Top > Search of Japanese Patents > RESPECTIVE MANUFACTURING METHOD OF SEMICONDUCTOR PARTICLE LAMINATE FILM, DYE-SENSITIZED SOLAR CELL, ELECTROCHEMICAL LIGHT-EMITTING ELEMENT, AND ELECTRON EMISSION ELEMENT, AND DYE-SENSITIZED SOLAR CELL

RESPECTIVE MANUFACTURING METHOD OF SEMICONDUCTOR PARTICLE LAMINATE FILM, DYE-SENSITIZED SOLAR CELL, ELECTROCHEMICAL LIGHT-EMITTING ELEMENT, AND ELECTRON EMISSION ELEMENT, AND DYE-SENSITIZED SOLAR CELL

Patent code P09A014957
Posted date Jan 15, 2010
Application number P2006-070723
Publication number P2006-310273A
Patent number P4742266
Date of filing Mar 15, 2006
Date of publication of application Nov 9, 2006
Date of registration May 20, 2011
Priority data
  • P2005-094058 (Mar 29, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)早瀬 修二
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title RESPECTIVE MANUFACTURING METHOD OF SEMICONDUCTOR PARTICLE LAMINATE FILM, DYE-SENSITIZED SOLAR CELL, ELECTROCHEMICAL LIGHT-EMITTING ELEMENT, AND ELECTRON EMISSION ELEMENT, AND DYE-SENSITIZED SOLAR CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide respective manufacturing methods of a semiconductor particle laminate film in which the film of semiconductor particle used for an electrode is uniform, a dye-sensitized solar cell, an electrochemical light emission element, and an electron emitting element, and a dye-sensitized solar cell.
SOLUTION: In the manufacturing method of a semiconductor particle laminate film, semiconductor particles are discharged from a nozzle as a positive electrode and are deposited on a conductive substrate as a negative electrode, and voltage of 12 kV or higher is impressed between the nozzle and the conductive substrate. The semiconductor particles have shape anisotropy, and the deposited semiconductor particles of the semiconductor particle laminate film have orientation.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


半導体粒子は、太陽電池、電気化学発光素子および電子放出素等の用途に有用である。これらの用途において、半導体粒子は分散液の形で導電性基材の表面に塗布され、電極用の導電膜として利用されている。
例えば、半導体粒子の分散液に、活性基を含有する有機樹脂を分散樹脂として加える方法が提案されており、この方法によれば、分散液中における半導体粒子の分散性や安定性に優れるとされている(特許文献1参照。)。
【特許文献1】
特開2004-11348号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、半導体粒子積層膜、色素増感太陽電池、電気化学発光素子および電子放出素
子の各製造方法ならびに色素増感太陽電池に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
エレクトロスプレー技術を用い、半導体粒子を正極としてのノズルから放出し、負極としての導電性基板に堆積させる半導体粒子積層膜の製造方法であって、
該ノズルと該導電性基板との間に12kV以上の電圧を印加することを特徴とする半導体粒子積層膜の製造方法。

【請求項2】
 
前記半導体粒子が形状異方性を有し、前記堆積した半導体粒子積層膜の半導体粒子が配向性を有することを特徴とする請求項1記載の半導体粒子積層膜の製造方法。

【請求項3】
 
透明基板と、該透明基板上に設けられる透明導電膜と、該透明導電膜上に設けられる色素を担持した半導体層と、該透明導電膜と対向する位置に設けられる導電性基板と、該半導体層と導電性基板との間に設けられる電解質層とを有する色素増感太陽電池の製造方法において、
エレクトロスプレー技術を用い、正極としてのノズルと負極としての該透明導電膜との間に12kV以上の電圧を印加し、半導体粒子をノズルから放出して該透明導電膜に堆積させて該半導体層を形成することを特徴とする色素増感太陽電池の製造方法。

【請求項4】
 
透明基板と、該透明基板上に設けられる透明導電膜と、該透明導電膜上に設けられる半導体層と、該透明導電膜と対向する位置に設けられる導電性基板と、該半導体層と導電性基板との間に設けられる電解質層とを有する電気化学発光素子の製造方法において、
エレクトロスプレー技術を用い、正極としてのノズルと負極としての該透明導電膜との間に12kV以上の電圧を印加し、半導体粒子をノズルから放出して該透明導電膜に堆積させて該半導体層を形成することを特徴とする電気化学発光素子の製造方法。

【請求項5】
 
エレクトロスプレー技術を用い、半導体粒子を正極としてのノズルから放出し、負極としての導電性基板に堆積させて電子放出層となる半導体層を形成する電子放出素子の製造方法であって、
該ノズルと該導電性基板との間に12kV以上の電圧を印加することを特徴とする電子放出素子の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close