Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTIVE MAGNETOMETER

SUPERCONDUCTIVE MAGNETOMETER

Patent code P09A014964
File No. PA19-096
Posted date Jan 22, 2010
Application number P2008-068624
Publication number P2009-219717A
Patent number P5126782
Date of filing Mar 18, 2008
Date of publication of application Oct 1, 2009
Date of registration Nov 9, 2012
Inventor
  • (In Japanese)足立 善昭
  • (In Japanese)尾形 久直
Applicant
  • Kanazawa Institute of Technology
Title SUPERCONDUCTIVE MAGNETOMETER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a superconductive magnetometer in which a superconductive magnetic sensor is arranged to be directed to the peripheral surface of a sensor tube and in which cables do not impair the reading of positional relationship between the vertebra of a subject and the superconductive magnet sensor based on an X-ray image.
SOLUTION: Hooks (10) are arranged at positions on the outside of a horizontal range of X-ray beam (21) relating to the projection of the superconductive magnetic sensor 3 and on an inner wall at the upper part of the inner tank (1), and cables (8) led out of the superconductive magnetic sensor (3) through the inner tank (1) to the outside of the upper portion of the inner tank (1) are locked to the hook (10) and are hung along the inner wall of the inner tank (1). Consequently, the cable (8) is avoided from being imaged on an X-ray image, overlapping the part of the vertebra (A) for reading the positional relationship between the superconductive magnetic sensor (3) and the fertebra, so that trouble of reading the positional relationship based on the X-ray image is prevented.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、液体ヘリウムを貯留しうる内槽と、内槽の周面から側方へ突出したセンサ筒と、センサ筒の内部にセンサ筒の先端面または下方もしくは上方の周面に向けて設置された超伝導磁気センサと、内槽との間に断熱空間を形成するように内槽を包む外槽とを具備した超伝導磁気計測装置が知られている(例えば、特許文献1参照。)。
他方、センサ筒の内部にセンサ筒の先端面に向けて設置された超伝導磁気センサと、超伝導磁気センサで計測する磁気を発生する脊髄を通している脊椎を内センサ筒が突出している方向と直交する方向にX線撮影するためのX線撮影手段とを具備した超伝導磁気計測装置が知られている(例えば、特許文献2参照。)。
【特許文献1】
特開2006-098053号公報(図7~図10)
【特許文献2】
国際公開WO2007/099697号公報(図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、超伝導磁気計測装置に関し、さらに詳しくは、被検体の脊髄で発生する微弱な磁気を好適に測定することが出来る超伝導磁気計測装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
極低温液体を貯留しうる内槽(1)と、前記内槽(1)の周面から側方へ突出した有底筒状の内センサ筒(2)と、前記内センサ筒(2)の内部に該内センサ筒(2)の周面に向けて設置された超伝導磁気センサ(3)と、前記内槽(1)との間に断熱層(4)を形成するように前記内槽(1)を包む外槽(5)と、前記超伝導磁気センサ(3)から前記内槽(1)を通って前記内槽(1)の上部から外部へ導出されているケーブル(8)と、前記超伝導磁気センサ(3)で計測する磁気を発生する脊髄を通している脊椎(A)の部分を前記内センサ筒(2)が突出している方向にX線撮影するためのX線撮影手段(20,22)とを有する超伝導磁気計測装置であって、X線画像上で前記脊椎(A)の部分に前記ケーブル(8)が重なって写る位置を通らないように前記ケーブル(8)を係止するケーブル係止手段(10)を設けたことを特徴とする超伝導磁気計測装置(100)。

【請求項2】
 
請求項1に記載の超伝導磁気計測装置(100)において、前記ケーブル係止手段(10)が、前記超伝導磁気センサ(3)の投影に係るX線ビーム(21)の水平範囲外の位置であって且つ前記内槽(1)の上部の内壁に設置されたフック(10)であることを特徴とする超伝導磁気計測装置(100)。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008068624thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close