Top > Search of Japanese Patents > AGENT FOR KEEPING FRESHNESS OF PLANT

AGENT FOR KEEPING FRESHNESS OF PLANT

Patent code P09A015144
Posted date Mar 5, 2010
Application number P2002-247725
Publication number P2004-083493A
Patent number P4284393
Date of filing Aug 27, 2002
Date of publication of application Mar 18, 2004
Date of registration Apr 3, 2009
Inventor
  • (In Japanese)田中 敬一
  • (In Japanese)朝倉 利員
  • (In Japanese)村松 昇
  • (In Japanese)中野 有美
  • (In Japanese)菩提 司
  • (In Japanese)▲高▼木 道信
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title AGENT FOR KEEPING FRESHNESS OF PLANT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain an agent for keeping the freshness of a plant, which suppresses the generation of ethylene by the plant as such and has an excellent freshness-keeping effect, and to provide a method for keeping the freshness of the plant by using the same.
SOLUTION: The agent for keeping the freshness of the plant contains a water soluble sodium compound (sodium sulfite, sodium silicate, sodium metasilicate, sodium orthosilicate, sodium carbonate, sodium acetate, sodium chloride, sodium hydrogencarbonate, and the like) as the active ingredient. When using the agent, the concentration of the water soluble sodium compound is preferably regulated so as to be 1-1,000 mass ppm. The agent for keeping the freshness of the plant is applied to the whole or a part of the objective plant.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、植物の鮮度保持剤としては、切花に適用するチオ硫酸銀を主成分とする鮮度保持剤をはじめ、様々な鮮度保持剤が提案されている。具体的には、例えば特開平11-158003号公報には、カチオン、アニオン又はノニオン界面活性剤の利用が提案されており、銀および銀化合物を鮮度保持剤として利用する提案としては特開平11-5701号公報、特開平11-180801号公報、特開平11-189501号公報、特開平11-217303号公報などがあり、フェノール酸、有機酸(ケイヒ酸、スルホサリチル酸、シクロデキストリン)を鮮度保持剤として利用する提案としては特開平9-154482号公報、特開平9-249501号公報、特開平10-273402号公報などがある。



一方、特開平10-501553号公報には、1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸(ACC)合成阻害剤としてマレイン酸、マロン酸、リンゴ酸、サリチル酸、酒石酸の利用が提案され、エチレン生成阻害能をもつ老化防止剤とコロイド粒子の利用が特開2001-181104号公報に提案されている。
また、特開2000-109401号公報には、実質的にナトリウムを含有しない、pHが4.5から6.8の範囲の電解水からなる生花の鮮度保持剤、及び鮮度保持方法が提案されている。
この特開2000-109401号公報には、バラの切り花の場合に食塩を含有する電解水を用いると1日で約半数が萎れ生花の鮮度保持には不適当であり、また食塩が生花に残存して悪影響を与える可能性があると記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は植物の鮮度保持剤およびそれを用いた植物の鮮度保持方法および植物のエチレン発生抑制剤に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
オルトけい酸ナトリウムを有効成分として含む植物の鮮度保持剤であって、使用に際してその濃度を1~1000質量ppmに調整したことを特徴とする植物の鮮度保持剤。

【請求項2】
 
請求項1記載の植物の鮮度保持剤を対象植物の全体あるいは一部に適用することを特徴とする植物の鮮度保持方法。

【請求項3】
 
オルトけい酸ナトリウムを有効成分として含むことを特徴とする植物のエチレン発生抑制剤。

【請求項4】
 
請求項3記載の植物のエチレン発生抑制剤を対象植物の全体あるいは一部に適用することを特徴とする植物のエチレン発生抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

24977_01SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close