Top > Search of Japanese Patents > TECHNIQUE FOR EFFICIENTLY TREATING 1-SUBSTITUTED-CYCLOPROPENE

TECHNIQUE FOR EFFICIENTLY TREATING 1-SUBSTITUTED-CYCLOPROPENE

Patent code P09A015320
Posted date Mar 12, 2010
Application number P2003-094402
Publication number P2004-300061A
Patent number P4415140
Date of filing Mar 31, 2003
Date of publication of application Oct 28, 2004
Date of registration Dec 4, 2009
Inventor
  • (In Japanese)樫村 芳記
  • (In Japanese)羽山 裕子
  • (In Japanese)伊東 明子
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title TECHNIQUE FOR EFFICIENTLY TREATING 1-SUBSTITUTED-CYCLOPROPENE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of inhibiting the deterioration of the quality of agricultural products by using a 1-substituted-cyclopropene.
SOLUTION: The method of inhibiting the deterioration of the quality of agricultural products comprises a step of bringing a cyclopropene compound of the formula (wherein R is hydrogen or a substituted or nonsubstituted alkyl, alkenyl, alkynyl, cycloalkyl, cycloalkylalkyl, phenyl or naphthyl group; and the substituent is independently a halogen, an alkoxy or a substituted or nonsubstituted phenoxy) into contact with agricultural products under reduced conditions to effect treatment. The method has an advantageous effect such that the deterioration of the quality of the agricultural products can be inhibited in a shorter time than the contact time between the cyclopropene compound and the agricultural products which is necessary under atmospheric pressure.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


果実、野菜および花卉をはじめとする多くの農産物においては、収穫後に様々な老化現象が進行する。リンゴ、ナシ等の果実では、果肉の軟化、酸含有量の低下、果肉の変色などが、レタスなどの野菜では、さび色斑点症の発生など、またカーネーションなどの花卉では、花弁の萎縮、花落ちなどがそれぞれ進行する。多くの場合、これらの老化現象は、植物ホルモンの一種であるエチレンにより促進されることから、貯蔵、流通、販売過程における老化による農産物の品質劣化を抑制するため、各種のエチレン生成抑制剤やエチレン作用阻害剤が開発されてきた。
これらの薬剤のうち、1-メチルシクロプロペンは極めて強力なエチレン作用の阻害効果を有しており、リンゴ、ナシ、カキ、バナナ、アボカド、レタス、カーネーションなど多くの果実、野菜、花卉をはじめとする農産物において、顕著な品質劣化抑制効果が認められている。従来、1-メチルシクロプロペンによる農産物の品質劣化抑制処理は、処理対象となる農産物を1-メチルシクロプロペンを含む空気と共に気密性の倉庫に一定時間密封することにより行われていた。



しかし、1-メチルシクロプロペンをはじめとするシクロプロペン化合物による農産物の品質劣化抑制効果は処理時間に依存しており、実用的な品質劣化抑制効果を得るには、農産物の種類にもよるが約12~24時間の処理時間が必要であった。このため、当該品質劣化抑制処理は、最小でも1日あたりの出荷量を単位として行うこととなり、選果場などにおける処理においては、大規模かつ気密性の高い処理施設が必要であった。また、約12~24時間の処理が行われる場合、日中に収穫した農産物を当日中に出荷できず、速くとも出荷が収穫の翌日になってしまう場合があるという問題も生じていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、シクロプロペン化合物を用いた農産物の品質劣化抑制方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
式:
【化1】
 


〔式中、Rは(C1-C10)アルキルである。〕のシクロプロペン化合物を、圧力50kPa以下の減圧条件下で農産物と接触処理する工程を含む、農産物の品質劣化抑制方法。

【請求項2】
 
シクロプロペン化合物のRが(C1-C8)アルキルである、請求項1記載の、農産物の品質劣化抑制方法。

【請求項3】
 
農産物が、果実、野菜および花卉からなる群から選択される請求項1または2記載の農産物の品質劣化抑制方法。

【請求項4】
 
農産物が、リンゴ、ナシ、カキ、モモ、スモモ、メロンおよびウメからなる群から選択される植物の果実である、請求項1~3のいずれか1項記載の、農産物の品質劣化抑制方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

25194_13SUM.gif
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close