Top > Search of Japanese Patents > BASE MATERIAL FOR CULTURING CELL, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND METHOD FOR CULTURING CELL

BASE MATERIAL FOR CULTURING CELL, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND METHOD FOR CULTURING CELL

Patent code P09A015035
File No. P2004-178-JP01
Posted date Feb 19, 2010
Application number P2005-002976
Publication number P2006-042795A
Patent number P4752047
Date of filing Jan 7, 2005
Date of publication of application Feb 16, 2006
Date of registration Jun 3, 2011
Priority data
  • P2004-194412 (Jun 30, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)グン チェンピン
  • (In Japanese)長田 義仁
  • (In Japanese)陳 咏梅
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人北海道大学
Title BASE MATERIAL FOR CULTURING CELL, METHOD FOR PRODUCING THE SAME AND METHOD FOR CULTURING CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a base material for culturing cells, obtained by a low production cost while easily controlling the quality, enabling the extension of the cultured cells in a time shorter than that of the case using a gel having a net structure comprising a polyacrylic acid while utilizing the advantage of a synthetic polymer of hardly having possibility of the virus infection of the cultured cells, and containing the gel having the net structure comprising the synthetic polymer enabling the number of the cultured cells adsorbed in a unit area to be increased.
SOLUTION: The gel containing the synthetic polymer obtained by polymerizing or copolymerizing a monomer having a sulfonic acid group such as sodium p-styrenesulfonate (NaSS) and sodium 2-acrylamido-2-methylpropanesulfonate (NaAMPS) is used as the base material for culturing the cells.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、細胞培養用基材には、ポリスチレン等のプラスチックにコラーゲンをコーティングしたものが広く用いられている。コラーゲンは、多細胞生物における結合組織を構成する繊維状タンパク質であり、自然界に広く存在する生体高分子であるが、生体細胞又は生体組織から単離して精製するまでに要するコストが高く、また生体細胞又は生体組織由来であるため、由来する細胞や組織が異なると品質も異なる、ウィルス感染のおそれがある、等の問題がある。



そこで、本発明者らは、製造コストが低廉で、かつ、品質を制御でき、かつ、培養細胞についてウィルス感染のおそれのない合成高分子をコラーゲンの代替品として使用することを発案し、複数の合成高分子の中でも特にポリアクリル酸(PAA:Poly-Acryl Acid)からなる網目構造を有するゲルであれば、そのゲルの表面に牛の内皮細胞が吸着し伸展することを見出し、このゲルを細胞培養用基材として使用する技術を開発した(例えば非特許文献1参照)。この非特許文献1に記載された技術によれば、細胞の増殖を促進する因子で表面修飾されていないPAAを有するゲル上で内皮細胞等をコンフルエント又はサブコンフルエントにまで培養することができる。
【非特許文献1】
陳 咏梅、外7名,「ポリアクリル酸ゲルの構造制御による内皮細胞培養」,社団法人 高分子学会,第52回 高分子討論会 予稿集,平成15年9月

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、合成高分子を含む網目構造を有するゲルを含有する細胞培養用基材の製造方法及び前記細胞培養用基材を用いた細胞培養方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
架橋構造を有する第1のゲルを準備するステップと;前記第1のゲルに、モノマー組成物を含浸させるステップと;前記第1のゲルに含浸させたモノマー組成物を重合させて、第2のゲルを得るステップと、を含み、
前記モノマー組成物は、パラスチレンスルホン酸アルカリ金属塩または2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸アルカリ金属塩と、全モノマーに対して0.1mol%以上10mol%以下の架橋剤とを含有する、
前記第2のゲルを含有する細胞培養用基材の製造方法。

【請求項2】
 
前記モノマー組成物は、全モノマーに対して6mol%以上のパラスチレンスルホン酸アルカリ金属塩を含有するか、または30mol%以上の2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸アルカリ金属塩を含有する、請求項1に記載の細胞培養用基材の製造方法。

【請求項3】
 
前記第1のゲルがバクテリアセルロースである、請求項1または2に記載の細胞培養用基材の製造方法。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載の製造方法により作製される、細胞培養用基材。

【請求項5】
 
請求項4に記載の細胞培養用基材を用いる細胞培養方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005002976thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close