Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTOR, NONCONTACT MEASUREMENT METHOD FOR SUPERCONDUCTOR SURFACE RESISTIVITY, AND ITS MEASUREMENT APPARATUS

SUPERCONDUCTOR, NONCONTACT MEASUREMENT METHOD FOR SUPERCONDUCTOR SURFACE RESISTIVITY, AND ITS MEASUREMENT APPARATUS meetings

Patent code P10P006730
File No. 8039
Posted date Apr 16, 2010
Application number P2008-232617
Publication number P2009-152175A
Patent number P5574520
Date of filing Sep 10, 2008
Date of publication of application Jul 9, 2009
Date of registration Jul 11, 2014
Priority data
  • P2007-308901 (Nov 29, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)孫 勇
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人九州工業大学
Title SUPERCONDUCTOR, NONCONTACT MEASUREMENT METHOD FOR SUPERCONDUCTOR SURFACE RESISTIVITY, AND ITS MEASUREMENT APPARATUS meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a superconductor using surface superconductivity; an accurate, easy and inexpensive noncontact measurement method for superconductor surface resistivity using an alternating electric field generated with surface acoustic waves; and its measurement apparatus.
SOLUTION: In this noncontact measurement method for superconductor surface resistivity, in a flat piezoelectric element 13 having input and output electrode pairs 11 and 12 on both sides, a gap 48 is formed to arrange a superconductor 14; while surface acoustic waves generated by an input voltage applied to the input electrode pair 11 is being moved toward the output electrode pair 12, an alternating electric field accompanying the surface acoustic waves is applied to the superconductor 14, and the surface resistivity of the superconductor is determined from the value of the ratio between an output voltage value detected by the output electrode pair 12 and an input voltage component value corresponding to the frequency of the elastic surface waves in the input voltage. A pulse voltage is used as the input voltage, and the output voltage value and the input voltage component value are determined from the individual fast Fourier transformation of the output voltage measured by the output electrode pair 12 and the input voltage. The frequency of the elastic surface waves is set within the range, in which the alternating electric field is reflected on the surface of the superconductor 14 so that the field does not enter the inside.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


超伝導体は電気抵抗をゼロにすることや磁気浮上できることから、超伝導体を利用することで電力の無駄な損失の解消、機械的摩擦の除去が実現でき、超伝導体の応用範囲は全ての工業分野で広がり続けている。そして、超伝導体の応用を更に開拓するために、超伝導体の転移温度(常伝導状態から超伝導状態に転移する温度)をより上昇させる努力が行われている。ここで、超伝導体の温度特性、すなわち、転移温度と抵抗率の温度依存性を測定する場合、測定しようとする超伝導体毎に電極を付けて測定を行うことが多く、測定コストが上昇するという問題を有している。一方、超伝導体が絶縁体(誘電体)、ガス、及び真空のいずれか1と接した場合、超伝導体表層に転移温度が高い表面超伝導層が形成されることが理論的に予言されている。また、超伝導体の薄膜は、シャープな周波数特性を有し、かつ低損失なマイクロ波帯のフィルターとしての利用が期待されている。しかし、フィルター特性を決定付ける表面抵抗を精度よく測定する方法は未だ確立されていない(例えば、非特許文献1参照)。



【非特許文献1】
スーパーコンダクティビティー コミニケーションズ(SUPERCONDUCTIVITY COMMUNICATION),Vol.9,No.6,Dec.2000.[平成19年11月21日検索]、インターネット<URL:http://semrl.t.u-tokyo.ac.jp/supercm/48/48-6.html>

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、超伝導体(超電導体ともいう)に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
YBa2Cu3O7からなる薄膜の上下の表層を有し、該表層がYBa2Cu3O7のバルク材の転移温度よりも高温でかつ150K以下の温度範囲で超伝導状態であることを特徴とする超伝導体

【請求項2】
 
請求項1記載の超伝導体において、誘電体薄膜の表面上に前記YBa2Cu3O7薄膜が形成されたシートが積層されていることを特徴とする超伝導体。

【請求項3】
 
請求項1記載の超伝導体において、誘電体薄膜の表面上に前記YBa2Cu3O7の薄膜が設けられた積層膜が、断面渦巻き状に巻かれて長尺の棒状又は線状となっていることを特徴とする超伝導体。

【請求項4】
 
請求項1記載の超伝導体において、前記YBa2Cu3O7の薄膜は、軸方向に沿って直線状に又はらせん状に溝部を備えた誘電体棒の表面に形成されて棒状となっていることを特徴とする超伝導体。

【請求項5】
 
請求項1記載の超伝導体において、誘電体薄膜の表面上に前記YBa2Cu3O7の薄膜が設けられた積層膜がジグザグ状に折り畳まれて長尺の棒状又は線状となっていることを特徴とする超伝導体。

【請求項6】
 
請求項1~5のいずれか1項に記載の超伝導体において、前記薄膜の厚みは1~10μmであることを特徴とする超伝導体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008232617thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close