Top > Search of Japanese Patents > FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD

FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD meetings

Patent code P09P006057
File No. 06048AA11
Posted date Jan 12, 2010
Application number P2007-325905
Publication number P2008-173631A
Patent number P5103625
Date of filing Dec 18, 2007
Date of publication of application Jul 31, 2008
Date of registration Oct 12, 2012
Priority data
  • P2006-340833 (Dec 19, 2006) JP
Inventor
  • (In Japanese)佐田富 道雄
  • (In Japanese)川原 顕磨呂
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 熊本大学
Title FLUID MIXER AND FLUID MIXING METHOD meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a fluid mixer which is capable of sucking as large a quantity of fluid as possible and mixing it with some other fluid, and a fluid mixing method using this fluid mixer.
SOLUTION: A negative pressure is generated by supplying a pressurized fluid F0 into a tubular body 10 and lowering the pressure of the pressurized fluid F0 with the help of an orifice 20, and at the same time, a suction fluid F1 is sucked through a fluid chamber 40 and a fluid suction pipe 30 made up of a porous material or a porous membrane, and this sucked suction fluid F1 is mixed with the pressurized fluid F0 to generate a fluid splash group S. Further, the degree of the negative pressure in a second region 10B, on the downstream side, of the orifice 20, is heightened by making the inside diameter of the fluid suction pipe 30 the same as that of the tubular body 10. Besides, the resistance of the suction fluid F1 to its suction, is lessened by whittling the fluid suction pipe 30 down to the thickness of 2 mm or below. Thus a large quantity of the fluid splash group S is generated by sucking as large a quantity of the suction fluid F1 as possible into the tubular body 10 and mixing it with the pressurized fluid F0.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来のマイクロバブル発生器としては、例えば、パイプ内部に球体を配置すると共に下流側に小孔を設けたものが開示されている(例えば、特許文献1参照。)この泡発生器では、円管に高圧水を導くと、球体の下流側で水圧が下がって負圧が発生し、小孔から空気が吸引されてマイクロバブルが発生するようになっている。また、パイプ内部に絞りを配置し、下流側に小孔の代わりに多孔質管を設けたものが開示されている(例えば、特許文献2参照。)。
【特許文献1】
特開2003-305494号公報
【特許文献2】
実開平04-45552号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、二種以上の流体を混合して微細な流体飛沫群(例えば、マイクロバブル、ナノバブル、ミスト、ドライミスト、エマルジョンなど)または固体の飛翔群を発生させるのに好適な流体混合器および流体混合方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
長手方向の一端から加圧された流体が供給される管体と、
前記管体内に配置されると共に前記管体の内径よりも小さい開口径を有することにより上流側の前記管体の内径と前記開口径の間に差があるオリフィスと、
前記オリフィスの下流側の前記管体の内側に設けられ、前記管体の上流側と同一内径を有することにより前記開口径と下流側の当該流体吸引管の内径との間に差があると共に厚みが2mm以下であり、多孔質材料または多孔性膜よりなる流体吸引管と、
前記流体吸引管の外側に設けられた流体室と
を備えたことを特徴とする流体混合器。

【請求項2】
 
前記オリフィスの下流側において、前記加圧された流体と前記流体吸引管により自動的に吸引された流体とが混合されて微細な流体飛沫群または固体の飛翔群が発生する
ことを特徴とする請求項1記載の流体混合器。

【請求項3】
 
前記流体室は、互いに隔絶された複数の室を有する
ことを特徴とする請求項1または2記載の流体混合器。

【請求項4】
 
前記流体室に通じる配管と、この配管に設けられた流量調整弁とを備えた
ことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか1項に記載の流体混合器。

【請求項5】
 
前記流体室は、前記管体および前記流体吸引管を一周して設けられている
ことを特徴とする請求項1ないし4のいずれか1項に記載の流体混合器。

【請求項6】
 
前記管体および前記流体吸引管は円管であり、前記流体室は環状である
ことを特徴とする請求項1ないし5のいずれか1項に記載の流体混合器。

【請求項7】
 
前記管体の他端部は、出口に近いほど管内の断面積が広くなる形状を有する
ことを特徴とする請求項1ないし6のいずれか1項に記載の流体混合器。

【請求項8】
 
流体の通路を有する管体の前記通路内に、前記管体の内径よりも小さい開口径を有することにより上流側の前記管体の内径と前記開口径の間に差があるオリフィスを配置すると共に、前記オリフィスの下流側の前記管体の内側に、前記管体の上流側と同一内径を有することにより前記開口径と下流側の当該流体吸引管の内径との間に差があると共に厚みが2mm以下であり、多孔質材料または多孔性膜よりなる流体吸引管を設け、前記管体の通路内に加圧した流体を供給し、その流体の圧力を前記オリフィスの下流側において急激に低下させて負圧を発生すると共に、前記流体吸引管を通じて流体を吸引させることにより前記加圧した流体と前記吸引された流体とを混合する
ことを特徴とする流体混合方法。

【請求項9】
 
前記加圧した流体と前記吸引された流体とを混合して微細な流体飛沫群または固体の飛翔群を発生させる
ことを特徴とする請求項8記載の流体混合方法。

【請求項10】
 
前記流体吸引管を通じて複数種類の流体を吸引させることにより前記加圧した流体と前記複数種類の流体とを混合する
ことを特徴とする請求項9記載の流体混合方法。

【請求項11】
 
前記複数種類の流体として、流体飛沫群を微細化するための流体と、洗浄液とを吸引させる
ことを特徴とする請求項10記載の流体混合方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007325905thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close