Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR MODIFYING SUGAR CHAIN

METHOD FOR MODIFYING SUGAR CHAIN meetings

Patent code P10A015364
File No. PA07-12
Posted date Apr 9, 2010
Application number P2008-133815
Publication number P2009-278907A
Patent number P5470612
Date of filing May 22, 2008
Date of publication of application Dec 3, 2009
Date of registration Feb 14, 2014
Inventor
  • (In Japanese)柿崎 育子
  • (In Japanese)遠藤 正彦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人弘前大学
Title METHOD FOR MODIFYING SUGAR CHAIN meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide modification method for modifying a sugar chain by an enzymatic technique, which obtains a product having no admixture of glycosidase used in the reaction.
SOLUTION: The method for modifying sugar chains includes passing an aqueous solution containing glycosaminoglycan and/or proteoglycan through a glycosidase-immobilized column and hydrolyzing and/or a transglucosylating a sugar chain on the basis of glycosidase action to modify the sugar chain.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


糖鎖は、核酸、タンパク質に次ぐ第三の“鎖”であり、近年、その役割や機能の実態が次第に明らかになるとともに、糖鎖の機能の向上や改変のための糖鎖工学の研究も盛んに行われていることは当業者に周知の通りである。このような状況において、本発明者のグループは、これまでに、グリコシダーゼの1つであるヒアルロニダーゼを用いて糖鎖を2糖単位で加水分解したり転移させたりすることによる糖鎖改変方法を開発している(例えば非特許文献1および非特許文献2を参照のこと)。この方法は、計画的なデザインのもとで糖鎖を2糖またはその倍数のオリゴ糖の単位で改変できることから、糖鎖工学上において非常に利用価値が高いものである。



しかしながら、糖鎖の改変対象となるグリコサミノグリカンやプロテオグリカンを含む水溶液にグリコシダーゼを添加して行う反応系(糖転移反応を行う場合にはさらに供与体となるグリコサミノグリカンやプロテオグリカンを添加)では、反応後に生成物を所定の精製手段(ゲルろ過クロマトグラフィーなど)によって精製しても、反応に用いたグリコシダーゼを生成物から除去することが必ずしも容易ではなく、そのため、生成物の生物学的活性を評価したり利用したりする際や生成物を出発原料として新たに糖鎖改変を行う際、生成物に混入したグリコシダーゼが悪影響を及ぼすことが否めないという問題があった。
【非特許文献1】
K, Takagaki et al., Biochemistry, 33(21), 6503-6507, 1994.
【非特許文献2】
H, Saitoh et al., J. Biol. Chem., 270, 3741-3747, 1995.

Field of industrial application (In Japanese)



本発明は、酵素学的手法による糖鎖改変方法において、反応に用いたグリコシダーゼの混入がない生成物を得るための方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
グリコサミノグリカンおよび/またはプロテオグリカンを含む水溶液を、糖鎖の加水分解反応を行うための第1のグリコシダーゼ固定化カラムに通液し、グリコシダーゼの作用に基づく糖鎖の加水分解反応をカラム内で行った後、糖鎖の加水分解反応によって得られる生成物を、糖転移反応を行うための供与体となるグリコサミノグリカンおよび/またはプロテオグリカンとともに、第1のグリコシダーゼ固定化カラムに直列に連結した糖転移反応を行うための第2のグリコシダーゼ固定化カラムに導入し、グリコシダーゼの作用に基づく糖転移反応をカラム内で行うこと、かつ、前記グリコシダーゼがヒアルロニダーゼであることにより糖鎖を改変する方法

【請求項2】
 
糖鎖の加水分解反応を行うための第1のグリコシダーゼ固定化カラムと糖転移反応を行うための第2のグリコシダーゼ固定化カラムが直列に連結されてなるとともに、第2のグリコシダーゼ固定化カラムに糖転移反応を行うための供与体を導入できるように構成されてなり、グリコサミノグリカンおよび/またはプロテオグリカンを含む水溶液を第1のグリコシダーゼ固定化カラムに通液し、グリコシダーゼの作用に基づく糖鎖の加水分解反応をカラム内で行った後、糖鎖の加水分解反応によって得られる生成物を、糖転移反応を行うための供与体となるグリコサミノグリカンおよび/またはプロテオグリカンとともに、第2のグリコシダーゼ固定化カラムに導入し、グリコシダーゼの作用に基づく糖転移反応をカラム内で行うこと、かつ、前記グリコシダーゼがヒアルロニダーゼであることにより糖鎖を改変するための糖鎖改変装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008133815thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close