Top > Search of Japanese Patents > DIFFERENTIATION CONTROL AGENT AND SELF-REGENERATION CONTROL AGENT

DIFFERENTIATION CONTROL AGENT AND SELF-REGENERATION CONTROL AGENT meetings

Patent code P09A014999
File No. 65
Posted date Feb 5, 2010
Application number P2006-159281
Publication number P2007-325542A
Patent number P5250790
Date of filing Jun 8, 2006
Date of publication of application Dec 20, 2007
Date of registration Apr 26, 2013
Inventor
  • (In Japanese)西原 祥子
  • (In Japanese)佐々木 紀彦
  • (In Japanese)程 久美子
  • (In Japanese)西郷 薫
Applicant
  • (In Japanese)学校法人 創価大学
Title DIFFERENTIATION CONTROL AGENT AND SELF-REGENERATION CONTROL AGENT meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new agent for controlling the differentiation or self-regeneration of cells.
SOLUTION: This cell differentiation control agent or the cell self-regeneration control agent contains, as an active ingredient, a nucleic acid controlling the expression of a gene encoding an enzyme (for example, EXT1, EXT2) having an activity for transferring glucuronic acid and N-acetylglucosamine to a sugar chain. And a nucleic acid controlling the expression of a gene encoding an enzyme (for example, EXT1, EXT2) having an activity for transferring glucuronic acid and N-acetylglucosamine to a sugar chain is used as a cell differentiation control agent or a self-regeneration control agent.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ヘパラン硫酸は、極めて多くの種類の細胞の表面に存在する多糖であり、グリコサミノグリカンの一種である。かかる多糖は、ヘキスロン酸(HexA)残基(D-グルクロン酸(GlcA)又はL-イズロン酸(IdoA)残基)とN-アセチルグルコサミン(GlcNAc)残基の二糖の繰り返し構造(4GlcAβ1/IdoAα1→4GlcNAcα1→)を基本骨格(ヘパリン骨格)とし、基本的にはそのヘキスロン酸残基の2位水酸基の一部及びN-アセチルグルコサミン残基の2位アミノ基又は6位水酸基の一部に硫酸基が置換しているグリコサミノグリカンである。



ヘパラン硫酸の合成に関係する酵素としては、EXT1、EXT2などが存在することが従来知られており(非特許文献1、非特許文献2)、これらをコードする遺伝子も解明されていた(EXT1:非特許文献3、EXT2:非特許文献4)。



ヘパラン硫酸は、細胞表面で信号伝達に関与していることは知られていたが(非特許文献5など)、かかる信号が、細胞の分化を制御することは知られておらず、従って、ヘパラン硫酸の発現制御が、細胞の分化制御に役立つことは知られておらず、またそのようなことを示唆する事実も存在しない。



また、ヘパラン硫酸が細胞や組織の自己再生に関与していることは、知られておらず、ヘパラン硫酸の発現制御が自己再生の制御につながることを示唆する事実も存在しない。



【非特許文献1】
Lind,T. et al, J. Biol. Chem., 1998, 273,26265-26268
【非特許文献2】
McCormick,C et al, Proc Natl Acad Sci USA, 1998, 97, 668-673
【非特許文献3】
Ahn, J. et al, Nat. Genet. 1995, 11, 137-143
【非特許文献4】
Stickens, D. et al, Nat. Genet. 1996, 14, 25-32
【非特許文献5】
Bernfield,M. et al, Annu Rev Biochem., 1999, 68, 729-777

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、細胞の分化制御及び自己再生制御に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記(a)または(b)のいずれかの塩基配列からなるsiRNAを発現するベクターを有効成分として含有する分化制御剤。
(a)配列番号1記載の塩基配列中、塩基番号1775~1795からなる塩基配列
(b)配列番号1記載の塩基配列中、塩基番号1954~1974からなる塩基配列

【請求項2】
 
下記(a)または(b)のいずれかの塩基配列からなるsiRNAを発現するベクターを有効成分として含有する自己再生制御剤。
(a)配列番号1記載の塩基配列中、塩基番号1775~1795からなる塩基配列
(b)配列番号1記載の塩基配列中、塩基番号1954~1974からなる塩基配列
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close