Top > Search of Japanese Patents > FOLLOW-UP SPEED CONTROL DEVICE OF SELF-PROPELLED CART, AND FOLLOW-UP SPEED CONTROL METHOD OF SELF-PROPELLED CART

FOLLOW-UP SPEED CONTROL DEVICE OF SELF-PROPELLED CART, AND FOLLOW-UP SPEED CONTROL METHOD OF SELF-PROPELLED CART

Patent code P09A015163
Posted date Mar 5, 2010
Application number P2006-251963
Publication number P2008-075664A
Patent number P4822434
Date of filing Sep 16, 2006
Date of publication of application Apr 3, 2008
Date of registration Sep 16, 2011
Inventor
  • (In Japanese)青木 循
  • (In Japanese)貝沼 秀夫
  • (In Japanese)久保田 興太郎
  • (In Japanese)安食 ▲恵▼治
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title FOLLOW-UP SPEED CONTROL DEVICE OF SELF-PROPELLED CART, AND FOLLOW-UP SPEED CONTROL METHOD OF SELF-PROPELLED CART
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a follow-up speed control device and follow-up speed control method of a self-propelled cart, which expands an adjustment range of a follow-up speed in a constant speed stage.
SOLUTION: The follow-up speed control device is structured such that, when a leading cart advances, a limit switch 22 detects forward movement of an operation command member 4, and a traveling clutch control part 6 operates a clutch to start follow-up travel. When a moving distance of a transmission control wire 23 operatively connected with the operation command member 4 from the start of the follow-up travel, is a value from zero to L1, only a belt type continuously variable transmission 7 is operated to adjust a follow-up speed of the self-propelled cart; the operation command member 4 is operatively connected with an accelerator device control wire 29 from the time the moving distance of the operation command member is L1; and when the moving distance of the operation command member 4 is a value from L1 to (L1+L2), an accelerator device 8 is operated in addition to the belt type continuously variable transmission 7 to adjust the follow-up speed of the self-propelled cart.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


先行車に自動追随する自走式運搬車の追従運転装置は提案されている(例えば、特許文献1参照)。



しかし、この自走式運搬車の追従運転装置においては、アクセル装置により、自走式運搬車の追従速度の調節を行っていた。この場合、一定の速度段において滑らかに追従できる速度の調節範囲が狭い、という問題があった。
【特許文献1】
特開2005-233123号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、農業機械などの分野において収穫機等の先行車に自動で追従走行をする自走式運搬車の走行時に、先行車と自走式運搬車を連動ケーブルで連結し、連動ケーブルに接続する運転指令部材等により自走式運搬車の追従速度の調節を行う自走式運搬車の追従速度制御装置、及び自走式運搬車の追従速度制御方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
先行車と連動ケーブルで連結される自走式運搬車に設けられた自走式運搬車の追従速度制御装置であって、前記先行車が前進した場合に、前記連動ケーブルに接続する運転指令部材が前方に移動したことを前方移動検出手段が検出し走行クラッチ制御手段により走行クラッチ装置を操作してエンジンの駆動力が走行装置に伝達され自走式運搬車が追従走行を開始するようにし、前記追従走行の開始時から前記運転指令部材と変速機制御ワイヤが連動するように構成しておき、前記運転指令部材の移動量が零からL1までの値の場合にはベルト式無段変速機のみが作動して自走式運搬車の追従速度を調節するようにし、前記運転指令部材の移動量がL1の時から前記運転指令部材とアクセル装置制御ワイヤが連動するように構成しておき、前記運転指令部材の移動量がL1から(L1+L2)までの値の場合には前記ベルト式無段変速機に加えアクセル装置が作動して自走式運搬車の追従速度を調節するようにしたことを特徴とする自走式運搬車の追従速度制御装置。

【請求項2】
 
先行車と連動ケーブルで連結される自走式運搬車に設けられた自走式運搬車の追従速度制御装置を用いる自走式運搬車の追従速度制御方法であって、前記先行車が前進した場合に、前記連動ケーブルに接続する運転指令部材が前方に移動したことを前方移動検出手段が検出し走行クラッチ制御手段により走行クラッチ装置を操作してエンジンの駆動力が走行装置に伝達され自走式運搬車が追従走行を開始するようにし、前記追従走行の開始時から前記運転指令部材と変速機制御ワイヤが連動するように構成しておき、前記運転指令部材の移動量が零からL1までの値の場合にはベルト式無段変速機のみが作動して自走式運搬車の追従速度を調節するようにし、前記運転指令部材の移動量がL1の時から前記運転指令部材とアクセル装置制御ワイヤが連動するように構成しておき、前記運転指令部材の移動量がL1から(L1+L2)までの値の場合には前記ベルト式無段変速機に加えアクセル装置が作動して自走式運搬車の追従速度を調節するようにしたことを特徴とする自走式運搬車の追従速度制御方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006251963thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close