Top > Search of Japanese Patents > CANCER DIAGNOSING REAGENT

CANCER DIAGNOSING REAGENT

Patent code P09A015349
Posted date Mar 19, 2010
Application number P2008-127601
Publication number P2009-276202A
Patent number P5278873
Date of filing May 14, 2008
Date of publication of application Nov 26, 2009
Date of registration May 31, 2013
Inventor
  • (In Japanese)西野 憲和
  • (In Japanese)加藤 珠樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title CANCER DIAGNOSING REAGENT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cancer diagnosing reagent capable of judging whether cancer is present or recognizing the progress degree or expanse of cancer by simple operation for measuring activity by bringing the body fluid such as urine or plasma of an examinee into contact with the cancer diagnosing reagent if the marker such as a prostatic specific antigen (PSA) or the like contained in the body fluid of a cancerous patient is not specified or traced and collectively evaluating the whole of the enzymatic activity of the body fluid and also useful for the treatment effect of cancer or the observation of the progress of cancer.
SOLUTION: The cancer diagnosing reagent is prepared by combining at least four kinds of substrate peptides wherein three amino acids such as Gln-Gly-Arg, Leu-Arg-Asn, Glu-Lys-Lys, Lys-Arg-Ser, Pro-Leu-Gly, Ala-Pro-Ala, Glu-Gly-Arg, Gly-Arg-Arg, Gly-Lys-Lys or the like are bonded to each other.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


胃がん、肺がん、子宮がん、前立腺癌等の癌の早期発見のため、種々のスクリーニング検査やマーカーの研究が行われている。例えば、前立腺癌のスクリーニング検査のマーカーとして、前立腺特異抗原(PSA)が知られている。PSAは、前立腺腺細胞及び導管上皮細胞に局在するタンパク質の一種(セリンプロテアーゼ)であり、血清中のPSAの濃度は、前立腺疾患において特異的に上昇する。このため、PSAは前立腺癌の発見や診断等の有効な指標とされている。
血清中のPSAの濃度の測定は、モノクローナル抗体を利用したPSA測定試薬を用いて行うのが一般的である。これは、試薬を血清中のPSAと反応させて免疫複合体を形成させ、形成された免疫複合体の量からPSA濃度を測定するものである。
また、PSAがセリンプロテアーゼの一種であることに着目して、PSAによって選択的に分解切断される又はPSAが選択的に結合する新規なペプチドを、PSA測定試薬として用いる研究も行われている。このような技術としては、例えば、(特許文献1)、(特許文献2)、(特許文献3)に開示されたものが知られている。
【特許文献1】
特表2004-509976号公報
【特許文献2】
特表平10-502619号公報
【特許文献3】
特表平10-512588号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、前立腺癌等の癌の早期発見のためのスクリーニング検査、進行癌の診断や治療経過の観察に有効な癌診断用試薬に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
3個のアミノ酸が結合した基質ペプチドが4種以上組み合わせられており、前記基質ペプチドの組み合わせが、Gln-Gly-Arg,Leu-Arg-Asn,Glu-Lys-Lys及び/又はLys-Arg-Serを含み、尿を検体液として用いることを特徴とする癌診断用試薬。

【請求項2】
 
3個のアミノ酸が結合した基質ペプチドが8種組み合わせられており、前記基質ペプチドの組み合わせが、Pro-Leu-Gly,Ala-Pro-Ala,Gln-Gly-Arg,Glu-Gly-Arg,Gly-Arg-Arg,Gly-Lys-Lysの全てを含み、血液(血漿)を検体液として用いることを特徴とする癌診断用試薬。

【請求項3】
 
前記基質ペプチドの一方の末端に結合した第1蛍光基を備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載の癌診断用試薬。

【請求項4】
 
前記基質ペプチドの一方の末端に結合した第2蛍光基と、前記基質ペプチドの他方の末端に結合した消光基と、を備えていることを特徴とする請求項1又は2に記載の癌診断用試薬。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008127601thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close