Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PEELING SILVERSKIN OF SILVERSKIN-EASILY-PEELING-SYSTEM CASTANEA CRENATA VARIETY

METHOD FOR PEELING SILVERSKIN OF SILVERSKIN-EASILY-PEELING-SYSTEM CASTANEA CRENATA VARIETY

Patent code P09A015159
Posted date Mar 5, 2010
Application number P2006-233535
Publication number P2008-054548A
Patent number P4925038
Date of filing Aug 30, 2006
Date of publication of application Mar 13, 2008
Date of registration Feb 17, 2012
Inventor
  • (In Japanese)平林 利郎
  • (In Japanese)佐藤 明彦
  • (In Japanese)澤村 豊
  • (In Japanese)高田 教臣
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title METHOD FOR PEELING SILVERSKIN OF SILVERSKIN-EASILY-PEELING-SYSTEM CASTANEA CRENATA VARIETY
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for peeling silverskin of a silverskin-easily-peeling-system Castanea crenata variety such as chestnut Tsukuba No. 36 by which silverskin of a silverskin easily peeling-system Castanea crenata variety can be easily peeled in a short time.
SOLUTION: The method for peeling silverskin of a silverskin-easily-peeling-system Castanea crenata variety comprises eliminating the shell of the silverskin-easily-peeling-system Castanea crenata variety containing chestnut Tsukuba No. 36 and its parent progeny variety with a shell eliminating equipment or the like, scratching the silverskin with a knife or the like followed by subjecting the object to microwave irradiation with a microwave irradiating device or the like, or heating the object with an oven or the like so that the silverskin is easily peeled without adhesion of the silverskin to the surface of its fruit.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


ニホングリは、チュウゴクグリに比べ渋皮剥皮性が悪いため、家庭での消費が伸び悩んでいる。また、ニホングリは、加工時に渋皮の剥皮に要する時間とコストが大きく問題となっている。このため、これまでにニホングリの渋皮剥皮方法がいくつも検討されてきた。



現在、ニホングリの渋皮の除去法として、主に刃物で果肉表層ごと渋皮を削り取る方法が用いられている。しかしながら、この方法では人件費等のコストが高く、また、果肉の歩留まりが5~6割とかなり低くなってしまう点が問題となっている。



また、ニホングリの渋皮剥皮方法としては、以下の方法が知られている。
特許文献1には、鬼皮を剥離した渋皮付栗果を水酸化ナトリウム水溶液に浸漬することを含む渋皮剥離整形方法が開示されている。



特許文献2及び3には、水蒸気の断熱膨張力を利用した方法が開示されている。具体的には、特許文献2には、栗を密閉容器に入れ、水蒸気等の気体により加圧加熱した後、瞬間的に常圧下の緩衝装置に放出することで、鬼皮及び渋皮を剥皮することを含む、栗の剥皮方法が開示されている。特許文献3には、栗を密閉容器に入れ、水蒸気等の気体により加圧加熱した後、瞬間的に常圧下の緩衝装置に放出し、鬼皮を分離除去した後、高速の水蒸気を吹き付けて栗の表面から渋皮を分離除去することを特徴とする栗の剥皮方法が開示されている。



特許文献4には、渋皮付きの生栗を50℃~80℃の温水に浸漬若しくは温水でシャワーを行い、渋皮の表面温度50℃~80℃に昇温し、この栗に50℃~80℃の高圧水のジェットを噴射し、渋皮を剥皮することを特徴とする、生栗の渋皮の剥皮方法が開示されている。



特許文献5には、栗を熱風を流動させながら加熱処理を行う流体加熱に供することを特徴とする栗の皮遊離方法が開示されている。



特許文献6には、鬼皮付きのままの栗或いは鬼皮を完全に又は不完全に除いた栗を薬液(塩酸水溶液等)処理した後、マイクロ波照射処理することを特徴とする栗の剥皮処理法が開示されている。



特許文献7には、栗の座部に切り込みを入れる切り込み工程と、切り込みの形成された栗を酵素剤を含む水溶液に浸漬する工程とを含むことを特徴とする栗の剥皮方法が開示されている。



しかしながら、これら従来の方法は、いずれも大がかりで、特殊な設備や機械を必要とするか、或いは、長時間の薬品処理や加熱時間等を必要とし、実用に耐える方法ではない。また、これら従来の方法は、ニホングリの渋皮を完全に剥皮することが困難であったり、果肉表層が渋皮側に付着してしまうという欠点を有する。



【特許文献1】
特開昭54-80450号公報
【特許文献2】
特開昭54-119077号公報
【特許文献3】
特開昭57-12988号公報
【特許文献4】
特開2001-238654号公報
【特許文献5】
特開2000-125832号公報
【特許文献6】
特開平4-112779号公報
【特許文献7】
特開平10-84928号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、例えば良渋皮剥皮系ニホングリ品種の渋皮剥皮方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ニホングリ品種クリ筑波36号又はその系統品種をマイクロ波照射処理又は加熱処理に供することを特徴とする、クリの渋皮剥皮方法。

【請求項2】
 
上記ニホングリ品種クリ筑波36号又はその系統品種の鬼皮が除去されていることを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項3】
 
マイクロ波照射処理又は加熱処理前に、上記ニホングリ品種クリ筑波36号又はその系統品種の鬼皮及び渋皮に傷を付けることを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項4】
 
マイクロ波照射処理又は加熱処理前に、上記ニホングリ品種クリ筑波36号又はその系統品種の渋皮に傷を付けることを特徴とする、請求項2記載の方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006233535thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close