Top > Search of Japanese Patents > HOLLOW MICROCAPSULE OF STYRENE-BASED THERMOPLASTIC ELASTOMER AND ITS MANUFACTURING METHOD

HOLLOW MICROCAPSULE OF STYRENE-BASED THERMOPLASTIC ELASTOMER AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved

Patent code P09A015128
File No. 27
Posted date Feb 26, 2010
Application number P2008-052226
Publication number P2009-207973A
Patent number P5644989
Date of filing Mar 3, 2008
Date of publication of application Sep 17, 2009
Date of registration Nov 14, 2014
Inventor
  • (In Japanese)竹村 文男
  • (In Japanese)大山 秀子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • (In Japanese)学校法人立教学院
Title HOLLOW MICROCAPSULE OF STYRENE-BASED THERMOPLASTIC ELASTOMER AND ITS MANUFACTURING METHOD achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new hollow microcapsule allowing the expansion of applications of the microcapsule, especially a microcapsule which has a high porosity, lightness and high flexibility and elasticity, and is inexpensive, and to provide its manufacturing method.
SOLUTION: The hollow microcapsule is manufactured by introducing a gas into a hardly water-soluble liquid containing a styrenic thermoplastic elastomer, dispersing the slightly water-soluble liquid introduced with the gas in water and generating bubbles in the dispersion so as to cause the styrenic thermoplastic elastomer to flocculate and deposit around the generated bubbles.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


中空マイクロカプセル(「中空粒子」とも呼ばれる。)は、変形性、断熱性、軽量性等の様々な性質を有することから、感熱記録材料、電子写真受像材料、化粧料材料、安全タイヤに内蔵する材料などとして使用されている。例えば、感熱記録材料に使用されるアクリル系ビニルモノマー等のビニルモノマーと多官能性ビニルモノマーからなる中空粒子(特許文献1)、電子写真受像材料に使用されるスチレン-アクリル樹脂等を壁材とする中空粒子(特許文献2)、化粧料原料に使用される塩化ビニリデン、アクリロニトリル、スチレン等のポリマーからなる中空粒子(特許文献3)、及び安全タイヤに使用される塩化ビニリデン系重合体、アクリロニトリル系重合体、アクリル系重合体などからなる中空粒子(特許文献4)が知られている。しかしながらこれらの中空粒子は硬く柔軟性に乏しいため大変形しにくい、空隙率が十分ではない、あるいは高価であるなどの問題点が市場から指摘されている。



また、従来、中空マイクロカプセルの製造方法として、例えば、液体を内包するマイクロカプセルを生成し、その内部の液体を抽出して中空にする方法(特許文献5)、同様のマイクロカプセルを熱膨張させてマイクロカプセルを生成する方法(特許文献6)などが用いられてきた。しかしながら、従来の方法では、短時間に、かつ均一なマイクロカプセルを生産することが困難であるという問題があった。
この問題を解決すべく、近年では、微細気泡の気液界面で、直接重合反応させて100nm~100μmの大きさを持つ分散した中空のマイクロカプセルを製造する技術が開発されている(特許文献7)。また、水に不溶なマイクロカプセルの殻となる物質を含む水に難溶性の液体を水中に乳化分散させた乳化液中に、気泡を発生させ、気泡の周囲に該殻となる物質を凝集及び沈着させる技術が開発されている(特許文献8)。これらの技術の開発により、ポリ乳酸などを用いて中空マイクロカプセルを構築することが可能となり、中空マイクロカプセルの用途の拡大が期待されるようになっている。



一方、ポリスチレンブロックからなるハードセグメントと、ポリオレフィンブロックからなるソフトセグメントを含むスチレン系熱可塑性エラストマーは、柔軟性と弾性を有しながら成形加工が容易であり、しかも安価であることから、近年、自動車、雑貨用品、医療用品などへ幅広く適用されつつあり、更なる用途の拡大が期待されるようになっている。
しかしながら、これまで、このようなスチレン系熱可塑性エラストマーの中空マイクロカプセルについて詳細に検討されたことはなく、その安価で簡便な製造方法については知られていなかった。



【特許文献1】
特開2007-275872号公報
【特許文献2】
特開2007-249126号公報
【特許文献3】
特開2001-199856号公報
【特許文献4】
特開2003-25806号公報
【特許文献5】
特開2002-105104号公報
【特許文献6】
特公平3-79060号公報
【特許文献7】
特開2007-21315号公報
【特許文献8】
特開2007-196223号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、中空マイクロカプセルおよびその製造方法に関する。また、本発明は安全タイヤに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリスチレンブロックとポリオレフィンブロックを含むスチレン系熱可塑性エラストマーを含む水難溶性の液体からなる高分子溶液に気体を導入し、気体を導入した該高分子溶液を水中に分散させた後、該分散液中に気泡を発生させ、発生した気泡の周囲に該スチレン系熱可塑性エラストマーを凝集及び沈着させることを含む、ポリスチレンブロックとポリオレフィンブロックを含むスチレン系熱可塑性エラストマーからなり、かつ空隙率が10~95%である中空マイクロカプセルの製造方法。

【請求項2】
 
前記スチレン系熱可塑性エラストマーは、GPCによるポリスチレン換算の数平均分子量が10000~200000の範囲であり、GPCによるポリスチレン換算の重量平均分子量が30000~400000の範囲である、請求項1に記載の製造方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008052226thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close