Top > Search of Japanese Patents > DETECTOR OF RADIATION OR NEUTRON UTILIZING OPTICAL FIBER

DETECTOR OF RADIATION OR NEUTRON UTILIZING OPTICAL FIBER

Patent code P09A014979
File No. 13370
Posted date Jan 29, 2010
Application number P2009-166146
Publication number P2009-258120A
Patent number P4635211
Date of filing Jul 14, 2009
Date of publication of application Nov 5, 2009
Date of registration Dec 3, 2010
Inventor
  • (In Japanese)片桐 政樹
  • (In Japanese)松林 政仁
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
Title DETECTOR OF RADIATION OR NEUTRON UTILIZING OPTICAL FIBER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compact and easily-manufacturable neutron image detector using an optical fiber, having little background to γ-rays, capable of easy maintenance.
SOLUTION: In this neutron image detector, fluorescence from a phosphor or a scintillator is detected by using a side-face photodetection type optical fiber which is formed by scraping off the side face of a transparent optical fiber, for allowing entrance of the fluorescence from the side face, to thereby reduce background to γ-rays. The detector has a structure wherein the detector size is reduced by bending the optical fiber perpendicularly to be guided to a photomultiplier, and a detection part comprising a neutron detection medium and the side-face photodetection type optical fiber is separated from a reading block using a clear fiber, whereby the easily-manufacturable neutron image detector capable of easy maintenance can be acquired.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、光ファイバを利用した放射線又は中性子の検出器としては、蛍光体あるいはシンチレータと波長シフトファイバを用いた放射線イメージ検出器及び中性子イメージ検出器が使用されてきた[Nucl. Instr. and Meth.,、 A430(1999)311-320、特願平10-366679、特願2000-259443]。これらの検出器はクロスファイバ読み取り方式により位置情報を得る
ことを特徴とし、図17に示すように蛍光体シートあるいはシンチレータ板の上面と下面に波長シフトファイバ束を面状に直角方向に配置し、同時計数法により放射線入射位置を決定し放射線イメージを検出する。あるいは、図18に示すように、短波長側蛍光検出用波長シフトファイバと長波長側蛍光波長シフトファイバの2種類の波長シフトファイバ束を面状に直角方向に配置し、その上に蛍光体シートあるいはシンチレータ板を配置し、同時計数法により放射線入射位置を決定し放射線イメージを検出する。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、光ファイバを利用した放射線又は中性子の検出器に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
シンチレータあるいは蛍光体を検出媒体とし、光ファイバを構成材料の1つとして放射線あるいは中性子を検出する検出器において、光ファイバのコア材料がポリスチレンあるいはポリメチルメタクリレート樹脂であることを特長とし、円形の光ファイバの場合にはその直径を0.25mmないし1mmとし、正方形の光ファイバの場合にはその一辺の長さを、0.25mmないし1mmの光ファイバとし、曲げ径が直径あるいは一辺の長さの1倍ないし1.5倍の範囲で、45度から105度の角度範囲に曲げた部分を持つことを特長とした、検出器。

【請求項2】
 
前記45度から105度の角度範囲に曲げた部分を持つ光ファイバを2本以上隙間なく並べて配置する場合に、固定する構造材に、円形の光ファイバの場合にはその直径と同じ長さに坑あけ精度に応じた長さを加えた長さ以上の間隔で離した2つ以上の孔の列を設けて、あるいは正方形の光ファイバの場合にはその一辺の長さの1.42倍の長さに坑あけ精度に応じた長さを加えた長さ以上の間隔で離した2つ以上の孔の列を設けて、45度から105度の角度範囲に曲げた部分を持つ光ファイバを並べて、放射線あるいは中性子の入射位置を検出するイメージ検出器として構成されたことを特長とした、請求項1に記載の検出器。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2009166146thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close