
 


であり、R2及びR3の一方がカルボキシル基で他方が水酸基を示す)で表されるシアル酸誘導体化合物、及びその薬理学上許容される塩又は水和物。

【請求項5】
 
請求項1乃至4のいずれかに記載のシアル酸誘導体化合物、その薬理学上許容される塩及びそれらの水和物、並びに薬理学上許容される担体を含有することを特徴とするインフルエンザによる感染症の予防及び/又は治療のための抗インフルエンザウィルス剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

24534_28SUM.gif
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close