Top > Search of Japanese Patents > CONSTRUCTION AND METHOD FOR AMELIORATING LAND CONTAMINATION

CONSTRUCTION AND METHOD FOR AMELIORATING LAND CONTAMINATION

Patent code P09A015244
Posted date Mar 5, 2010
Application number P2008-010724
Publication number P2009-171847A
Patent number P4962331
Date of filing Jan 21, 2008
Date of publication of application Aug 6, 2009
Date of registration Apr 6, 2012
Inventor
  • (In Japanese)白谷 栄作
  • (In Japanese)▲高▼木 強治
  • (In Japanese)三浦 麻
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title CONSTRUCTION AND METHOD FOR AMELIORATING LAND CONTAMINATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for ameliorating land contamination which prevents upper clean soil from being contaminated with heavy metals in contaminated lower soil.
SOLUTION: The method for ameliorating soil contamination includes: a first step of laying charcoal 4 which allows water to pass through and adsorbs heavy metals on the surface of heavy metal-containing soil 2; a second step of laying a root resistant water-permeable sheet 5 having water permeability and preventing the roots 7(A) of a plant 7 from extending toward the lower soil 2 on the layer comprising the laid charcoal 4; and a third step of charging clean soil 6 on the laid root resistant water permeable sheet 5 to prepare the soil so as to complete creation of land. Construction for ameliorating soil contamination enables that the charcoal 4 absorbs the heavy metals even when soil water W1 penetrates into the construction and moves upward, and clean soil water W2 from which the heavy metals are eliminated penetrates the soil 6 charged on the root resistant water permeable sheet 5, so that the charged soil 6 is hard to be contaminated with the heavy metals and the contamination with the heavy metals can be suppressed to a remarkably low levels even when the plant 7 is cultivated in the charged soil 6.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、土壌が重金属で汚染された農地に対して、汚染土壌を浄化する方法として、汚染土壌の表層に生分解性不織布を敷設し、この生分解性不織布上で植物を密植して汚染土壌を被覆し、汚染土壌中の重金属を植物体中に回収し、この植物を定期的に刈り取ることにより重金属を土壌から除去する方法が知られている(例えば、特許文献1参照。)。この特許文献1に記載の浄化方法では、植物を植えた土壌にキレート剤を添加することにより重金属の吸着性を高めるようにしている。また、重金属で汚染された土壌に植物を植栽するとともに酸性変化物質としての硫黄華を添加し、植物を刈り取ることにより重金属を土壌から除去する方法が知られている(例えば、特許文献2参照。)。この特許文献2に記載の浄化方法では、耐酸性および重金属耐性を併せ持つ植物を選択して植えるようにしている。しかしながら、これら特許文献1および2に記載された重金属の除去方法では、いずれも除去に要する時間が植物の生育に左右されて長時間を要するとともに、回収途中の植物体を昆虫や鳥が食し、重金属の汚染を拡大させる虞がある。



このため、従来、土壌が重金属で汚染された農地に対し、短時間でかつ低コストで作付けを可能とするため、外部から汚染されていない清浄な土を客土として持ち込み、汚染された農地の表層に投入して作土層を形成するようにしていた。
【特許文献1】
特開2004-290820号公報(第5-6頁、図3)
【特許文献2】
特開2003-225649号公報(第3頁、図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、土地の汚染改良構造およびその方法に関し、特に重金属に汚染された農地の汚染改良構造およびその方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
重金属を含む下側の土壌と投入される上側の土との間に、透水性を有し重金属を吸着する吸着材の層を下層側に、透水性を有し植物の根が下側土壌へ伸張するのを阻止する伸張阻止材の層を上層側にそれぞれ配設したことを特徴とする土地の汚染改良構造。

【請求項2】
 
重金属を含む土壌の表面に、透水性を有し重金属を吸着する吸着材を敷設する第1の工程と、敷設された吸着材の層に透水性を有し植物の根が下側土壌へ伸張するのを阻止する伸張阻止材を敷設する第2の工程と、敷設された伸張阻止材上に土を投入する第3の工程とを有することを特徴とする土地の汚染改良方法。

【請求項3】
 
投入される土は、植物の生育を許容する土であって、外部から運び込まれる清浄土または重金属で汚染された土壌を洗浄して得られた重金属の含有量の低い低汚染土であることを特徴とする請求項2に記載の土地の汚染改良方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008010724thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close