Top > Search of Japanese Patents > METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DECISION ON DEMENTIA WITH LEWY BODIES

METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DECISION ON DEMENTIA WITH LEWY BODIES meetings

Patent code P10P006713
File No. KUTLO-2008-012
Posted date Apr 23, 2010
Application number P2008-252690
Publication number P2010-082057A
Patent number P5252345
Date of filing Sep 30, 2008
Date of publication of application Apr 15, 2010
Date of registration Apr 26, 2013
Inventor
  • (In Japanese)丸田 高広
  • (In Japanese)吉川 弘明
  • (In Japanese)角 弘諭
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR DECISION ON DEMENTIA WITH LEWY BODIES meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a device, a method, and a program to decide on DLB in a simple and easy way.
SOLUTION: As for the cutaneous reaction of sympathetic nerve of a patient suspected to be dementia, there are differences at the acting potential values for the cutaneous reaction of sympathetic nerve between DLB and AD patients. From this finding, the device, method, and program are developed to decide the DLB of patients suspected to be dementia.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


多くの国、特に先進国では、人口の高齢化により認知症に罹患している患者の数が増加している。これらの患者の多くは、アルツハイマー病(AD)と診断されている。次に患者の多くは、レビー小体型認知症(DLB)と診断されている。



レビー小体型認知症(DLB)の組織病理学では、大脳路、脊髄および自律神経節の特定の核におけるヒアリン体(レビー小体)の蓄積によって特徴付けられる。レビー小体は、不溶性タンパク質沈着物によって主としてなるタンパク質沈着物であり、この不溶性タンパク質沈着物の主成分は、α-シヌクレイン、ユビキチンおよびユビキチン化タンパク質である。
また、DLBは、PD(パーキンソン病)といくつか類似症状を示すが、これらの2つの疾患は異なる神経学的傾向を示し、脳病変も異なる。例えば、DLBは、PDでは見られない皮質の病変を示す。



DLB患者が利用できる治療法の選択肢は、限られており、多くの場合、精神科的およびパーキンソン病様症状を抑えるいわゆる対症療法しかない。
しかし、震えおよび運動喪失を回復させる抗パーキンソン病薬をDLB患者に投与すると、幻覚症状や精神病傾向を急性に著しく悪化させることが報告されている。



また、DLB患者は、AD患者と比較して、AD患者の治療に使用されるアセチルコリンエステラーゼ療法に対してより感受性がある。よって、DLB患者のアセチルコリンエステラーゼ療法による重度の過敏反応が報告されている。



以上により、認知症が疑われる患者について、AD又はDLBを判定することは治療の最適化に必須である。



一方、DLB患者の中でも、AD患者との鑑別困難な例がある。このためDLBの自律神経障害を利用して、MIGB心筋シンチグラフィーがDLB診断参考所見とされている。
かし、MIGB心筋シンチグラフィーは医療費やRI(放射性同位体)使用などによる患者負担が大きい。よって、MIGB心筋シンチグラフィーはDLBの判定方法としては利用しにくい問題があった。
【特許文献1】
特表2008-506406公報
【特許文献2】
特表2004-502939公報
【特許文献3】
特表2007-522434公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、レビー小体型認知症(DLB)の判定方法、判定装置並びにプログラムに関する。より詳しくは、認知症が疑われる患者のAD(アルツハイマー病)又はDLBの判定方法、判定装置並びにプログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
認知症が疑われる患者のAD(アルツハイマー病)又はレビー小体型認知症(DLB)を判定する装置であって、
患者の交感神経皮膚反応を測定する手段と、
前記測定手段によって得られた測定データを解析する手段と、
前記解析する手段によって得られた解析データを表示する手段と、
を具備することを特徴とする装置。

【請求項2】
 
前記解析する手段は、交感神経皮膚反応の活動電位が基準値以下であればDLBと判定し、該基準値を超えればADと判定することを特徴とする請求項1に記載の装置。

【請求項3】
 
前記基準値は、0.07mV~0.13mVであることを特徴とする請求項2に記載の装置。

【請求項4】
 
前記解析する手段は、さらに前記患者のMIGB心筋シンチグラフィー測定結果を解析することを特徴とする請求項3に記載の装置。

【請求項5】
 
請求項1~4のいずれか1に記載の装置を組み込んだ認知症が疑われる患者のAD又はDLBを判定可能な筋電計又は脳波計。

【請求項6】
 
測定手段、解析手段及び表示手段を備える筋電計又は脳波計において認知症が疑われる患者のAD又はDLBを判定する方法であって、
前記測定手段患者の交感神経皮膚反応を測定する工程と、
前記解析手段前記測定工程によって得られた測定データを解析する工程と、
前記表示手段前記解析する工程によって得られた解析データを表示する工程と、
を含むことを特徴とする方法。

【請求項7】
 
前記解析する工程は、交感神経皮膚反応の活動電位が基準値以下であればDLBと判定し、該基準値を超えればADと判定することを特徴とする請求項6に記載の方法。

【請求項8】
 
前記基準値は、0.07mV~0.13mVであることを特徴とする請求項7に記載の方法。

【請求項9】
 
前記解析する工程は、さらに前記患者のMIGB心筋シンチグラフィー測定結果を解析することを特徴とする請求項8に記載の方法。

【請求項10】
 
認知症が疑われる患者のAD(アルツハイマー病)又はレビー小体型認知症(DLB)を判定するプログラムであって、
(1)MIGB心筋シンチグラフィーの結果がDLB陽性であり、かつ交感神経皮膚反応の活動電位が基準値以下である場合には、DLBと判定し、
(2)MIGB心筋シンチグラフィーの結果がDLB陽性であり、かつ交感神経皮膚反応の活動電位が基準値を超える場合には、ADと判定し、
(3)MIGB心筋シンチグラフィーの結果がDLB陰性であり、かつ交感神経皮膚反応の活動電位が基準値以下である場合には、DLBと判定し、
(4)MIGB心筋シンチグラフィーの結果がDLB陰性であり、かつ交感神経皮膚反応の活動電位が基準値を超える場合には、ADと判定する、
ことを特徴とするプログラム。

【請求項11】
 
前記基準値は、0.07mV~0.13mVであることを特徴とする請求項10に記載のプログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close